Wednesday, December 24, 2008

アメリカでのクリスマスの思い出 American Christmas memories

What do I remember about Christmas as a kid? Well, the main thing is presents. Presents would be piled under the Christmas tree, and as a kid, that was torture. You see, the presents would be stacked there for as much as two weeks before Christmas. Of course, my brothers and I could not open them until Christmas Eve. That was because relatives would send or bring a present, and under the tree it would go.

私の子供時代のクリスマスの思い出は?まず、プレゼントです。クリスマスツリーの下に、プレゼントは山みたい。少しずつ集まって、子供にとって拷問でした。その理由は、2週間前からでもプレゼントはツリーの下に有りました。勿論、クリスマスイブまで開ける事はだめでした。親戚は訪問して、プレゼントを持って来ると、クリスマスツリーの下に集まります。

So gradually they piled up. My brothers and I would try to peer through the wrapping to see what was inside, or shake the boxes. We rarely ever guessed the truth of what was inside.

だんだんプレゼントの数が増えてきました。私と兄弟達はプレゼントの中身を知る為に、箱を包んだ紙の中に見る事をやってみたり、たまにプレゼント箱を振ったりして、しかし、ほとんど中身を当てられなかったです。

Christmas Eve, family would gather, and there would be a big festive dinner. And then we would open the presents! After a while, it was time for bed. But none of us wanted to sleep, because in the night, Santa would come!

クリスマスイブ、家族は集まって、お祝い的な食事でした。それから、プレゼントの箱を開けます!そろそろ、寝る時間でした。しかし、私と兄弟は本当に寝たくなかった。なぜならば、夜中にサンタクロースは訪問に来ます!

And there in the morning, would be even more presents, from Santa under the Christmas tree!

それで、朝に目がさめたら、クリスマスツリーの下にサンタクロースからのプレゼントが有りました!

But really home preparations for Christmas started about two weeks earlier. It was then that we would buy a Christmas tree. I was born and grew up in the American Great Lakes region, so there often was snow in December. Christmas trees were sold in the parking lots of shopping malls; one huge section would be roped off for tree sales. After picking out the tree, we would drive home with it in the car.

しかし、家族のクリスマス準備は2週間前から始まりました。その時ぐらい、クリスマスツリーを買いました。私はアメリカ五大湖地方で生まれて、12月でだいたい雪が降っています。クリスマスツリーの販売所は、ショッピングモールの駐車所の広い一角で作られていました。クリスマスツリーを選んでから、車に入れて、家まで帰ります。

Once home, the decorating would begin. In my home, we had Christmas ornaments from Germany. The ornaments and many colored lights would go up. Some years an electric model train would be set up to run in a circle around the tree.

家に帰ってから、ツリーの飾り付けが始まります。私の家族は、ドイツからクリスマスツリーの飾りが多く有りました。その飾りと色付きライトを付けました。時々、模型電車はクリスマスツリーの回りに走る様にセットしました。

Many Americans who are first or second generation in America, mix ethnic Christmas traditions from the old country with American customs.

一世か二世のアメリカ人の場合、その祖国とアメリカのクリスマス伝統を混ぜます。

In our household, Christmas Eve dinner was always Swedish food. Pickled herring, pickled pigs feet, roast pork stuffed with plum, sausages, bean, potato salads. For dessert we would have rice pudding.

私の家では、クリスマスイブの夕食は、スウェーデン料理でした。ニシン塩付け、豚足塩付け、梅詰め焼豚、ソーセージ、ジャガイモサラダ。ミルヒライスはデゼートでした。

Christmas day would be turkey with stuffing, cranberry sauce, sweet potatoes, and many vegetables. Dessert was pumpkin or fruit mince pie.

クリスマス当日の夕食は、ファルス詰め七面鳥、クランベリーソース、サツマイモ、と野菜。デゼートは、パンプキンパイ、それとも、フルーツミンツパイでした。

Usually, many relatives would help making all the food. And there was a lot of food. In fact, for about a week after Christmas, we would be eating the leftovers.

普通に、親戚はこの料理の作りを手伝いました。いつも量はいっぱいでした。正直に言うと、クリスマスの後で、食べ物はほとんどそのクリスマスの残り物でした。

For weeks before Christmas, there would be many special Christmas shows, for example there was always a Peanuts cartoon show, with the Peanuts characters. I liked “Rudolph the Red Nosed Reindeer”, which was done with puppets.

クリスマス数週間前から、テレビで特別番組を放送して、例えば、ピーナッツ漫画ショーが有りました。私は人形で作られた“赤鼻のトナカイ”の番組が一番好きでした。

Of course, the radio was always playing Christmas music. It is the custom that every American musician must do his or her own version of Christmas songs.

ラジオで、クリスマス教曲を放送しています。アメリカ人歌手は、色々なクリスマス曲を自分のスタイルで歌うが、一つの決まりの習慣です。

But sometimes, in an effort to be original, people went a little too far in making Christmas music.

しかし、時々、オリジナル曲を作る動力で、ちょっとやりすぎの人が居ます。

Here are some of the Christmas songs that I thought were terrible, and what I liked.

この次の曲は、私の意見で、ひどい曲と好きな曲です。

My worst two: 最もひどい2曲です。

Dog Jingle Bells:犬達がジングルベルを歌います。

http://www.links2love.com/christmas-dogs-cats-jingle-bells-songs.htm

Cat Silent Night:猫達がきよしこの夜を歌います。

http://jp.youtube.com/watch?v=A4Vv3GPlm94&feature=related

My favorite two. Yes, in America these songs would sometimes be played in German on the radio.

私の一番好きな2曲です。アメリカでも、ドイツ語そのままで放送します。

Stille Nachtドイツ語のきよしこの夜です。

http://jp.youtube.com/watch?v=4HY2m0MuPqA

O Tannebaumドイツ語でクリスマスツリー曲です。

http://jp.youtube.com/watch?v=8LcKKZucaig
For an American kid, Christmas is probably the favorite time of year. But there were some kids who were a little bit glum around Christmas. You see, there is one other time of year that one can get a lot of presents. That is on birthdays. Now kids with birthdays in December or January, well the birthday tended to get mixed with Christmas. Parents always promised a double amount of presents, but to those kids, it never seemed to work out that way. Me, in any case my birthday is in February, so I just lucked out!

アメリカ人の子供なら、クリスマスは一年の中で一番好きな時期です。しかし、クリスマスでもちょっと落ち込む子供も居ます。一年の中で、もう一つの時にプレゼントをいっぱい貰う事が有ります。それは、誕生日です。12月と1月が誕生日の子供は、だいたい誕生日とクリスマスが一緒になります。親から、いつもの倍ぐらいのプレゼントをあげると約束されるけれど、その子供の気持ちで、いつもそう成っていません。私の場合、自分の誕生日は2月で、ぎりぎりセーフです!

Anyway, Merry Christmas to everybody!

とにかく、皆様に、メリークリスマス!


Monday, December 15, 2008

Americanisms IV アメリカの独特な英語

最近の二つのポストの英語フレーズを見ましょう。

「アメリカを救いましょう」の中では:

Blogosphere ブログの世界です。Blogはそのままブログです。Sphereと言う意味は、球体です。例えば、学校で地球儀が有ります。これは、アメリカ人一つのグループの世界です。このフレーズも有ります;Sphere of Influence この意味は影響圏です。

Hot and heavy この意味は、一生懸命にすると言う事です。

「2008年大相撲九州場所」では:

Grand Old Lion このフレーズの雰囲気は、今すごく頑張った人、しかし、もう年をとって、若い時の様な活動や仕事が出来なく成る事です。

Throw in the towel 辞めると言う意味です。これはレスリングと格闘技の世界で本当にやります。私はK-1で見た事が有ります。有るレスラーがだんだんひどく負ける様に成って、コーチからタオルをリングに投げました。普通の仕事や活動が上手く行かない、それで辞める、このフレーズは、こうも使います。例えば、”I can’t make any money at this, I guess I will just throw in the towel.”
この仕事でお金をもうけない、辞めようか!“

Rekindle 再びまきに火を付ける。

Gamely hang on 何か活動が上手く行かなくても、頑張ると言う事です。

Move the mountain Move Mountainsと言うフレーズは大変な活動をやる事です。

私のブログで使わなかった英語のおまけです!

Mr. N, I won’t lift a finger for you. You play around too much. If I did help you, my wife would give me hell. You should remember that in Japan, you live in a goldfish bowl.


I won’t lift a finger Nさんは私のヘルプをお願いしています。私は机で座っています。私の右手は机の上です。このNさんのヘルプをする為に、その右手指一本でも動かしません。全然しないと言う事です。

Play around 女性遊びをする事です。

Give me Hell 地獄のお鬼の様に怒ります。

You live in a goldfish bowl 金魚の水槽で生活をしています。と言う事は、どう言う活動をやっていても、皆がすべて分かります。

その文章の和訳です。

Nさん、貴方にちょっとでもヘルプを出来ません!貴方は女性遊びをやりすぎ!もし、僕は貴方に何か手伝うと、僕の妻が鬼の様に僕に怒ります!日本で生活すると、誰でも貴方のやっている事が分かると覚えていた方がいいですよ!



Friday, December 5, 2008

2008年大相撲九州場所 2008 Sumo Kyushyu Basho

Well! In Sumo we have a new bright shining star, a new Ozeki, Harumafuji!

大相撲で、新しい、光っている星が出ました。それは、新大関日馬富士です!

But first other comments. Again, we only had one Yokozuna. Is Asashyoryu really serious about Sumo? He hardly practices anymore, he seems to be concentrating on his business. If he doesn’t make a decent showing in next year’s January Basho, perhaps there should be some rethinking of his status.

しかし、その事を話す前に、他の事を書きます。また九州場所で横綱は一人だけでした。朝青龍は相撲にたいして、本気が有りますか?もう、稽古をあんまりしない、商売の方に集中しているみたいです。来年一月場所で頑張らないと、朝青龍の横綱状態を考え直した方がいいかも知れません。

Perhaps the time has come for Kaio. The Grand Old Lion just crumpled under a simple push from Wakanosato. It looked like a soft breeze could push him over. And with Ama coming up to join the Ozeki ranks, the contrast between Ama and the other Ozeki will become even more stark. It might just be time for Chiyotaikai to throw in the towel as well.

もしかしたら、魁皇の引退の時間です。若の里はこのベテラン力士をちょっと押して、突然魁皇が倒れました。そよ風でも落ちるみたいでした。これから安馬が大関の位置に入ると、他の大関よりも強くみえるでしょう。千代大海も引退する時間にもう成ったかも知れません。

Kotooshu, just what is his problem? I think it is all mental. Perhaps he should be allowed to take a fall out of the Ozeki ranks and see if he can rekindle the fire and drive that got him there.

琴欧州の問題は、何でしょう?私の考えで、心の問題と思います。もしかしたら、もう一度前頭に戻って、再びやる気を作れるでしょうか?

And Harumafuji’s presence might just be the thing to inspire Kotomitsuki to be the Ozeki he can be.

新大関日馬富士は、琴光喜にもっと素晴らしい大関に鼓舞させるでしょう。

Toyonoshima, Baruto, and Kisenosato should make and exciting Sanyaku bunch this next basho. Aminishiki will have his work cut out for him just to stay there. But Kisenosato will have to even out his performance. He can be spectacular, but he fluctuates too much.

次の一月場所で、豊ノ島、芭瑠都、と稀勢の里は刺激的な三役グループに成ります。安美錦は頑張る必要が有ります。しかし、稀勢の里はもっとしっかりしなければ成りません。時々素晴らしいし実行を出来るけれど、これからいつも自分のベストでやって欲しいです。

Now Kotoshogiku, here is another uneven Rikishi. He should have made it back up to Sanyaku, he has it in him. But I do not think that is certain. Perhaps Maegashira Hito.

琴奨菊は、もう一人のしっかりしていない力士です。私の希望で、九州場所で三役へ戻って欲しかったです。彼は本当に三役のレベルの力士です。しかし、次の番付でどうでしょう?前頭一かも知れません?

Other Rikishi:

他の力士について:

Tochinshin impressed me with his spirit. Even though his record was dismal, he had shot right up to the top of Maegashira, where he gets to battle with the Big Boys. But he gamely hung in there, and said it was a learning experience.

栃ノ心の頑張る気が印象に成りました。彼は3勝12敗で、九州場所は前頭4でした。九月場所は前頭10、その前の場所で前頭14でした。急に上がると、三役の力士たちと取組に成ります。しかし負け越しでも、彼が一生懸命に頑張りました。自分で、“いい勉強です”と言いました。

I think he will be back, and that we will see great things from this young man.

私の考えで、彼はそのうちに前頭上の位置に戻るでしょう。これから素晴らしい力士に成ると思います。

Aran from Russia made a decent showing as a Shin Magaeshira, and we finally get to see a decently behaved Russian. I am looking forward to his future career.

ロシアの阿覧新幕内で勝ち越し出来ました。やっと行儀がいいロシア力士の誕生です。これからの彼の相撲を期待しています。

My hero Homasho came back after sitting out the entire September Basho due his injury, he had tumbled from Maegashira 2 to 15. It is obvious that his wrist has not completely healed. Yet he worked hard to recover from a terrible record, getting five wins in the last seven days. On Senshyuraku though when faced with Yamamotoyama, he just could not move the mountain, and he ended up with Makekoshi.

私の英雄、豊真将は怪我で9月場所を休んで、前頭2から前頭15まで落ちました。やっぱり、手首は完璧に治っていません。しかし、豊真将は本当に動力して、最後の7日間で5勝しました。しかし、千秋楽で山本山の取組の時、やはり“山”を動かせず、7勝8敗に成りました。

I do hope that the Sumo Kyokai will let him hang on at Maegashira 16.

私は相撲協会が前頭16でも決める事を望んでいます。

And to Chiyotaikai and Kotooshu, what was that on Senshyuraku, a stage play? With Harumafuji as a new Ozeki, you guys are really going to have to get your act together, or you will end up just being pathetic.

千代大海と琴欧州、千秋楽の取組は何でしたか、芝居?これから新大関日馬富士と競争するから、頑張らないと、ただ“どうしょうもない”に成りますよ!




Tuesday, December 2, 2008

アメリカを救いましょう! Let's save America!

Hello out there to all my friends in the Blogosphere! I have a proposal. On January 20th, we will have a new President in the United States of America. And unlike the outgoing President, I do believe that Barack Obama does understand the concept of global warming and climate change, and the danger it represents for the survival of the human race.

ブログ界の皆さん、こんにちは!一つの提案が有ります。来年1月20日、アメリカ合衆国では、新しい大統領が就任します。 それと、私は今までのブッシュ大統領より、オバマ氏が温暖化と急激な気候変化の人類にたいして危機を分かっていると思います。

Now watching Japanese television, and looking through Japanese print media, there are a lot of Japanese firms inventing products that have applications in the fields of energy saving, heat reduction, or resource renewal.

日本のテレビとプリントメディアを見ると、エネルギー保存、熱減少、資源再生などの商品とか応用を開発している会社は日本で数多く有ります。

Steadily, Americans are becoming more aware of the necessity of changing the way we live, and moving to more “green” sustainable type of lifestyle.

だんだん、アメリカ人は現在の生活より、もっと資源を守る生活、もっと“グリーン”な生活、に変化する必要が有ると理解しています。

California will be building a high-speed electric train system like Japan’s own Bullet train.

これからカリフォルニア州で新幹線の様な高速電車を造ります。

http://www.cahighspeedrail.ca.gov/
Now I am sure JR Tokai will be hot and heavy on the bidding to get in there and build that train.

やはりJR東海は高速電車を造る入札を一生懸命すると思います。

However, I think that there are many small and medium level companies in Japan that lack contacts in the US. Yet it could be that such a company has a product that could revolutionize some aspect of an industry or human life.

日本でアメリカと商売的な縁が無い中小企業は多いでしょう。しかし、色々な中小企業で有る産業か人間生活を革命的に変化させる発明があるかも知れません。

Perhaps I can help. I have been a member of the American Chamber of Commerce Japan for some four years. I have many contacts with American business. And I have lived in Japan for 35 years, and worked extensively in Japanese business.

私は何とか役に立つかも知れません。私は在日米国商工会議所の一員です。色々なアメリカの企業と縁が有ります。それと、私は日本に35年住んでいて、日本の会社でも仕事でよく働いた経験が有ります。

So just maybe I can help be a bridge between your company and the United States.

もしかしたら、私は貴方の会社とアメリカの間に“紹介する橋”を出来るかも知れません。
So if you have an interesting product or process, please contact me directly. My email is below. And of course you can write in Japanese.

もし貴方の会社が革命的な商品とか工程が有りましたら、直接に下記のメールアドレスに連絡して下さい。

maxkobayashi@jcom.home.ne.jp

Let’s see what we can do to help save the planet and make money at the same time.

地球を救って、同時に仕事をしましょう!



Thursday, November 13, 2008

田母神前空幕長の論文について Concerning the essay written by former General Tamogami

Recently, there has been some controversy about the comments of Tamogami Toshio, former commander of the Japanese Air Self Defense Force. As a WWII historian, perhaps I can clear a few things up.

最近、田母神俊雄氏、航空自衛隊前幕僚長、の論文についてマスコミで論争に成っています。私は第二次世界大戦の歴史を深く勉強しているので、ちょっとお話ししたいと思います。

In a large part, he is right about some of the points in his essay. I was born in America, and if a discussion about WWII arises, many Americans automatically assume Japan was a totally bad nation, and America was totally good.

論文の有る部分で、田母神氏は正しいです。私はアメリカで生まれて、アメリカ人同士で第二次世界大戦の話が始まりましたら、いつもアメリカ人は日本がすべて悪い、アメリカはすべて正しい、と言います。

The truth is much more complex. I have read Mr. Tamogami’s essay in English. He describes relations between Japanese and local people in the prewar Japanese Empire as good. Well one thing we should remember, it was a hierarchal Empire, and Japanese citizens were on the top.

真実はもっと複雑です。私は田母神氏の論文を英語で読みました。彼の論文で、戦前の日本帝国の中で、日本人と他の民族、例えば朝鮮人はよかったと書いています。まず、その当時、日本帝国の社会は階層的な社会でした。それで、日本人は上でした。

However, I have never read of any serious guerilla resistance to Japan in Taiwan. In Korea, anti Japanese guerillas were a handful, and only in the most remote regions. In the far mountains of Manchuria, there were bandits, but throughout history there always have been bandits, they were not necessarily fighting the Japanese backed government.

しかし、私は台湾で日本帝国反対のゲリラの書いた戦いの書物を読んだ事が有りません。朝鮮に日本反対ゲリラは居ましたけれど、数はすごく少ないでした。満州で山賊は居ましたが、大昔からそうでした。

So while we can say that while Japan was an Imperial government, and let us assume that all were not totally equal, people did not rise up in revolt. Here is a difference between Japan’s acquisition of Korea, Manchuria, and Taiwan, and the American acquisition of the Philippines.

それで、日本はその時帝国でしたが、その帝国中の生活が完璧平等ではなかったと考えても、日本帝国政府に革命が有りませんでした。ここで、アメリカはフィリピン植民地獲得と日本の朝鮮、満州と台湾の獲得と違う事が有ります。

After America defeated Spain in the war of 1898, Spain gave the Philippines to America as a prize. The people of the Philippines believed they could be independent, and fought against America. Something between 200,000 to 1,500,000 Philippine people died in ten years of war.

1898年、米西戦スペインがフィリピン列島をアメリカに譲りました。フィリピン人は独立国に成れると信じて、アメリカと戦いました。
10年ぐらいの戦争で、200,000から1,500,000のフィリピン人が死にました。

At the time of the Russian Japanese war; American President Theodore Roosevelt did not mind Japan taking Manchuria and Korea. He felt that such a Japanese Empire did not conflict with American interests. In fact, he helped Japan and Russia negotiate a peace treaty.

日露戦争で、アメリカのセオドアルーズベルト大統領は日本が満州と朝鮮を獲得する事を気にしませんでした。その日本帝国は、アメリカ利害に当たらないと言う気持ちが有りました。実際、彼は日本とロシア平和条約の交渉窓口でした。

Also, we must admit that at the time of the Second World War, American was not at all an equal society. At the top were White North European Protestants. White Catholics from southern and Eastern Europe were below them. Next were the Asian Americans. Below them were Black people. And at the very bottom were American Indians. Only in the present election have we been able to elect as President a man who is not completely White.

それと、第二次世界大戦の時に、アメリカは平等社会ではなかったと認めなければなりません。上部は、プロテスタントヨーロッパ系白人でした。その下は東南ヨーロッパ系カトリック白人でした。次の下はアジア系、その下は黒人でした。一番下はアメリカンインディアンでした。やっと最近の大統領選挙で完璧白人ではない人が勝ちました。

Yet something like 40 years after the Russian Japanese war, under the second American President named Roosevelt, FDR, Japan and America came to war. What happened?

しかし、何と日露戦争40年後ぐらい、アメリカ2番目のルーズベルト大統領政権の時に、アメリカと日本は戦争状態に入りました。これはどうしてですか?

In my opinion, both countries collided over their dream of China. Japan gradually moved to take over parts of China, and then launched an invasion in 1937. America hoped to dominate China by commercial means. And America did have small Marine and Naval units based in China.

私の意見は、両国がお互いの中国に対しての夢でぶつかりました。日本はだんだん中国の土地を取得して、1937年に完全に侵略しました。アメリカは商売で中国を支配する夢が有りました。それと、当時、アメリカ海軍/海兵隊の小さい部隊/艦隊も居ました。

For Japan, I think the primary motivation to advance into China was to take it before America or some European power dominated China. Besides America, both Britain and France had interests in China, and Britain maintained a colony in Hong Kong. With troops based there. If we look at a map of the Pacific at the time, Japan is surrounded by the colonies of America, Britain, France, and Holland. China was dominated in part by Japan, America, France and Britain. (On the part of America, the domination was more in the form of a commercial zone rather than outright territorial control)

私の意見で、日本の基本的中国に侵略の理由は、他のヨーロッパの国々が中国取得前、日本の安全の為に中国を取ります。アメリカ以外、英国とフランスは中国に利害が有りました。 香港は英国植民地と軍基地でした。その当時の太平洋の地図を見ると、日本はアメリカ、英国、フランス、とオランダの植民地で取り囲まれていました。 中国は、部分に日本、フランス、英国とアメリカに支配されていました。(アメリカ支配は基本的に土地を取らず、商売的でした。)

For America, there was an idea that China could become a Christian country under American influence. America sent many Christian missionaries to both Japan and China. In China, the missionaries had great success, many Chinese converted to Christianity. One very important convert was T. V. Soong; he helped to get America to back China. He eventually became Foreign Minister to Chiang Kai Shek. The Chinese were also very good at self promotion with average American people. In 1913, the new Chinese government asked American Christians to pray for it’s success. This greatly impressed American President Wilson. Such efforts helped convince Americans that China could become a Christian nation.

アメリカの場合、一つの考えは中国がアメリカの影響を受けているキリスト教国に成る事でした。アメリカが中国と日本両国に数多くの宣教師を出しました。中国では、その宣教師達は大成功に成りました。数多くの中国人をキリスト教に変えました。一人の大切なキリスト教コンバートはT.V.Soong (宋子文)、彼は中国の為にアメリカの政治、軍事的な手伝いを引っぱる事について大きく役に立ちました。蒋介石の外務大臣に成りました。中国人は自分の国を宣伝する事が上手かった。1913年、新中国政府は、アメリカのキリスト教信者に成功のお祈りを願いました。当時のアメリカのウィルソン大統領は、これでとてもいい印象に成りました。こう言う活動で、だんだんアメリカ人は中国がキリスト教国に成れると信じました。

Very few Japanese converted to Christianity. The pro Chinese missionaries gained influence with the US government, while missionaries who had been in Japan could not get such influence.

日本の場合、キリスト教に変えた日本人の数はとても少なかったでした。だんだん、中国向きのアメリカ宣教師は、ルーズベルト政権に影響を与えました。その日本向きの宣教師は、アメリカ政府に影響を出来ませんでした。

At this time, being a Christian was equated with being civilized. This was the beginning of the American concept that Japan was not a civilized nation, while China was. America began to take a more pro China stance.

この時代に、西洋の国々の考えで、キリスト教になる事は文明のしるしでした。この時から、アメリカ人はだんだん日本が文明の国では有りません、中国は文明国に成る可能性が有るという考えが始まりました。アメリカは中国向きの政策を始めました。

And the American Christian missionaries in China wrote books about how awful Japanese troops were in China. This became strong anti Japanese propaganda in America. It was a war, and the truth is that Japanese troops did bad things. This true for all wars, including the wars America fights. But it is also true that the Kuomintang troops treated their own people just as badly. The only armed force in China that treated the average Chinese with any respect was the Communist army. Which is why the Communists won in China after WWII.

それと、中国に居るアメリカ宣教師は日本軍が中国人にひどい事をやっているという本も書きました。この本は、アメリカ人の為に強い日本反対宣伝に成りました。真実は、苦しい戦争でしたが、日本軍が中国でいっぱい悪い事をしました。どんな戦争も苦しいです、アメリカ兵もよく戦場で悪い事をします。戦争は最悪です。中国国民党軍も、中国の普通人にいっぱい悪い事をしました。普通の中国人に正義と尊敬をしましたのは、毛沢東共産赤軍だけでした。その理由の為に、第二次世界大戦後、中国共産党が国民党に内乱で勝ちました。

So I think President Roosevelt believed that he had to save China in WWII. Also, he was very afraid of Britain’s collapse in fighting Germany. Many powerful Americans at the time felt that if Britain surrendered to Germany, Canada would become Nazi, and the British fleet would be controlled by Germany. They believed America would be in danger from Germany.

私の考えは、第二次世界大戦でアメリカルーズベルト大統領が中国を救う必要が有ったと信じていました。それと、ヨーロッパで、英国とドイツ戦で、英国は負ける可能性が高いと心配していました。当時の力が有ったアメリカ人の考えで、もし英国がナチスドイツに降伏をしましたら、カナダもナチスドイツの土地に成るし、英国艦隊もナチスドイツの艦隊に成る心配が有りました。これはアメリカの為にとても危険な状態です。アメリカの心配で、ドイツは一番危険でした。

Yet the majority of the American people at the time did not want to get involved in Europe’s war. So the administration of President Franklin Roosevelt made a decision to provoke Japan into attacking America. Since Germany and Japan were allies, war with Germany would be automatic. Numerous provocations were made, such as sending US warships into Japanese territorial waters. On July 31, 1941, two US cruisers came very close to the Japanese Naval base at Sukumo in Shikoku. Other US warships made provocative cruises into Japanese controlled waters in the Central Pacific. The plan was if Japanese warships fired on the intruding US ships, it would start war. Japan did not respond, so this plan failed to start war.

当時、ほとんどのアメリカ人は、ヨーロッパ戦争に参加する事を反対でした。ルーズベルト大統領政権は、日本に戦争を始める様に刺激する事を解決としました。日本とドイツは同盟国で、もし日本と戦争を始めたら、自動的にドイツと戦争に成ります。アメリカは色々な事件を始めました。例えば、日本領海にアメリカ軍艦を侵入させました。1941年7月31日に、アメリカ巡洋艦2隻は、四国に有った日本帝国海軍宿毛基地の近くに来ました。他のアメリカ巡洋艦は、中央太平洋日本領海に侵入しました。この計画は、もし日本とアメリカの軍艦は戦いを始めたら、総合戦争に成ります。日本は反動しませんでしたから、戦争を出来ませんでした。

The final step was for America to declare an oil embargo against Japan. Without oil, a modern economy and military cannot function. Japan would have been helpless. And yes, I believe at the time America would have made Japan into a colony, if the Japanese economy and military had collapsed because of lack of oil.

最後の計画は、世界の国々を日本と石油通商禁止させる事をしました。石油が無いと、現在の国の経済と軍隊が活動出来ません。日本は滅びるはずでした。私はその当時、日本経済と軍隊が滅びましたら、アメリカが日本を植民地としていたと思います。

So Japan decided to move south into the British and Dutch colonies. The American colony of the Philippines with its American military bases was directly in the line of communication to these southern islands, so war with America then happened.

その理由で、日本が南太平洋の英国とオランダの植民地に侵略しました。この南太平洋の島々と日本の連略線に、アメリカ軍基地が有ったフィリピンの植民地が有りました。これは、日本立場からアメリカと戦争する必要が有りました。

In 1941, only a few Japanese had been to America or spoke English. Even fewer Americans had been to Japan or spoke Japanese. Both countries were a mystery to each other. So it was easy for people on both sides to become emotional, to misunderstand what the other country was doing.

1941年で、アメリカへ旅した事が有るか、英語を出来る日本人の数が本当に少なかったです。日本へ旅した事が有るアメリカ人、それとも日本語を出来るアメリカ人、その数はもっと少なかったでした。両国は、お互いに謎でした。この理由の為に、両国の人が感情的に成って、お互いの国を理解しませんでした。

Both countries had a mistaken dream that we could control China. In the end, it is the Chinese that control China. I hope we have both, Japan and America, learned a lesson.

両方の国(アメリカと日本)は、中国を支配出来るという間違いの夢を持っていました。現在、中国人は中国を支配しています。私の望みは、両方の国(日本とアメリカ)が、この戦争で勉強に成りましたと言う事でしょう。

Well Japan has. Since 1945, Japan has not fought a war. The same cannot be said of America. The present Iraq war is particularly shameful. There was absolutely no reason for America to invade Iraq. My estimate of Iraqi dead is at least one million. America is directly responsible for one third of that, the others died in a civil war that was caused by America’s invasion.

日本は勉強に成りました。1945年以来、日本は戦争していません。アメリカは、同じ事を話し出来ません。現在のイラク戦争は、特に恥ずかしい戦争です。アメリカがイラクに侵略する理由は一つも有りませんでした。私の考えで、2008年までに、イラクで百万以上のイラク人が死んでいます。アメリカは、直接にその合計1/3ぐらい殺しています。残りは、イラク内乱で死んでいます。勿論、内乱の原因はアメリカ侵略です。

The Bush administration would admit to 30,000, but they stopped talking about dead Iraqi’s some time ago. They don’t want to think about it.

数年前に、ブッシュ政権は、30,000ぐらいイラク人を殺した、と認めました。最近、その事を話しません。

There is something in the American character that seeks to control other nations and people by military force. If the other people do not agree, we attack. We have had this type of leader in power in America for 8 years.

アメリカ人の性格の有る部分は、他国と他民族を軍力で支配したい気持ちが有ります。もし他国はアメリカの有利な立場を受けないと、我々が攻撃します。最近の8年間、アメリカはこのタイプのリーダーが居ました。

Yet there is another part to the American character. There is a belief that every human being deserves an equal chance, to do the best they can in their life. No matter what race they may be, no matter how rich or poor. I believe that in the recent election, America has elected a man who represents this good side of America. I will support President Obama with all my power.

しかし、アメリカ人の性格に、もう一つの部分が有りました。アメリカ人の考えで、どんな人でも人生で平等なチャンスは当然と思っています。どんな民族で生まれてでも、金持ちか貧乏生まれてでも、平等なチャンスは当然です。私は、最近アメリカの選挙で、このアメリカのいい性格の代表的なアメリカ人が大統領に成ったと信じています。私はオバマ大統領を全力支持します。

Mr. Tamogami seems to feel that American culture dominates Japan. Well, it is true that many Japanese do love American music and Mickey Mouse. But it is also true that Americans are crazy about Pokemon. And Japanese Anime and Manga.

何か、田母神氏はアメリカ文化が日本を支配している気持ちをもっているでしょう。数多くの日本人は、アメリカ音楽とミッキーマウスを愛している事は確かです。しかし、数多くのアメリカ人は、ポケモンに夢中です。アニメと漫画は、アメリカでとても人気です。

Japan has built many factories in the US, and I will be honest here, I think Japanese managers do better at getting Americans to work hard than American managers do.

日本もアメリカ国内でいっぱいの工場を造っています。私の考えで、アメリカ人経営者より日本人経営者の方が、アメリカ労働者を働かすのが上手です。

In my writing here, I have tried to show that Mr. Tamogami does have some points in his essay. However, I think that the biggest problem with his statements is that he made them while still in uniform. Recently, we have had many American generals who disagreed with President Bush’s polices. However, they waited until they were out of uniform, until they retired, before making criticism of the Bush administration.

この論文で、私は田母神氏が彼の論文で有る所を正しいと見せたいです。しかし、一番の問題は、航空自衛隊の仕事をやりながら、その意見を書きました。最近、アメリカブッシュ政権の政策反対のアメリカ将軍も、多いでした。その政策に対する批評は引退するまで待っていました。

Our two countries have had relations since 1854. We did have a bad period that resulted in a terrible horrible war. But in the 63 years since that war ended, we have been best friends. It is my hope to continue this friendship.

私達両国は、1854年から交流が有ります。確かに、一時的にひどい、恐ろしい戦争が有りました。しかし、その終戦から63年で両国が深い友好な縁を作っています。私は、この深い友好な縁が続く事を望んでいます。


Sources.

For the attitude of President Wilson concerning Christianity in China;

アメリカウィルソン大統領と中国のキリスト教について;

America encounters Japan

William L. Neuman

The Johns Hopkins Press Baltimore 1963

(pages 138 to 141)

For information about American warship intrusions into Japanese waters before the Pearl Harbor attack;

真珠湾攻撃前アメリカ軍艦日本領海侵入について;
Day of Deceit,
The truth about FDR and Pearl Harbor

Robert B. Stinnett

Touchstone 2000

(pages 9 to 10)

For casualties in Iraq, I used the figure provided the Lancet survey of 2006. In 2006, this magazine estimated 655,000 deaths caused by the war. I have made my own estimate since then to believe that the total has passed one million.

英国雑誌”The Lancet” 2006年調査は、戦争の関係で655,000イラク人は死んでいますと結果しました。自分の考えでその数は百万人を超えていると思います。



Thursday, November 6, 2008

What now for America? アメリカ、これからどう成るでしょう?

Yesterday, history was made in America. Even ten years ago, it is doubtful that a man with a Black father and a White mother could have been elected President. Yet it has happened. The extreme Right in American politics, who have brought so much disaster to the world, are out the door.

昨日、アメリカで歴史的な選挙が有りました。十年前でも、黒人お父さん、白人お母さんの人は大統領に成る事は不可能でした。しかし、そう成りました。世界に数多くの災難をおこした責任が有るアメリカ政治の極右派運動は、選挙を負けました。

From now on, these rightists, Neocons and Christian Fundamentalists, will be dogging the actions of the Obama administration every step of the way. They will seek to confuse and destroy. Last night was a Great Victory. We should all rightly be happy and proud. Yet the battle for America is not over. We have an expensive and bloated military, chock full of weapon systems we don’t need. We have a creaking domestic infrastructure. We have a triple storm of Climate Change, Peak Oil, and Financial Collapse staring us in the face.

これから、この極右派、新保守主義者(ネオコン)と基本主義キリスト教信者は、オバマ政権の活動を邪魔するでしょう。オバマ政権の政策について、滅びるように動力しますし、アメリカ国民にオバマ大統領活動を混乱するようにします。しかし、昨日はアメリカの為に、そして世界の皆様の為に大勝利でした。私達は喜んで、誇りを持つべきです。しかし、アメリカを救う戦いはまだ終わりでは有りません。現在、アメリカの軍隊は高過ぎ、大き過ぎで、必要ない武器も有り過ぎです。アメリカ国内のインフラは老衰です。今すぐに、アメリカは三つの大問題があり、それは、温暖化、石油の供給を減らし、と金融が滅びています。


It was not a Democratic administration that decided to pretend that Climate Change does not exist. It was not a Democratic administration that tried to solve the problem of disappearing oil supplies by invading the oil producing countries of the Middle East. It was not a Democratic administration that decided to let Financial Institutions regulate themselves.

地球温暖化がないふりをする事は、アメリカ民主党政権ではありませんでした。世界の石油の供給を減らす問題を、中近東の石油が有る国に侵略する事で解決を考えたのは、アメリカ民主党政権ではなかったです。アメリカの金融会社を自分達で管理する事にさせたのは、アメリカ民主党ではなかったです。

It was George Bush, the figurehead for the Neocons who thought that America should rule the world by fire and sword. Well Climate Change is here. In the United States, hurricanes are becoming stronger and stronger. Every year brings more terrible floods in the American Mid West. Drought has taken hold in the Southeast and Southwest. Our armies have invaded two countries in the Middle East, and the result is horrible farce. We have killed hundreds of thousands of people. And we did not get the oil. And by letting the firms on Wall Street regulate themselves, they simply indulged themselves in an orgy of excessive greed that still threatens to destroy America.

この問題を作った人はジョージブッシュ大統領でした。アメリカは、世界支配を火と刀でするべき哲学を持っている新保守主義者の前立てでした。しかし、温暖化の影響は今有ります。アメリカでは、毎年ハリケーンはだんだん強く成っています。毎年アメリカの中部地区の洪水はもっとひどく成っています。干ばつはアメリカの東南地区と南西地区でだんだんひどくなっています。アメリカの軍隊は、二つの中近東国に侵略しましたし、結果は恐ろしい悪ふざけです。中近東で、アメリカ軍は何十万の人を殺しました。それと、その石油を支配出来ていません。アメリカのウォール街の金融会社の管理は政府の官僚ではなくそれぞれの会社に任して、結果はその会社は強欲過ぎで、金融的にアメリカが滅びる危機は今でも有ります。

Ladies and Gentlemen, what begins now is not simply the Battle for America; it is the Battle to Save the Planet. Some people might say, “Hey Max, you live in Japan, why should you care what happens in America?” Well in Japan we have an expression: “When America sneezes, Japan catches a cold.” Japanese people understand the interdependence of the Japanese/American relationship very well.
Whatever happens now in America will have a deep impact on all nations and peoples, across the globe.

皆さん、これからはアメリカを救う戦いだけではなく、地球を救う戦いです。もしかしたら、どこかの人の考えで、私は日本に住んでいるから、“どうしてアメリカの事を気にしますか?”と言うかも知れません。昔から、日本人の考えで、“アメリカがくしゃみをしましたら、日本が風邪をひきます。”日本人は、アメリカと日本両国が深い縁で結んでいる事はよく分かっています。アメリカの活動は、世界の国々に深い影響が有るでしょう。

These problems of Climate Change, Oil Supply Depletion, and Financial Collapse are not exclusive to America. They are affecting every country in the world. And America has not been paying attention.

温暖化、石油供給減らし、金融危機、はただアメリカの問題ではありません。世界のどんな国でも影響があります。それと、今までにアメリカはこの問題について注目は不十分です。

Yet now with Barack Obama as the President Elect of the United States, we have a chance, we have hope. But let us all remember, the coming Battle for America is really the Battle to save the World. If we fail, the prospects for the planet are dire, it is doubtful that any nation can serve as a refuge.

しかし、これからバラックオバマ氏は、アメリカ合衆国の時期大統領に成ります。世界を救うチャンスは有ります、私達は望みも有ります。しかし、私達は、この地球を救う戦いはアメリカの為だけではなく、世界の為です。失敗しましたら、世界のどこの国でも安全な場所に成りません。

So we must not fail.

それで、必ず成功をしなければ成りません。



Friday, October 17, 2008

アメリカ帝国のたそがれ  Twilight of the American Empire

We are now in the final month of the American Presidential campaign. While I have not stated so on this blog, I am a strong Obama supporter. But I would like to talk about some of the things the McCain campaign has been saying, and how they relate to the future of America.

今アメリカ大統領選挙の最後の1ヶ月です。このブログで、私ははっきり言っていないけれど、オバマ上院議員を支持しています。これから、マケインキャンペーンの宣言とアメリカ将来にどう言う関係が有るとお話ししたいです。

When George Bush came to be President, I do believe that people in the Bush administration did understand that the world’s supply of oil is disappearing. Their solution was to use American military force to control oil countries in the Middle East, and to preserve the American lifestyle for another generation, leaving people in the future to struggle with the problem of Peak Oil.

私の考えで、ブッシュ政権は、ジョージブッシュが大統領に成った時に、ピークオイル問題、世界の石油がまもなく消える事をよく理解していました。ブッシュ政権のピークオイル問題の解決策はアメリカの軍隊を利用して、中近東の国々を支配する事でした。これで、現在のアメリカ人の生活はもう一つの世代を守って、ピークオイル問題の解決策を将来の世代に任すつもりでした。

The terrorist attacks of September 11, 2001 gave the Bush administration the excuse to attack in the Middle East. The initial plan was for 7 wars to complete American dominance of the region.

2001年9月11日テロ攻撃は、ブッシュ政権の戦争開始の口実 と成りました。最初の作戦は、7戦で中近東の支配をとります。

We never got beyond wars number 1 and 2. And both those wars have failed in their purpose. America failed to establish a state in Afghanistan that would support American interests, and America failed to control Iraq’s oil. In Afghanistan, the situation has become impossible to control by military means, and the Americans are about to receive an order in Iraq to withdraw completely by 2011.


この作戦は、第1と第2の戦争で止まりました。両方の戦争は失敗です。アフガニスタンでアメリカ向きの国を造らず、イラクの石油もとれませんでした。現在アフガニスタンはとても軍事的に負けていますし、イラクのマリキ首相からアメリカ軍は2011年までに完璧撤退する命令も出しています。

Senator John McCain has failed to understand what has happened. He has totally failed to understand the nature of the economic crisis that has occurred. All he can do is rant about how Senator Obama would surrender in Iraq.

マケイン上院議員は、この出来事を全然理解していません。現在の金融危機も理解していません。彼のキャンペーンで、オバマ上院議員はイラクで降伏するつもりが有ると叫ぶしか出来ません。

But when people are losing their homes, their pensions, they don’t care about foreign wars. However Senator McCain just cannot understand the feelings of average people. So in his Presidential campaign, he has resorted to extreme low insults against Barack Obama. But the insults are not helping him; they are only making Senator Obama more popular.

しかし、普通のアメリカ人は、現在自分の一軒家と年金を失う可能性があるので、海外の戦争に興味が有りません。マケイン上院議員は普通の人の気持ちを分かりませんから、オバマ上院議員にひどい侮辱を始めました。しかしこの侮辱でマケイン上院議員の支持率は上がっていません。オバマ上院議員の方に役に立っています。

But there is a deeper truth in this campaign, and the American people are starting to realize it. We are seeing the beginning of the end of the American Empire.

しかし、このキャンペーンでもう一つの深い真実が有ります。アメリカ人はだんだんこの真実を分かっています。まもなくアメリカ帝国の最後でしょう。

Americans like to think that they are the greatest nation in the world. True, America does have some 750 military bases around the world. Yet most Americans live a life that is much worse than in Europe or Japan. Health care is almost non functional. It is by far too expensive for the average American, and it is very complex. In general, the US health insurance system is not reliable. So a health problem can easily lead to unemployment and homelessness.

アメリカ人は、自分達が世界で一番素晴しい国と考える事が好きです。アメリカ軍は、世界で750カ所軍基地が有ります。しかし、普通のアメリカ人の生活水準は、ヨーロッパと日本より低いです。健康保険は、ほとんど不可能です。普通のアメリカ人にたいして高いし、とても複雑です。健康保険は有ったでも、病気によって払われない場合は多いですから、信頼性は有りません。それで、健康問題で、失業とホームレス状態に成るケースは多いです。

In recent weeks, we have all seen the collapse of the US financial system. This because of pure greed, but the average American is just as guilty as Wall Street; average people easily took out loans, to be paid back later. Well the later has come now.

最近の数週間で、アメリカ金融システムは滅びました。強欲な投資家は責任が有りますけれど、普通のアメリカ人もウォール街と一緒に責任も有ります。かなり多くの普通の人が軽くローンを借りて、将来の時に返します。その将来の時は、今来ました。

American transport is soon to collapse. There is only a tiny amount of electric train transport in the US, the only inter city electric trains run from Boston to Washington D.C. And the service is of poor quality and reliability.

アメリカの運送システムは、まもなく滅びます。アメリカで、電気で走る電車はほんのちょっとです。ボストンからワシントンD.C.までしか有りません。この電車の品質と信頼性は悪いです。

All other transport in the US is by car, truck, or airplane. They are very dependent on cheap fuel. However, Peak Oil is here, oil based fuel will become more and more expensive, and will soon disappear entirely.

アメリカの他の運送は、すべて車、トラック、飛行機です。このシステムは安い燃料に頼っています。ピークオイルは現在真実に成っています。石油から精製した燃料はだんだん高くなります。そのうち完璧に消えます。
America has made no serious effort to deal with problem; Americans are too in love with their cars. Yet it will soon become impossible to move people around the US, and to move food from the farm to the city.

アメリカ人は、まだ本気でこの問題の解決策を考えていません。車生活をとても好きですから。しかし、まもなくアメリカで、人の国内での移動と農場から大都市へ食べ物の運送は不可能に成ります。

The one thing that does function in American society is the military. But here we have two problems. One is that it is very expensive. Another is that many of its weapons systems are so complex that they hardly function.

アメリカの社会で、うまくいっている事は一つ有ります。それは軍隊です。しかし、軍隊は二つの大きい問題が有ります。一つは武器システムがとても高いです。もう一つの問題、現在武器システムはかなり複雑で、性能もあんまりよくないシステムが多いです。

Let us look at one system, the Air Force fighter, the F-22. It’s computer breakdowns preventing flight are frequent. The cost of one airplane is 350 million dollars. True, it is better than any other fighter plane in existence, when it is not under repair and able to fly, but the existing F-15 is also very good. And much cheaper.

一つのシステム、空軍のF-22戦闘機、を考えましょう。コンピューター崩壊で飛ばない事はよく有ります。一機の値段は3億5千万ドルです。やはり、修理中ではない飛べる時に、性能は現在に有る戦闘機より素晴しいです。しかし、今まで利用されたF−15戦闘機の性能もいいし、F-22戦闘機よりとても安いです。

The Seawolf attack submarines cost $4.4 billion a piece. Yet the existing Los Angeles attack submarines already are better than any other attack submarine in existence.

シーウルフ式潜水艦の値段は一隻で44億ドルです。しかし、現在存在しているロサンゼルス式潜水艦は他国潜水艦より性能はいいです。

America has 11 aircraft carrier battle groups. A US aircraft carrier has about 80 aircraft. Also, the US has 11 helicopter carriers. No other Navy in the world has a large aircraft carrier to compare with the US ships, only a few nations posses small aircraft carriers.

アメリカは航空母艦艦隊が11有ります。一隻の航空母艦には80機の軍用機が乗っています。それと、ヘリコプター専用航空母艦はあと11隻もあります。世界でアメリカ以外の国はアメリカ航空母艦と比べる軍艦が有りません。数ヶ国は小型航空母艦を持っていますが、アメリカと競争に成りません。

America has some 750 military bases around the world, outside the United States.

アメリカは世界中、アメリカ国外で、750カ所軍基地が有ります。

In 2008, the entire US military budget, with additions totaled some $668 billion dollars. In 2009 the military budget is estimated to be $711 billion, more than the present financial bailout package.

2008年アメリカ軍予算は全体的に6、680億ドルが有りました。2009年の軍予算概算は7,110億ドルです。現在アメリカ金融危機金融安定化法より高いです。

However, the sad fact for America is that this very expensive military has no enemy. It is designed to fight the Soviet Union for domination of the world. But the Soviet Union has been gone for 20 years; present day Russia has no desire or ability to dominate the world. Americans like to think that they are the “World’s policemen” but as Vietnam, Afghanistan and Iraq have shown us, America has very little ability in understanding other cultures and people. When there is a conflict, America tends to use bombs and guns, simply because they have them. Of course, such an approach does solve international problems, it creates more problems.

残念ながら、この高価な軍隊には敵が居ません。ソ連連邦と世界支配の為に戦う事に設計されたままでした。しかし、ソ連連邦は20年前に消えました。現在のロシアは、世界を支配するつもりがありませんし、軍事的に不可能です。アメリカ人はよく、“アメリカは世界の警察官です”を言います。しかし、ベトナム戦争、アフガニスタン戦争とイラク戦争で、アメリカ人は他国の文化と言葉を理解しにくいと証明しています。どこか問題が有る国で、アメリカはすぐ銃と爆弾を使います。何故か、いっぱい銃と爆弾の在庫を持っていますから。勿論、このやりかたは国際問題の解決に成りません。ただ問題を増やすだけです。

Americans cannot understand that the Cold War is over, and future conflicts will need only small numbers of highly trained Special Forces. I think America would be fine with only 6 carrier battle groups, three for each coast. Even that might be too many. I do not think the expensive F-22 fighter or the Seawolf submarine are needed at all.

アメリカ人は、冷戦が終わった事を理解していません。私の考えで、将来の戦いは少人数特殊部隊で十分です。アメリカ航空母艦艦隊は、合計六つが十分と思います。東海岸でも西海岸でもそれぞれ三つの艦隊で足ります。その数でも多いかも知れません。高価なF-22戦闘機もシーウルフ潜水艦も全然必要有りません。

And I do not think America needs to have any troops based outside the United States. All of those 750 bases can be closed.

それと、アメリカも国外で軍基地も必要有りません。その750基地を閉鎖してもいいでしょう。

And I think it will come to that. America is now bankrupt. The $700 billion dollars that the government says is necessary to save the economy will come in part from non-American sources.

やはりそう成るでしょう。アメリカはもう今破産しました。その金融危機の金融安定化法は有る部分アメリカ以外の国から来るでしょう。

Will Europe, Russia, China and Japan pay for such a huge and unnecessary US military? I do not think so. In any case, I think that financial collapse, climate change, and Peak Oil will create extreme domestic chaos in America in the very near future. I think the primary mission of the United States military will be to try control the domestic US population. It will become necessary for the US government to withdraw all troops from overseas, because the government will not be able to afford them, and will need them at home.

ヨーロッパ、ロシア、中国と日本は、この必要ない高価な、 アメリカ軍事費を払いますか?そう思いません。とにかく、金融危機、温暖化、ピークオイルで、これからアメリカ国内が厳しい混乱に成ると思います。これからアメリカ軍の基本的な仕事は、国内安定を守る事でしょう。アメリカの海外基地から部隊を撤退して、何故ならこれからアメリカ政府はコストを払えないし、国内安定の為に必要に成ります。

And that will be the end of the American Empire. But I do not think that this will be a bad thing. Eventually, in maybe 15 or 20 years time, we might see a much better nation appear. After shedding it’s Empire, perhaps America can rejoin the family of nations as a normal country.

これはアメリカ帝国の最後です。しかし、もしかしたら悪い事ではないかも知れません。もしかしたら、15か20年ぐらい後、もっといい国に成っているかも知れません。もしかしたら、帝国を捨てて、アメリカはそのうち世界の国々の普通の仲間に再び成れるでしょう。



Sunday, October 5, 2008

Americanisms III アメリカの独特な英語

9月に、私のブログのポストは少ないでした。それには、理由が有ります。英語で書きます。

I had a bad case of Computer thumb. それとも I had a bad case of Kanji thumb.

これは、どう言う意味ですか?時々、アメリカ人はこの決まりの言い方を何かの状態で説明する為に造ります。

実は、日本語でコンピューターに書くと、ひらがなでタイプして、スペースキーを押して漢字が出ます。私の指は、この動きに慣れていません。特に、右手の親指です。私の耳はまだアメリカの様に音を聞くと、しお、しょう、しょ、は全部一緒に聞こえます。だから、右手の親指でスペースキーを叩いても、私が探している漢字は出ません! “日本語の発音を正しく聞き取れないから、ひらがなが違って、漢字を正しく見つけられない!”妻から、“日本人もLとRを正しく聞き取れる人はそう多くないから、気にしないで!”と言われます。

正直に言うと、9月末に、右手の親指はとても大きくはれました。これから、新しい指動きのタイプを習わなければいけません。

英語で、不器用をあらわすフレーズです!

Shoot yourself in the foot

大西部劇の映画で、二人のカウボーイが拳銃試合を始める。カウボーイが拳銃をベルトの拳銃ケースから引っぱろうとする、拳銃ケースにまだ入っているままで自分の足を打ちます。とてもドジです。ブッシュ大統領の政策についてよく新聞でコメンテーターが使います。

Bob shot himself in the foot with that project. He totally made a mess.


All thumbs

手が全部親指ばかり。手の仕事は不器用です。

Sam is all thumbs when it comes to making a cake.


Forget your head if it wasn’t attached

よく物を忘れる人。自分の頭はちゃんと首と付いていないと、頭でも忘れます。

She would forget her head if it wasn’t attached.


Trip over his own feet

自分の足でも踏み外します。

He can’t do anything, he would trip over his own feet.

Cold feet

何かを怖く成って、諦めます。

She got cold feet, and canceled the wedding.



Thursday, October 2, 2008

The Sumo Fall Tournament! 大相撲秋場所!

This year’s Aki Basho, is a Basho to forget. Yokozuna Asashoryu left after five losses. I really hope that he can pull himself together, and concentrate on Sumo and do some real practice. He should worry about business in Mongolia later.

今年の秋場所は、もう忘れたいです。横綱朝青龍は五敗で休場しました。これからしっかりして、ちゃんと稽古をやってほしいです。モンゴルで商売するなどは将来に考えた方がいいです。

Of the Ozeki, Kaio and Chiyotaikai managed to hang in there, and Kotomitsuki did well. But Kotooshu barely squeaked by, only getting his eighth win on the last day. I guess his Yusho was just a rare event, we are back to the old Kotooshu.

大関を見ると、魁皇と千代大海はまだ生きています、まあ、琴光喜がよくやりました。しかし琴欧州はぎりぎりでした、彼はやっと千秋楽で勝ち越し出来ました。今年の五月優勝はただ珍しい事でした。普通の琴欧州は戻りましたでしょう。

Toyonoshima fought many good bouts, even though he ended up with a losing record. I hope he can stay in Sanyaku at Komusubi. And Baruto made a heroic effort, 6 wins in the last six days to give him a kachi-koshi. Even though he only ended up with eight wins, he was a new Komusubi, and life is hard in that spot. I would cheer for him as a Sekiwake.

豊ノ島は負け越しでも、いい取り組みがいっぱい有りました。小結に成って、三役に残れると望んでいます。把瑠都は英雄的な努力をしました、最後の六日間で6勝して勝ち越しに成りました。彼は8勝だけでも、新小結でしたから、新小結の人生はつらいです。関脇に成って、応援したいです。

But the real bright spot is Ama. 12 wins, not bad. Next Basho, if he gets 11 wins or more, Ozeki promotion is a strong possibility. I will be cheering for him as well.

しかし一番いい話しは安馬でした。12勝は悪くないです。次の場所で、もし11勝を取りましたら、大関に成る可能性は強いです。私は必ず安馬に応援します!

And of course Yokozuna Hakuho performed like clockwork, dropping only one match.
So that leaves one Komusubi slot to fill, but the upper Maegashira ranks are a mess. The only possibility that I can see is Aminishiki at East 4 with 8 wins, or Goeido at West 5 with 10 wins.

勿論白鵬は素晴しい相撲をしました、一回だけ負けました。それで、もう一人の小結は誰でしょう?私の考えで東4安美錦、8勝、それとも西5豪栄道10勝、に成るでしょう。

Now about the affair with Mr. Soslan Alexsandrovich Gagloev, the former Wakanoho. This young man is seriously misinformed. I never liked his strange hand movements at the Shikiri; I always thought it was a sign of excessive egoism. I was correct.

それで、ガグロエフ ソスラン アレクサンドルヴィッチ、元若ノ鵬の事件について書きます。この若い男が人生を分かっていません。取り組みの仕切りで、彼の変な手動きが私は嫌いでした。これを見ると私は彼が自我有り過ぎと思いました。やっぱり、私の考えは正しいでした。

Now it seems that he thinks he will reform Sumo, all by himself. And that he will be returned to his status and be a hero. What an idiot. He forgets that by possessing an illegal drug he committed a crime. His treatment by the police was very lenient; he could have spent time in jail.

何とか、大相撲の世界を自分だけで改正すると考えているらしい。それと、その大相撲世界を改正してから英雄で相撲界に戻ると考えているみたい。しかし、彼が違反大麻を持って犯罪をやった事が忘れています。警察の扱いはとても優しかった。懲役の可能性も有りました。

Somebody should sit down and have a serious talk with this man. The best thing for him to do is to save as much money as possible and return to Russia. If he stays in Japan, he will simply spend all his funds to no purpose.

どこかのだれかがこの若い男に人生の本音を教えた方がいいです。一番いい事は貯金したお金を持って、ロシアへ帰る事です。日本に残ったら、意味が無い活動でお金を使うしか成りません。

In any case, there is sure to be a lot of changes in the Banzuke before next Basho!

とにかく、次の場所の番付に変化はいっぱい有るでしょう!



Monday, September 22, 2008

American Financial Collapse アメリカの経済が滅びる

Recently, anyone watching the news on planet earth knows that America is in deep financial trouble. How did this happen? Well I am not financial expert, but let me try a few words. Let’s start with greed and over optimism.

最近、地球でニュースを見ていますと、アメリカが経済的にとても困っている事が分かってきました。どうしてこう言う状態に成りましたか?正直に言うと、私はそんなに経済の事を詳しくないけれど、ちょっとでも説明したいと思います。まず、強欲と楽天的すぎる事を話しましょう。

To gain more profits, too many American financial companies engaged in lending practices that had little or no prospect of long-term success. In the short term, a few did profit, but eventually reality returns, and now these companies cannot be maintained.

利益を増やす為に、いっぱいのアメリカ金融会社は長期間で利益を生む可能性低いローンをやりすぎてしました。短期間でいくつの金融会社に利益が出ましたが、そのうちに現実に戻ります。現実に戻ると、その金融会社の存在を守る事は不可能に成ります。

I think one reason for this crisis is that many American’s always believe that the economy will continue to grow no matter what. The entire sub prime loan system was based on the premise that the American economy would always expand.

この問題の1つの理由はいっぱいのアメリカ人の考えで、アメリカの経済はいつまでも必ず大きく成ると信じています。すべてのサブプライムローンの基本哲学はアメリカ経済が永遠に大きく成る事でした。

The whole sub prime was nothing more than a giant Ponzi scheme. But how could this happen?

サブプライムローンは、ただ1つのねずみ講計画でした。しかし、どうして、この状態まで成りましたか?

Successive American Presidential administrations have consistently favored corporations, and many watchdog organizations have lost their power to oversee corporate operations. The idea was that market forces would cause corporations to behave in a responsible manner. Companies would police themselves.

ベトナム戦争の時から、ほんとうの大統領政権は大企業を有利にしています。それで、管理する機関は大企業に対して力を失っています。アメリカ人の考えは、市場の動きで会社の管理に成ります。正直に言うと、大企業は自分を管理する事です。

Many Americans on the right accuse government supervision of the economy to be a form of socialism. And to the American mind socialism symbolizes something close to Communism, and therefore un-American. Which is why it has proven impossible to establish a national healthcare system in the United States.

多くの右派アメリカ人の考えで、官僚が経済を管理する事は社会主義と思っています。アメリカ人の考えで社会主義は共産主義に近い、それでアメリカの敵の哲学です。その理由の為に、国民健康保険はアメリカで不可能です。

Japan, along with China, Russia, and European countries, has much investment in America. We cannot afford to let America collapse, yet I think it is within our rights to push the American government to watch the financial operations of its companies more closely in the future. And of course, expensive wars with no solution simply waste money.

日本、中国、ロシアとヨーロッパの国々がアメリカにいっぱいのお金を投資しています。アメリカが滅びると、私たちは困ります。しかし、これから私たちはアメリカに経済支援をすると、アメリカ側がもっとしっかり自分の企業を管理すると期待していいと思います。勿論、アメリカも金ばかりかかるむだな戦争も辞めるべきです。

In Japan we have similar situation with the Hakken phenomena. While this employment practice will not bring financial collapse like America’s disaster, we are creating a large class of young people who have no hope of escaping Hakken employment. They cannot marry and they cannot lead normal lives, they live as slaves.

日本で、派遣労働者で同様な問題が有ります。派遣でアメリカの様に経済が滅びるはないけれど、この派遣システムで数多い若い人々は将来の望みが有りません。結婚と普通の生活はできない、奴隷みたいの生活しか出来ません。

Eventually, this can have tremendous effects on Japanese society, up to and including leftist revolution.

いつか、この派遣システムは日本社会に大きい影響に成ると、左から革命も可能性が有ります。

I think that in both America and Japan, we need much stronger government oversight to prevent such excesses.

私の考えで、アメリカと日本の両国はもっと強い官僚の管理が必要です。

A ponzi scheme 1920年代でイタリアからアメリカへ移民したポンジさんの投資計画でした。基本的に彼の計画は投資すると数が月後に20%利益が戻ります。しかし問題は投資する人が増えないと最初の投資人に利益を払いません。こう言う計画はいつもどこかで滅びる事に成ります。ポンジさんは懲役5年に成りました。



Thursday, September 11, 2008

基本主義キリスト教のアメリカ社会と政治の影響 Fundamentalist Christianity and it's effect on American society and politics

The earth and all it’s creatures were created intact in one week in the year 4004 B.C. Dinosaurs and humans lived together in peace in the Garden of Eden. The dinosaurs were all vegetarians. When Eve ate the forbidden fruit from the tree of knowledge, she committed sin, and some of the dinosaurs became meat eaters. All of the dinosaurs were killed in the great flood. But that was not before some of them helped the Egyptians build the pyramids. The Grand Canyon was also made in the Great Flood.

現在人間が住んでいる地球は、一瞬に6000年前に造られました。勿論、今地球に居る生き物は、完璧現在の形でその時に一瞬で造らせました。恐竜と人間は、エデンの園で平和に共同生活をしました。恐竜たちは菜食主義でした。人類最初の女性イブは知恵の樹に有った食禁止果物を食べて、罪を理解しました。いくつかの恐竜は肉食に変身しました。大洪水で恐竜たちはすべて死にました。死ぬ前に、エジプト人とピラミッド造りを手伝いしました。グランドキャニオンも大洪水で出来ました。

However, we live in the End Times. All true believers of Jesus will be taken up to heaven in the Rapture. After a time of warfare on earth, there will be great battle on the plain of Armageddon in Israel, where God will destroy the kingdoms of Gog and Magog, which are really Russia and Iran, and Jesus will then return to Earth to rule the kingdom of true followers.

現在の人達は、終わりの時に生きています。携挙でイエスの本信者は天国へ引き上がります。何年間地球で大戦争が有って、イスラエルのハルマゲドン地区に世界最終戦争が起こります。その戦で神はゴグ国とマゴグ国を敗北させて、(現在イランとロシア)そしてイエスは地球に戻ると、本信者たちの為に楽園王国を造ります。

Hello everybody, this is Max writing now. But look at those two paragraphs above. How would you feel if you found them to be the basis for science and history education in your children’s school? However, the truth is that in America legal battles are now being fought by Christian Fundamentalist groups in more than ten states to have Bible based education taught in public schools. Many schools are using texts that have text content very much like those two paragraphs.

皆さん、ここからマックスは戻りました。上記の二つのパラグラフを読んで下さい。もし、貴方の子供達が出席している学校が、その上記の記述を理科と歴史教育に基本的に使っていると見つけると、どう言う気持ちがしますか?しかし、アメリカ十ヵ州以上に、基本主義キリスト教グループがその様な教育を公立学校に教える権利の為、裁判で戦っています。多数のアメリカ公立学校は、この聖書通りの教科書を利用しています。

I would like to explain a little bit about Christian Fundamentalism, and their relation to American politics and society.

これから、基本主義キリスト教とアメリカ社会、政治に対してどう言う関係に成っているかと説明したいと思います。

At this moment, we are in the middle of a Presidential campaign in the United States of America. As everyone knows, the Republican candidate, Senator John McCain, has made a controversial choice for his Vice President, Governor Sarah Palin of Alaska.

現在、アメリカ合衆国は大統領選挙運動中です。共和党マケイン上院議員は副大統領候補として論争的な人を選んで、アラスカ州ペイリン知事がマスコミで大きい話題に成っています。

Let me explain why. At first, I was extremely surprised. How could he expect such an inexperienced woman to attract dissatisfied Hillary Clinton votes? But a closer look shows that that was not the main reason. The main reason is to pull the Christian right wing voters to his cause. And in that it seems that John McCain has succeeded.

マケイン上院議員の選択した理由を説明したいと思います。本当に不満しているヒラリークリントン上院議員のサポーターを共和党へ引っぱる事が可能だと思いましたか?しかし、よく見ると、これは基本的な理由では有りません。その主な理由は、キリスト教の右派サポーターを引く為にでした。そして、成功したかも知れません。

She is very much what Christian Fundamentalists want to see in America’s leaders.

基本主義キリスト教の信者の考えで、ペイリン知事はアメリカのリーダーとして完璧です。


Present Christian Fundamentalism began around 1975. America had lost the Vietnam War. During the war, a mass protest movement arose to protest the war. This movement also protested what many people considered to be traditional bedrock values of American society. Conservative people felt lost, that the country was going to fall into ruin.

現在の基本主義キリスト教運動は、1975年から始まりました。その時にアメリカはベトナム戦争を負けたばかりです。ベトナム戦争中、アメリカ国内で大きな戦争反対運動が現れていました。多数のアメリカ人の考えで、この戦争反対運動はアメリカの社会基本的な価値観も反対しました。保守派のアメリカ人は迷っている様な気持ちに成って、国がまもなく滅びる心配が有りました。

In particular, it seemed that the people protesting the war did not believe in the role of the military in American society, believed in free sex without marriage, condoned homosexuality, and took illegal drugs.

特に、この戦争反対運動の人達は、アメリカ社会の軍隊立場を反対でしたし、結婚以外のフリーセックスと同性愛者を許します。それと、違反麻薬を飲んでいます。

These things scared conservative Americans. It was at this time that the present type of Fundamentalist Christianity began to arise. What was new was that these Fundamentalist churches pulled religion into every aspect of daily life. According to these churches, all aspects of daily life could, and should be interpreted according to the Bible. Not only that, Fundamentalist Christians are working to recreate America as a Fundamentalist Christian society. To their thinking, older mainline churches are not true Christian churches. This includes Lutherans, Methodists, Unitarians, Catholics, and many others.

この戦争反対運動の人達の活動を見たアメリカ保守派が怖く成りました。この時に、アメリカ基本主義キリスト教が出てきました。この時までの伝統あるアメリカキリスト教会より、この基本主義キリスト教教会が日常生活に宗教を紹介しました。この考えで、信者の毎日の活動は、聖書の教えでするべきと信じています。それと、基本主義キリスト教信者たちは、アメリカ全国を自分たちの教えと人々が自分たちと同じ考えになるように動力しています。彼達の考えで、もっと古いキリスト教教会は本当のキリスト教では有りません。ルーテル派、メソジスト派、ユニテリアン主義、カトリック教会は基本主義キリスト教の考えですべて不正の教えと信じています。

Since that time, they have worked hard to change America into their type of religious society. They have done this by joining the government at local levels. Then they attempt to pass Christian laws in their communities. The American Republican party has many of these Christian workers. Many staffers in the offices of Senators and Congressmen are Fundamentalist Christians. Christian Bible colleges, operated by Fundamentalist Christians, make a special effort to send their people to be staff for lawmakers. They then try to take over the personnel section for staffers, and only recruit other Fundamentalist Christians for staff positions. Particularly they have achieved great power in the present Bush administration. They are working very hard to change the laws and customs of America to what they believe in. I believe that in choosing his Vice President, Senator McCain had no choice but to obey them. In America, we call this struggle the “Culture Wars”.

その時から、基本主義キリスト教信者は、アメリカを自分達の様な宗教国に変えようと努力しています。アメリカのローカルな選挙に立候補して、その街に基本主義キリスト教の法律を造ります。アメリカ共和党は基本主義キリスト教信者が多いです。上院議員、下院議員事務所のスタッフは、基本主義キリスト教信者が特に多いです。基本主義キリスト教の聖書大学は、卒業生を議員スタッフに狙って加入させます。それで、議員事務所の人事部の位置を取って、他の仕事に基本主義キリスト教信者だけを雇います。現在、ブッシュ政権で、基本主義キリスト教信者はとても力を持っています。彼達は、アメリカを自分たちの様な宗教国に変えると頑張っています。私の考えで、マケイン上院議員は基本主義キリスト教の圧力で副大統領候補としてペイリン知事を選びました。アメリカでは、私たちがこの争い“文化戦争”と呼んでいます。

A quick overview of Christian Fundamentalist main points.

基本主義キリスト教のメインポイントを紹介します。

Abortion. In 1973, a law that enabled women in every state in America to have an abortion if they wished was passed. This is one of the centers of the Religious Right’s activity. They wish to change the law to make it impossible for any American woman to have an abortion for any reason, except in extreme case medical emergencies where the mother may die.

中絶。アメリカには、1973年アメリカ各州でアメリカ人女性は中絶を出来る様な法律が出来ました。これは、右派宗教が強く集中している所です。右派宗教団体は、この法律を破る目標があります。どんな理由でも、中絶は全国で違反にしたいです。医学的に、女性の命は危険の場合だけ許す可能性が有るかも知れません。

They believe the Bible justifies them in this, that all lives are precious and must be saved.

基本主義キリスト教の考えで、中絶を禁止する事は聖書から来たと信じています。どんな命でも大切で、神様の為に救わなければ成りません。

Of course, they do not believe in any form of sexual education in schools. To young people, they preach abstinence, to married couples contraceptive use is forbidden. They wish to forbid the sale of contraceptive products. To their thinking, God will decide how many children you will have. Sex outside of marriage is forbidden.

勿論、学校でセックス教育は禁止です。若い人達にセックス禁欲を教えて、夫婦でも避妊薬かコンドームを利用する事は禁止です。この基本主義キリスト教団体は避妊薬かコンドームを全国販売でも禁止したいです。彼達の考えで、どんな家族の子供の数は神様に任せるしか有りません。勿論、結婚以外のセックスは禁止です。

In the case of Sarah Palin’s daughter, it is forgiven because the two kids will get married. This is then regarded as obedience to God.

ペイリン知事の娘の場合に、結婚すると子供を中絶しないで生むから、許されています。それは神様に従ってと考えられています。

Recently some states in America have experimented with the idea of some sort of legal relationship for homosexual couples. Of course the Fundamentalist Christians are very against this. They regard homosexuality as a disease to be cured, and maintain many groups who specialize in trying to force homosexual people into heterosexual relationships.

最近、アメリカでいくつかの州は同性愛者二人の関係を法的に何とか認める事を研究中です。基本主義キリスト教信者は、同性愛者の存在に反対です。彼達の考で、同性愛者は病気の状態で、治すべきと思っています。基本主義キリスト教教会は、よく同性愛者を異性愛者に変わる為のカウンセリングセンターなど行っています。このセンターの目標は、同性愛者を男女結婚にする様にです。基本主義キリスト教の考えで、同性愛者を彼達の考えに変身させる事は成功と思っています。

Another major important thing for them is the Darwinian theory of evolution. They believe that the earth is only 6,000 years old, that dinosaurs and humans existed together in the Garden of Eden. At that time, the dinosaurs were all vegetarian. However, when man sinned by eating the forbidden fruit of the tree of knowledge, some dinosaurs became carnivores. Of course, all dinosaurs died in the Great Biblical flood. That is why we find so many fossils today.

基本主義キリスト教信者のもう一つの大切な話題は、ダーウィン進化論理です。基本主義者の考えで、6,000年前に神様が一週間で地球を造りました。エデンの園で、恐竜と人間は共同生活をしました。その時に、恐竜達は全部菜食主義でした。人間は知恵の樹の食禁止果物を食べて、 罪を理解して、いくつかの恐竜も肉食主義に成りました。大洪水で恐竜達は全部死にました。その理由で、現在、私たちは化石をいっぱい見つけます。

There is no reference in the Bible of humans and dinosaurs living together. There is mention of “Leviathan” and “Behemoth” these are simply described as large creatures. The Fundamentalist Christians understand this to mean dinosaurs. Also, they believe that they can pull many children into Christian fundamentalism by talking about dinosaurs, as dinosaurs are popular with children.

聖書で、恐竜と人間の共同生活の話は有りません。ベヒモスとレヴィアタンは聖書に入っていますが、ただでかい生物の様な説明が有ります。基本主義キリスト教信者の考えで、この二つの小さい話は、人間と恐竜の共同存在証明です。このキリスト教信者は、もう一つの提案が有ります。世界の子供達は、恐竜に興味が有ります。恐竜の話題を利用して、その子供達を基本主義に引っぱりたいと計画しています。

Ideas like those above are actually taught as Biology class in Christian schools, and in public schools where Fundamentalist Christians have strong influence. But having their own Christian schools is not enough for them. In their thinking, all public schools in America must teach their ideas, and the teaching of Darwinian Evolutionary theory is to be forbidden. To achieve this goal, Christian Fundamentalists are trying to get as many of their people in political power in America as possible.

この上記で書いた事は、アメリカのキリスト教学校で、生物学の授業で教えられています。公立学校でも、基本主義キリスト教の人々が力が有ったら、その聖書通りの教科書を使っています。基本主義信者の考えで、アメリカ全国の公立学校を彼達の聖書通りに教育しないと、基本主義キリスト教に対して差別と思っています。この差別をなくす為に、アメリカ全国の公立学校で、ダーウィン進化論理の教育を禁止しないと満足しません。この目標の為に、基本主義信者は出来るだけ自分のメンバーを政治家として立候補させます。

Sarah Palin has a very short resume. But when she was mayor of the town of Wasilla in Alaska, she thought about banning books from the town library. It is not specified which books she did not like, but Fundamentalist Christians do not like any book that has any reference to sex, homosexuality, also Harry Potter books are evil in their opinion. This is because the central theme of those books is magic. According to the Bible, magic is evil.

ペイリン知事の履歴書はとても経験不足です。しかし、アラスカ州ワシラ市市長の時に、街の図書館からいくつかの本を禁止させる事を考えました。どの本を禁止させるか考えた事ははっきり報道されていないけれど、基本主義キリスト教はセックス関係、同性愛者関係などは嫌いです。勿論、ハリーポッターシリーズはだめです。何故なれば、ハリーポッターのテーマは魔法世界です。聖書の書いた事で、魔法は罪です。

To their thinking, all such books must be banned from America.

これは基本主義キリスト教信者の考えで、すべてそう言う本は、アメリカ全国で禁止するべきです。

These are only a few of their ideas. However, for them to live their own ideas separately in American society is not their goal. To their thinking, all Americans must live in their way by Bible principles. Americans who are not of their beliefs will become second class citizens.

これは、基本主義キリスト教信者の考えの紹介だけです。他にいっぱいの計画が有ります。彼達はアメリカ社会の中で、自分達の別世界を作るのは目標では有りません。本当の目標は、アメリカ全国が基本主義キリスト教に変わる事です。その宗教に入らないアメリカ人は、2級国民に成ります。

Even though Sarah Palin has very little experience in government, her Christian beliefs are very fundamentalist. To the Christian Fundamentalists, that is fine. One does not need experience, only belief.

ペイリン知事は経験不足でも、彼女の宗教の考えはとても基本主義です。信者の考えで、彼女が信じている事だけが大切と思っています。それだけでも十分と思っています。

Also, the End Times is very much a part of their philosophy. They spend much time studying The Book of Revelations.

終わりの時も、彼達の哲学の中心に有ります。ヨハネの黙示録を深く勉強しています。

They believe that a final war will come in our lifetimes in the Middle East, and it will be nuclear. They believe that Russia and Iran are the evil nations that will invade Israel and start this war. Jesus will then come and take all true believers to Heaven in The Rapture. All people who do not believe as they do will spend the rest of eternity in hell and torment.

基本主義キリスト教の考えで、世界の最後の戦争は中近東で、核兵器の戦争と考えています。彼達の考えで、ロシアとイランは悪国で、イスラエルに侵略して、戦争を始めます。その戦争の最後で、イエスは地球に戻ってきて、本当の信者を天国に引き上げます。これを携挙と言います。基本主義キリスト教を信じない人達が、永遠に地獄的な苦しみに成ります。

Some of them think that the United States should start this war to help Jesus hurry up. And of course, they do not see any point in worrying about Global Warming, since Jesus will take us to heaven soon. They do not see any reason to stop using so much resources and to stop creating such pollution, to them it will not matter. The Bush administration has had deep consultations with such people on Middle Eastern foreign policy.

いくつかの信者の考えで、イエスを手伝う為に、アメリカはそろそろその核兵器戦争を自分から始めるべきと信じています。勿論、信者達はまもなく天国へ行きますから、地球温暖化を心配しなくていいです。天国へ行きますから、アメリカ人は好きな様に地球資源を利用していい、公害もあっても関係が有りません。8年間のブッシュ政権で、ブッシュ大統領は中近東政策、その他の話題で相談しています。

They believe this is so written in the Bible, there fore it is absolute truth.

基本主義キリスト教の信者の考えで、すべて聖書に書いている事はすべて真実です。

Christian Fundamentalist represent about 42% of the American population at this time.

現在、基本主義キリスト教信者は、アメリカ人口の42%です。

I personally think abortion should be a personal decision between a woman and her doctor. I believe the public schools should have be very good at teaching science, especially evolution.

私の考えで、中絶するかしないかはその女性と彼女の医者さんの問題です。公立学校は理科を深く教えるべき、特に進化論理をです。

And I certainly do not believe in nuclear war.

それと、私は核兵器戦争がとても嫌いです。

These people are afraid, they are trying to use only the Bible as a way to find certainty. But it does not work that way. Along that road, lies madness. A person should not only study religion, we must also understand the world we live in.

この基本主義者達は世界を怖がって、聖書だけで確かな人生の道を探しています。しかし、それだけはだめです。その道は人間が気を狂うだけです。宗教だけを勉強する事は人間に耐えられません。人間は現在に存在する世界も理解をしなければ成りません。



Thursday, September 4, 2008

アトランタ市のヒートアイランド Atlanta Heat Island Part II

Here, I will talk a little more about hurricanes, and the massive drought in the southeastern United States. In a previous post, I mentioned my belief that the people of the American southeast will have to eliminate the Atlanta heat island to prevent the region from turning to desert.

ここで、大西洋のハリケーンとアメリカ東南部の大干ばつを書きたいと思います。以前に、私はアメリカ東南部の干ばつで砂漠に成る危機について書きました。それと、現在の気候を守る為に、アトランタ市のヒートアイランドをなくすしか方法が有りません。

Well, in the latter half of the month of August, the people of Atlanta did have a great hope. This was Hurricane Fay. Many people thought that it would break the drought and fill Lake Lanier, the primary source of Atlanta water.

8月後半で、アトランタ市民は一つの大きな望みが有りました。その望みはハリケーンフェイでした。多数のアトランタ市民の考えで、このハリケーンフェイはアトランタ市分水嶺に大雨を振らして、干ばつを終わらせます。

In fact, its projected track did have it hitting Atlanta head on. The storm, after leaving Cuba, was forecast to go straight north, parallel to the west coast of the Florida peninsula, and continue north, hitting the city of Atlanta directly.

正直に言うと、天気予報でアトランタに直接に当たります。このハリケーンはキューバを超えて、フロリダ半島の西海岸に平行に進んで、直接北へ行って、アトランタ市に当たります。

But something strange happened. I have included a link below that gives you the actual course of Hurricane Fay.

しかし、変な進行が有りました。下記のリンクでハリケーンフェイの実際の進行が有ります。

As the Hurricane approached south Florida, it began to cross the peninsula to the east. It then reached the Atlantic Ocean, where it stopped for several days. Then it suddenly turned 90 degrees and headed straight west. Atlanta got very little rain, the drought is still strong. This kind of 90-degree turn is very unusual in a hurricane. It is my feeling that the massive amount of hot air from the Atlanta heat island forced Hurricane Fay to change course.

ハリケーンフェイは南フロリダの近くに来ると、だんだん東へフロリダ半島を渡り始めました。大西洋に戻って、数日間その場所で止まりました。それで、突然90度回って直接西へ進みました。ハリケーンと台風の進行で、こう言う90度回りはとても珍しいです。私の考えで、アトランタ市のヒートアイランドの暑い大空気で、ハリケーンフェイは新しい進行へ移動させられました。

This is a very bad sign for Atlanta. Very little rain is falling naturally. Hurricanes are being pushed away by the heat island. In any case, simply hoping for a Hurricane is like hoping for a miracle. Hurricanes are rare events, and unpredictable. And the heat island is stronger than the Hurricane.

これはアトランタ市のとても危険な信号です。自然で雨量は本当に少ないです。ヒートアイランドでハリケーンも来なく成りました。とにかく、ハリケーンで干ばつを終わらせる事を望むのは奇跡待ちと同じです。ハリケーンは珍しいし、予想しにくいです。それと、アトランタ市のヒートアイランドはハリケーンより強いです。

If Atlantan people do not change their lifestyle soon, and adopt measures to reduce heat, I feel the region will soon become desert.

アトランタ市民はすぐ生活を変えない、ヒートアイランドを減らさないと、まもなくアメリカ東南部は砂漠に成るでしょう。

http://www.weather.com/newscenter/hurricanecentral/2008/fay.html



Tuesday, September 2, 2008

The danger of nuclear war in Georgia グルジア戦争と核兵器戦争の危機

In 1962, the United States of America and the Soviet Union came very close to nuclear war over the Cuban missile crisis. I was a young child in Chicago, and I remember the church bells. In the event of a nuclear attack, all the church bells of the city were to be rung as a warning. That would mean nuclear missile strike in 20 minutes or so from Cuba. I remember the system being tested, and asking my father if we were going to die.

1962年にアメリカ合衆国とソ連はキューバ危機で核兵器戦争が始まりそうでした。私はシカゴに住んでいた子供でした。一つの思い出は教会の鐘でした。核兵器戦争が始まったら、シカゴ市内の教会の鐘は全部同時に警告として鳴らす計画が有りました。その警告の意味が、約20分後ソ連核兵器ミサイルがシカゴに当たります。私の思い出はその教会が鐘警告テストをした時、お父さんに、“私たちは死ぬの?”と聞きました。

20 minutes is not enough time to do much more than say goodbye to your family and few friends. So far, in human history, that incident is the closest the human race has been to major nuclear war.

20分はわずかの時間ですが、家族、友達の数人に、“さよなら”を言う時間しか有りません。人類の歴史で、このキューバ危機事件は核兵器戦争で一番危険でした。

Until August 23rd of 2008. On August 8th, the army of The Republic of Georgia invaded South Ossetia, a territory under Russian protection. The Georgian army attacked Russian troops based there on a peace keeping operation. Russia responded, and we all know the result.

しかし、2008年8月23日に危険な事件が有りました。8月8日にグルジア軍がロシアに守られていた南オセチアに攻撃しました。グルギア軍が在南オセチアロシア平和維持活動中部隊にも攻撃しました。ロシア軍隊が反動しましたが、結果は皆さんが分かっています。

However, the great danger of nuclear war came about August 23rd. By the 22nd of August Russian forces began to withdraw from Georgian territory. However, hardliners in America were not happy. US warships were sent to the Black Sea, and ordered to dock in the harbor of Poti in Georgia. This would have been very dangerous, as there were still small units of Russian troops very near Poti. This would have created a very dangerous situation, with Russian army troops and US Navy sailors in close contact. The possibility of someone accidentally firing a weapon was very high, If Russian troops and US Navy ships had traded fire, I do not think we could have stopped things before they eventually escalated to full scale nuclear war. Most of human civilization in the northern hemisphere of the planet would have been destroyed.

しかし、その核兵器戦争の危機は、8月23日でした。8月22日からロシア軍はグルジアから撤退を始めました。アメリカ右派政治家はロシアの反動に怒りました。その右派政治家の命令で、アメリカ軍艦をグルジアまで進行しました。その軍艦の目標は、グルジアのポチ港で停泊する事でした。しかし、ポチの近くにロシア陸軍の偵察隊はまだ居ました。この状態はとても危険です。アメリカ兵とロシア兵はお互い近い所に居ます。どちらの兵隊も間違いで武器を使う可能性が高かったです 。戦いが始まったら、核兵器戦争まで拡大する可能性が高いです。地球北半球の人類文明は滅びる事に成ったでしょう。

Very fortunately, the United States Navy High Command intervened, and the US ships docked at Batumi, far to the south in Georgia and away from Russian troops. A war was avoided.

何故私たちは助かりましたか?アメリカ海軍総司令部は力を出して、その軍艦はポチ港ではなく、バトゥーミ港に停泊しました。このバトゥーミ港にロシア軍は居ませんでした。これで、世界核兵器戦争に成りませんでした。

So who was responsible for The US ships in the Black Sea? The Navy did not want to go there. In my opinion, it was two men who created this problem, Vice President Richard Cheney and Senator John McCain.

アメリカ軍艦の黒海への進行は、だれの責任でしたか?アメリカ海軍総司令部は、この進行に反対でした。私の意見では二人です。その二人は、チェイニー副大統領とマケイン上院議員だと思います。

In fact, Senator McCain has deep ties to Georgia, his chief advisor, Randy Scheunemann, was a formal lobbyist for the Georgian government. President Saakashvili himself claims to have been in frequent telephone contact with Senator McCain during this crisis.

マケイン上院議員は、グルジアととても深い関係が有ります。彼のチーフ相談者は、ランディシューネマンさんで、彼は最近までアメリカ国会のグリジア国代表でした。グリジアのサアカシュヴィリ 大統領は、マケイン上院議員とこの戦争中にたびたび電話で話しをしていると言っています。

http://www.huffingtonpost.com/joe-lauria/did-mccain-help-bait-russ_b_119395.html
What? That is the job of the President, not Senator McCain.

それは上院議員の仕事ではなく、大統領の責任です。

In any case, we are very lucky that major war was averted between Russia and America.

とにかく、私たちは世界核兵器戦争が止まって運がよかったです。

Now Senator McCain has made a very strange choice for his Vice Presidential candidate. I am very sorry to say, but Governor Palin of Alaska has virtually no experience at all other than being a housewife. I do not see how she can be the Number Two in the strongest nation on earth.

現在マケイン上院議員は、自分の副大統領候補にとても変わった選択をしました。残念ですが、ペイリンアラスカ知事は2年しか経験が有りません。その以外の仕事は、小さい町の市長と主婦です。この経験で、アメリカと言う大きな国で二番目のリーダーを出来ないと思います。

I think the only reason that Senator McCain chose Governor Palin, is to use her attraction to Fundamentalist Christians. The thing is, if Senator McCain were to become President, and he became too ill to do his job, Governor Palin would become President of the United States.

私の考えで、基本主義キリスト教の投票を引っ張る為に彼女を選びました。しかし、マケイン上院議員が大統領に成りましたら、彼が病気で仕事を出来ない場合、彼女がアメリカ大統領に成ります。
I am very surprised and shocked to see Senator McCain make two such dangerous decisions, pushing for a war between the United States and Russia, and in picking a totally inexperienced woman as his number two.

私は最近マケイン上院議員の二つの危険解決で驚いています。その一つはロシアとアメリカが戦争状態を進めて、もう一つが経験不足の女性を副大統領候補として選びました。



Sunday, August 24, 2008

アメリカと温暖化  America and Global Warming

It is slowly nearing the end of August. This summer has again been an ordeal of sweltering hot days, with extreme thunderstorms and flooding. And every year, it gets worse.

日本では、だんだん8月末です。今年の夏は長い期間うだる様な暑さの日々、とても強い雷雨嵐、と洪水が有りました。

Japanese people are quite aware of extreme weather, and that it is connected to Global Warming. Yet Americans refuse to believe in Global Warming. Well Americans do understand that it is happening, but they will not look at how serious it is. If you discuss the increase of severe weather with Americans, they almost always say that it is a cycle, and will eventually return to normal. Many Americans feel that Global Warming may have some effect in 300 years or more, but not now.

日本人は、現在、日本の極端な天気が温暖化の結果とよく分かっています。しかし、アメリカ人はまだ温暖化を信じていません。まあ、温暖化は始まっていると分かるけれど、どのくらい大変な問題と考えません。普通のアメリカ人と温暖化問題を話しましたら、アメリカ人はいつも現在の極端な天気はただの一巡です。そろそろ普通の天気が戻ります。たくさんのアメリカ人の考えで、温暖化問題は、もしかしたら人間の生活に影響が有るかも知れません。しかし、その影響はあと300年ぐらいです。今ではありません。

I don’t think so. Well we all know that Japan is getting stronger severe storms, and more of them. Let us take a look at what is happening in America.

私はそう思いません。前年と比べて、日本列島でもっと強い嵐が出ていますが、その嵐の数はもっと多くなっています。これから、アメリカの状態を見ましょう。

As a person who has grown up in America, I have noticed two great changes in weather patterns.

私は子供時代をアメリカで育って 、アメリカの天候型に二つの大きい変化を分かっています。

One is the American Midwestern states have been getting much wetter, and that the American southeast has been getting much drier. I have been watching this event ever week for the last 18 months, and the trend is unmistakable. It is happening.

I believe the cause is the city of Atlanta. Atlanta is a large sprawl of a city covering a wide area. What used to be forest and farmland has now become asphalt parking lots, and shopping malls with black tar roofs. This entire area has become a heat island. This heat island creates a huge mass of hot air, and this air mass pushes rain to the south in the Gulf of Mexico. The rain then swings around the Atlanta heat island and up the Mississippi valley, where it rains heavily in the Midwestern states.

一つは、アメリカ中央平原に有る州にもっと雨が降っています。それと、アメリカ東南部州の干ばつは深く成っています。私はこの18ヶ月間毎週ネットで確認をしていますし、この天候変化が間違いありません。そう成っています。私の考えで、アメリカ東南部干ばつの原因はアトランタ市です。アトランタ市はとても広い地区でスポロール現象になっています。その地区に以前有った森林と農場は、現在黒タール屋根ショッピングセンターとアスファルト駐車所です。とても広いヒートアイランド現象に成っています。このヒートアイランドで、大気の中にすごく暖かい空気が増えて、この暖かい空気が雨雲を南方面メキシコ湾まで押します。それから雨雲はアトランタヒートアイランドを回って、ミシシッピ川上空で北へ進んで、中央平原州に大雨が降ります。


Normally the American southeast is a very wet region. It is covered by many farms and forest. Now it is drying out. Last year, the Okefenokee Swamp, along the state border of Georgia and Florida, had major fires. It was too dry. This was a dangerous warning sign, yet it did not receive much coverage in the American media.

普段アメリカ東南部は、雨がよく降る地区です。農場と森林は多いです。だんだん乾いています。昨年、ジョージア州とフロリダ州境に有るOkefenokee沼地は大火事に成りました。乾きすぎでした。これは、干ばつの危険な注意と言うしるしでしたが、アメリカのマスコミがあんまり報道しませんでした。

The city of Atlanta Georgia has only one major lake, Lake Lanier, as a water source. Year by year, its level its average level is dropping greatly. This year, water use restrictions, for example no swimming pools, car washing, or watering of lawns, were set by the city government. Yet the people of Atlanta complained loudly, and the restrictions were lifted.

ジョージア州アトランタ市の分水嶺で、一つの大きい湖しか水源地が有りません。毎年、標準の水平がだんだん低く成っています。今年アトランタ市政府は水利用制限を作りました。例えば、泳ぎ専用プール、芝生に水かけ、洗車は、全部禁止でした。しかし、市民の方が文句をいっぱい出して、市政府に制限を諦めさせました 。

But the lake level continues to drop.

しかし、湖の水平はまたまた低く成っています。

In the Midwest, there is now flooding every year. In 1993 and this year 2008, the flooding was very serious. Those years were called 150-year floods, meaning we have floods like that only every 150 years. We have now had two floods like that only 13 years apart.

中央平原で、毎年洪水が有ります。1993年と2008年の洪水は特にひどかったです。アメリカでは、こう言う洪水は150年洪水と呼びます。その意味は、普段こう言う洪水が150年おきしか現れません。 現在は、13年おきです。

The basic weather patterns have changed for the North American continent. In my opinion, the American southeast is changing from natural forestland suitable for extensive agriculture, to a desert climate. Most of the people now living there will have to move. The American southeast has no infrastructure to move a large amount of water from one area to another. In any case, the entire region is short of water.

北アメリカ大陸の天候型は変わっています。私の意見では、アメリカ東南部は自然農場が出来る森林地から砂漠に成ります。現在その地区に住んでいる人達は、引っ越しをする必要があります。アメリカ東南部は有る地区から別の地区へ水を移動するインフラが有りません。とにかく、この地区は全体的に水不足です。

The American southwest on the other hand does have a very extensive infrastructure to move water. There are many canals and aqueducts. In fact, Los Angeles draws some of its water from aquifers as far as 1,500 kilometers away, from the Ogallala aquifer across the Rocky Mountains.

アメリカ南西部は、とてもはば広い水移動のインフラが有ります。水道と運河はいっぱい有ります。ロサンゼルスは1,500キロ離れている帯水層から水を取ります。その一つはOgallala帯水層、その水はロサンゼルスへ移動しながらロッキー山脈を渡ります。

The American Southwest is natural desert. There are even plans to move water from the Great Lakes region, over 2,500 kilometers away. This is because water sources in the American southwest are being over stressed by the increasing population, and disappearing because of global warming.

アメリカ南西部は自然に砂漠です。2,500キロ離れている五大湖から水を移動する計画が有ります。その計画の理由は、南西部で人口は増えているし、温暖化で水源地は少なく成っています。

Of course, the Great Lakes region is against the idea.

勿論、五大湖地区は、この計画に大反対です。

America has had a very luxurious life style since World War II. Everybody wants a nice big house with a swimming pool, and several cars to drive. Yet this is no longer possible. I have not been to Las Vegas, but I have seen photos. Many of the hotels have large pools for decoration only. Many others have large pools for swimming parties. And of course large fountains.

第二次世界大戦の終戦から、アメリカ人は贅沢な生活をしています。普通の国民の希望で、広い一軒家、プール、数台の車、これはあたりまえの生活です。しかし、地球の資源と天候を考えると、この生活ももはや不可能です。私はラスヴェガスへ行った事がないけれど、写真を見た事が有ります。ほとんどのホテルは、飾りだけのプールが有ります。他の広いプールは水泳パーティの為に有ります。勿論とても大きい噴水も有ります。

Las Vegas is natural deep desert. There is no water there naturally. In the near future, Las Vegas will have to drastically change its life style. As will all the people in Arizona and Los Angeles. Swimming pools at the very least will disappear.

ラスヴェガスは 自然に深い砂漠です。自然に、水は全然有りません。近い将来に、ラスヴェガスに住んでいる人達の生活は、大きい変化が有るでしょう。アリゾナ州とロサンゼルスの生活も変わります。少なくても、プールは無く成るでしょう。

The southeast in my opinion can still be saved from turning to desert. Roof gardens and water absorbent pavement will do a lot to help reduce the heat island effect of Atlanta. Even growing vines over parking lots could be a big help. But until the Atlanta heat island is reduced, rain will not naturally return to the American southeast. And then the southeast has a high possibility of turning into a desert that cannot be inhabited by human beings.

アメリカ東南部は、砂漠から救われるかも知れません。ルーフガーデン(屋根の庭)と低温アスファルト(三日間水分を保って、温度は14度低く成ります。日本開発)を、アトランタ市がヒートアイランドを減らすために利用するとずいぶんよく成ります。駐車所の上につるを植える事も助けになります。しかし、アトランタ市のヒートアイランドが消えるまで、アメリカ東南部に雨が戻りません。そうしましたら、アメリカ東南部は人間の住まない砂漠に成るしかないです。

http://www.weather.com/maps/activity/garden/usdroughtseverity_large.html


Thursday, August 21, 2008

何故私は大相撲を好き?  So why do I like Sumo?

When I first started watching Sumo, about 5 years ago, it simply seemed to be two guys going at each other.

5年くらい前に、私はお相撲を見始めました。最初見た時に、ただ二人のでかい男の試合と思いました。

Then if you watch about a week or so, you begin to see how the various techniques are used. And then you start to watch who will get Kachi-Koshi or not.

一週間ぐらい見ると、色々な決まり手が少しずつ分かります。だんだん、どの力士が勝ち越しに成るかと考え始めます。

By this time, you are hooked.

この所でもう中毒に成っています。

I cannot think of a sport in America that so totally becomes your life. A Sumo Rikishi does nothing but Sumo for his entire professional life. When you are beginning in the lower ranks, you are totally focused on trying to rise in rank, and to serve your superiors. This is made easier by the fact that all Rikishi live together in communal style in a Beya.

私の生まれは、アメリカです。お相撲に入門すると、力士の日常生活はすべて相撲です。アメリカでは、生活がすべてのスポーツは有りません。番付の低い位置にいる力士の集中する事は、自分の位置が上がるのと上の力士の世話をします。力士は全員が相撲部屋で共同生活をしていますので、相撲に集中しやすいです。


Once you rise to the higher ranks, you are still attending special events, and meeting with sponsors. Sumo becomes a way of life, and how you act off the Dohyo is just as important.

幕内に上がると、特別なイベント、スポンサーの付き合いとか色々の事で忙しいです。力士の生活はすべて相撲です。日常のマナーはとても大切です。

It is one aspect of Japanese life that has been unaffected by contact with the West.

江戸時代から相撲は変わっていません。明治維新から、日本社会で色々な所で西洋の影響が入ってきましたが、相撲はまだ純粋です。
And it is a very equal sport. There are no weight divisions. The smallest Rikishi will meet the biggest in the Dohyo. Winning or losing depends solely on ability.

とても平等なスポーツです。体重別で、力士は分けていません。土俵で一番小さい力士は、一番大きい力士と取り組みをします。

Sumo is a very visual sport, with much ceremony with ancient history. To watch the entrance ceremony of the Juryo and Makuuchi, with everyone in their Kessho Mawashi, and the special entrance of the Yokozuna, is a grand spectacle.

相撲を見るのはとても楽しいです。古代時代から残っている儀式はいっぱい有ります。十両、幕内、横綱の土俵入りで、力士たちは化粧まわしを付けます。素晴しい光景です。

I recommend to everybody reading this, if you have never seen a Sumo tournament go. You will be pleasantly surprised.

私の読者たちへ、お相撲場所をまだ見た事がないのでしたら、どうぞ、行って 下さい。楽しいですよ!



大相撲名古屋場所 Sumo! The Nagoya Basho

Well, in my profile I have written that I am Sumo fan and that is true. So let me make a few comments on the recent Nagoya Basho.

私は、自分のプロフィールで、大相撲大好きと書きました。この前の名古屋場所をちょっとお話しましょう。

OK, there are a few bright spots, but the first thing that jumps to mind is Yokozuna Asashoryu. 2 losses in the first two bouts and he is out. From rumors that I have read in the media, He hardly practiced at all. He seems to have been much more concerned that the summer tour be held in Mongolia, than his performance at the Nagoya Basho. I really think he should have practiced more instead of worrying about a summer tour in Mongolia. He should think about that after the Basho.

名古屋場所でいい事がいくつか有るけれど、まず横綱朝青龍を思い出します。最初の五つの取り組みで2回負けましたか?それで休場?新聞で読んだ噂で、あまり稽古をしなかったそうです。 名古屋場所よりモンゴル夏巡業の方に集中したみたいです。モンゴルの夏巡業を考えるより、まず名古屋場所の為に一生懸命稽古をした方がよかったと思います。場所が終わってから、夏巡業を考えるべきです。

To be a great Rikishi, it does not only mean that you have enough power to overwhelm your opponents. You must have dignity and bearing. In Japanese we call this Hinkaku. And here Asashoryu falls short.

素晴しい力士は相手に勝つ力だけではなく、威厳とbearingが必要です。日本語でこれは品格と言います。この品格の所で朝青龍は足りません。

Hakuho on the other hand, has the bearing of a great Yokozuna. He achieved Zenshyo, or a complete string of wins for the tournament. And his wins were all quality Sumo. One thing I like about Hakuho, once he has pushed his opponent over the Tawara, if he is able to, he will stop his opponents fall. That is extremely polite, and shows that he truly has Hinkaku. I think he is on the way to becoming a great Yokozuna.

しかし白鵬は素晴しい横綱に成るでしょう。名古屋場所で全勝でした。彼の取り組みは全部いい相撲でした。私が白鵬の好きな理由の一つは、取り組みに勝つ時に、相手力士が俵の外に出て、白鵬がよく手を出して相手の力士を落ちる事を止めます。とても丁寧です。やはりこれは品格です。白鵬は偉く成るでしょう。

Another example of awful Sumo was Russian born Wakanoho. When my wife and I watch Sumo on NHK, we listen to the English commentary. And the English commentators call him “Waka-no-no” for his style of Sumo. I remember his bout with Ama. In my mind, he did not beat Ama by any kind of Sumo. He merely fell on top of Ama, and got lucky. He does way too much Henka. And what is all that hand dance he does at the Tachi-ai? He has way too much ego, he should do much more basic practice. Another Rikishi famous for his Henka, Hokutoriki, shared the same dismal performance of 4 wins and 11 losses with Wakanoho. While Hokutoriki recently is not doing Henka, in the past he did it too much, so he never developed strong Sumo technique.

一つのひどい相撲のやり方は、ロシア生まれ若ノ鵬です。私と妻は相撲をNHKで見る時に、英語のコメンテーターを聞きます。英語のコメンテーターは彼の相撲を見て、ペットネームで“若ノノ”と呼びます。安馬の取り組みを覚えています。若ノ鵬は勝ったけれど、私の考えで相撲の決まり手で勝っていません。安馬の上に落ちて、運がよかっただけです。変化をやりすぎです。それと、立ち合いの時に何か変な手動きをします。私はその手動きを見ると、彼はうぬぼれが有りすぎに感じます。もっと基本的な稽古をするべきと思います。もう一人の変化で有名な力士は北勝力です。若ノ鵬と同じの4勝11敗でした。最近の北勝力はそんなに変化をしないけれど、以前やりすぎでしたから、強い相撲を開発していません。

Breaking News: Russian born Sumo Rikishi Wakanoho is presently being questioned by police, over the fact that he was found to be in possession of marijuana. It is highly likely that he will expelled from Sumo, and deported from Japan. I understand that his Oyakata let him live alone outside the Beya. This is a mistake. I am not at all against Rikishi from other countries doing Sumo, I think it is great. But they must follow all the rules, and live in the same way as any other Rikishi. I do not think foreign Rikishi should have any special treatment. Special treatment only encourages egoism, and does not build great Rikishi.

ニュース速報:ロシア生まれ力士若ノ鵬は警視庁で大麻を手に入った事について質問されています。相撲から追い出されて、日本から永久追放に成るでしょう。親方は若ノ鵬の一人生活を許した事をニュースで聞きました。私の考えではこれが間違いです。私は外国人力士が日本の相撲に入る事を、全然反対では有りません。とても素晴しい事と思います。しかし、外国人力士は相撲世界のルールをすべて従って、日本人の力士と同じ生活をするべきです。 特別扱いはだめです。特別扱いで力士はうぬぼれて、立派な力士に育ちません。

Now let us look at the Ozeki. When the Nagoya Basho began, there was speculation that Kotooshu could possibly become a Yokozuna. Well his final result of 9 wins and 6 losses show us that his previous Yusho was, for the time at least, a one-time wonder.

それでは大関を見ましょう。名古屋場所は始まる前から、琴欧州が横綱に成れるかどうかの推測が有りました。しかし9勝6敗の結果で、やはり、前場所優勝は特別でした。横綱に成るのはまだ早いです。

Now Kaio and Chiyotaikai. Kaio’s performance was OK, and Chiyotaikai did get rid of his Kadoban. But I recall that Chiyotaikai did several Henka, and in one bout he lost, I remember him flying over the Tawara like an airplane. These two guys seem to be only able to alternate between Kyujyo and Kadoban, and then to scrape by with a bare minimum Kachi-koshi. Come on guys, maybe it is time to retire.

それでは、魁皇と千代大海です。魁皇はまあまあでした。千代大海は角番をなくしました。千代大海は数回変化で勝ちました。一つの取り組み、千代大海は負けた時、俵の上を飛行機の様に飛びました。何か、魁皇と千代大海は休場と角番に成って、次の場所もまたぎりぎり勝ち越しをします。もしかしたら、引退の方がいいかも知れません。

Kotomitsuki did well with 11 wins and 4 losses, but can he keep it up? The Ozeki are supposed to make life hard for the Yokozuna. But these days the Ozeki seem to be concerned with mere survival.

琴光喜は11勝4敗でよかったけれど、次の場所でそのくらい出来ますか?大関は横綱に圧力を掛けるべき力士です。しかし最近、大関は生き残る事ばかり集中しています。

In the Sanyaku, Kisenosato and Kotoshogiku both ended up with Make-koshi. I think these guys have it in them, but they must find the fire in the belly.

三役では、稀勢の里と琴奬菊両方が負け越しでした。私の考えで、この二人は将来大関にでも成れると思いますが、もっと強い心を創らなければいけません。

Then we have Ama and Toyonoshima. Here is some excitement. I was particularly impressed by Toyonoshima’s win over Yokozuna Asashoryu. Way to go Toyonoshima! He certain to become Sekiwake, and next Basho we can look at two strong Sekiwake battling it out to become Ozeki.

次は、安馬と豊ノ島です。この二人を見ると刺激に成ります。初日で豊ノ島は朝青龍に勝った取り組みがとても印象に残りました。豊ノ島もこれから頑張ってほしい!豊ノ島は次の場所で関脇に成るでしょう。この二人の強い関脇の大関に成る戦いを期待しています。

In the Maegashira ranks, my favorite Rikishi, Homasho did OK at 9 wins and 6 losses, but his last win was by a Henka. That is not quality Sumo. I think he has the ability to get into Sanyaku, but no more Henka please. Toyohibiki got an exciting 10 wins. But I was also very impressed with the quality of Tochinoshin. Even though he only got 8 wins, I think we can expect more of him.

前頭の方で、私の一番好きな力士、豊真将は9勝6敗でしたが、最後の取り組みは変化で勝ちました。変化はいい決まり手ではないですから、もう豊真勝は変化しないでほしいです。豊響は素晴しい10勝をしました。でも、栃ノ心の相撲が印象になりました。8勝だけでも、これからだんだん番付を上がるでしょう。

As for most the rest of the guys, well they need to work harder. But really, maybe it is time for some of the Ozeki to retire. This could fire up some of the Maegashira to go for Ozeki and Sanyaku, and make for more exciting Sumo.

他の力士の方にはもっと頑張ってほしいです。しかし、 ベテラン大関は引退する時間です。前頭の力士が大関や三役に成る可能性がはっきり見えたら、 頑張る動機を与えるかも知れません。



Saturday, August 16, 2008

Americanisms II アメリカの独特な英語

日本は今夏です。雷雨の嵐で強い雨がよく降ります。少しでも、大雨関係の英語を勉強しましょう。

Thunderstorm

雷雨の嵐です。”Thunder”はその雷鳴です。

Thunderhead

雷雨嵐の雲です。何故アメリカ人はこの単語を使うのか、遠くから見ると、雲上分の所が平いいです。何か、雲は頭が有ると見えます。

Anvilhead

これも雷雨嵐の雲です。私が育ったウィスコンシン州でよく言いました。雲上分は鍛冶屋の鉄床(かなとこ)の形を見えます。

Lightening

雷電の事です。

Lightening Strike

雷撃の事です。

Blackout

停電の事です。アメリカは雷撃でよく停電になります 。

Power Surge

電気の強い波です。アメリカで、電線に雷撃が よく当たります 。テレビとコンピューターは爆発します。電話からすごく不思議な音が鳴ります。そんな時に、人が電話中でしたら、電気ショックで死にます。同じように、雷雨の時はお風呂も危ないです。何故か、水道管は金属です。家の近くに雷撃が有りましたら、電波は金属水道管で流れて、お風呂に入っている人は電気ショックで死にます。

Cloudburst

直訳で雲が爆発と言う意味です。大雨と言う事です。

Flash Flood

突然の洪水の事です。雷雨でよく有ります。

Muggy

蒸し暑いと言う事です。

The angels bowling in heaven

天国で天使たちがボウリングをしています。よくアメリカで雷雨の雷鳴が有ると、子供が怖がります。そこで、アメリカのお母さんが言います。意味は、“心配しないで。その音はただ天国で天使たちがボウリングをしているだけですよ。



Sunday, August 10, 2008

太平洋戦争の終戦  The end of the Pacific war

It is now August in Japan. In August, we always remember the end of The Pacific War. As I mentioned in my self-introduction, I have made a study of military subjects since I was young. Well now I would like to write about World War II. Even today, there are many misconceptions about the war, particularly in America. Americans have a very romantic vision of the war. They think of it as the “Good War” one that was easy to understand. Also, Americans think that the United States won the war by itself.

日本は今8月です。8月は、太平洋戦争の終戦を思い出すまたは考える時です。このブログの自己紹介で、私は若い時から戦争の歴史を勉強していると書きました。それで、これから、第二次世界大戦の事について書きたいと思います。現在でも、普通の人はその戦争に対して分かっていない事がいっぱい有ります。アメリカの場合は、特にもっと沢山有ります。アメリカ人は、その戦争に対して、とてもロマンチックな考え方をしています。アメリカ人の考えで、“いい戦争”と理解しやすく、 アメリカは自分達だけでその戦争を勝ちましたと思っています。


And another thing, in the Pacific War, Americans believe the dropping of two atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki were the cause of Japan’s surrender.

それと、アメリカ人が、広島と長崎に落とされた原爆は、日本の降伏の主要な原因と信じています。

These two beliefs are not true, and I will discuss them here.

この二つの考えは、本当では有りません。これからその真実を書きたいと思います。

First of all, America did not win World War II. The Soviet Union did. When America and Great Britain invaded the coast of France in Normandy in June of 1944, only some 20% of the German Army was in France. The other 80% was on the Eastern front facing the Russians. This did not change at all during the war in Europe, even up to the fall of Berlin.

第一に、アメリカは第二次世界大戦を勝っていません。それはソビエト連邦でした。1944年6月にアメリカ軍と英国軍がフランスのノルマンディー地区に上陸しました。その当時、ドイツ軍の2割はフランスにいました 。あとの8割は、ロシア前線で戦いました。この割合は、ベルリンの最後の戦いまで変わりませんでした。

True, some of the best units did fight against the Americans and British, but without the Soviet Army, the Anglo-American invasion of Europe would have been impossible.

ドイツ軍の一番強い師団のいくつかが、英米軍に戦った事は本当ですけれど、ソビエト軍がなければ、英米軍のヨーロッパ上陸は不可能でした。

Now did the dropping of two atomic weapons force Japan to surrender? No, I do not think so. Here again the primary reason for the Japanese government to surrender was the entry of the Soviet Union into the war.

日本の降伏の主要な原因は、この二つの原爆でしたか?私はそう思いません。また降伏の主要な理由は、ソビエト連邦が日本との戦争を開始した事でした。

Let us take a closer look at the situation of Japan in the summer of 1945. At the Casablanca conference of the Allied powers in 1943, President Roosevelt of the United States suddenly came up with the concept of “Unconditional Surrender”. I believe this was said mostly for the American people at home, I also think it was a major mistake.

1945年夏での日本の状態を考えましょう。1943年に、モロッコのカサブランカ会談でアメリカ大統領ルーズヴェルト氏は突然、ドイツと日本に“無条件降伏”を宣言しました。最初に英国とソビエト連邦はこの宣言に反対でしたが、アメリカの圧力で認めました。私の考えで、当時ルーズヴェルト大統領は、この宣言の意味を深く考えませんでした。しかし、アメリカ国民の為に、こう言う強い宣言はけっこう魅力が有りました。私の意見では、この宣言はアメリカの一つの大きな間違いでした。

In June of 1944, American forces invaded the island of Saipan. The Japanese fleet sailed to battle with the American fleet, but in the fight lost three aircraft carriers and some 600 aircraft. America only lost 123 planes. And all Imperial Japanese forces on Saipan were also lost.

1944年6月、アメリカ軍がサイパン島に上陸しました。日本帝国海軍機動部隊は、アメリカ艦隊との戦いへ進行しましたが、日本の航空母艦三隻は撃沈し、軍用機600機が落ちました。アメリカは、軍用機123機だけを失いました。勿論、サイパン島にいた帝国陸軍兵隊達はすべてを失いました。

So by the summer of 1945, the Japanese government knew that Japan could not win the war. And they also knew that America would soon invade Japan. However, the phrase “Unconditional Surrender” was very frightening. Many Japanese leaders and people were afraid it meant that Japanese might become slaves of the Americans, or to suffer some other terrible fate.

これで、1945年夏に、日本政府は戦勝が不可能と分かりました。それと、アメリカ軍は間もなく日本列島に上陸すると分かりました。しかし、この“無条件降伏”宣言は怖かったようです。多くの日本のリーダー達と国民の考えで、日本人は降伏後アメリカ人の奴隷に成るか、それとも他にもっとひどい運命が有るという恐れが有りました。

So it was felt that Japan would have to prepare for a final battle, that would force America to call off it’s offensive, and surrender could be negotiated. The Japanese military did know America’s invasion plans. There was to be an invasion of southern Kyushu in November 1945, followed by an invasion of the Kanto plain in March 1946. The American Kyushu plan was to secure a front line from Sendai city in Kagoshima prefecture, to Hyuga city in Miyazaki prefecture. Kagoshima bay was then to be used as a base for attacking the Kanto plain.

この事を深く考えて、日本政府の結論は、南九州で最後の戦闘の準備をします。この最後の戦闘に勝ちましたら、アメリカは日本列島上陸作戦を辞めます。これで、日本が条件付き降伏を交渉する事が可能に成ります。日本帝国軍隊総司令部は、アメリカの日本列島上陸作戦計画をだいたい分かりました。アメリカの計画は、1945年11月に南九州に上陸して、1946年3月に関東平野を侵略します。アメリカの南九州での目標は、鹿児島県川内市から宮崎県日向市までの前線をとる事でした。それで、鹿児島湾は、翌年の春、関東平野侵略の為に軍港の利用が出来ます。

I believe that if America had invaded Kyushu, the invasion would have failed, and most of the US force destroyed. There are two reasons for my belief.

私の考えでは、アメリカが南九州に侵略したら、その作戦が失敗に成ると思います。ほとんどのアメリカ部隊と艦隊は、滅びると思います。この考えには、二つの理由が有ります。

The first is that US planners at the time seriously under estimated the number of Japanese aircraft still existing. They felt that there were some 2,500 Japanese planes in the main Japanese islands. The true total was more than 12,000. A primary weapon of the Japanese military were the Tokko pilots. The first engagement would have seen some 2,300 planes fighting the American Naval Air forces, with some 825 Tokko pilots attacking the transports. And here was a difference from previous battles. When Tokko attacks had been used previously, they were against American warships. In the battle of Kyushu, the primary targets were changed to transport ships, full of infantry. As the American invasion fleet approached closer, some 2,000 more Tokko pilots were to attack. America had some 250 transport vessels for the invasion; I think the majority would have been sunk.

まず、アメリカ軍総司令部上陸計画者が、日本列島に残っている軍用機の数を低く評価しました。彼らは日本列島に軍用機は2,500機しかないと考えました。本当の数は12,000機以上でした。この軍用機の中で、特攻隊は半分ぐらいでした。日本総司令部の計画で、アメリカ艦隊が日本列島の近くに来ると、反撃を始めます。2,300機の日本軍用機はアメリカ海軍軍用機と戦いながら、825機特攻隊がアメリカ歩兵が乗っている上陸専用輸送船に攻撃します。これは、以前の日本軍とアメリカ軍の違う作戦でした。以前特攻隊をつかった時に、主な攻撃目標はアメリカの軍艦でした。九州の戦いでは、初めて輸送船を狙う作戦でした。またアメリカ上陸専用輸送船は九州の近くに来ますと、他の2,000機の特攻隊は次から次に攻撃します。アメリカ艦隊の歩兵が乗っている上陸専用輸送船は250隻ぐらい有りましたが、私の考えで半分以上は沈んだでしょう。

Once Americans had landed on Kyushu, there were many Japanese troops dug into very heavily fortified positions. In fact, Japanese troops in southern Kyushu outnumbered Americans. There were some 790,000 Japanese to fight 550,000 Americans. The terrain of Kyushu is very mountainous. Conventional military theory will tell us that to succeed, America would have needed something like 5 times the number of defenders.


アメリカ海兵隊と陸軍は九州に上陸してから、日本軍は強い防備施設で待っていました。南九州で日本帝国陸軍兵は790,000人が居まして、アメリカ艦隊に乗っている歩兵の数は550,000人でした。九州は山がたくさんある所です。軍事論理で、アメリカはこう言う所で作戦を成功する為に、守る兵の数より攻める兵の数が5倍必要です。

The invasion would have failed. The plan of the Japanese government was to then negotiate a surrender with the American government, using a neutral country as an intermediary. The country chosen was the Soviet Union. It was chosen because it was the only large country still neutral to Japan. As we will see, it was a bad choice.

アメリカの日本列島上陸作戦は失敗に成ったでしょう。日本政府の計画は、この戦いのあとで、中立国の仲介を利用して、アメリカ政府と条件付き降伏交渉の始まりでした。この仲介国に、ソビエト連邦を選びました。選択理由は、まだ日本に対して中立な大国でした。しかし、これから私が説明しますが、これはとても残念な選択でした。

However, the Soviet Union attacked Japan in August of 1945. Soviet forces quickly overran the Japanese armies in Manchuria, Sakhalin, and the Kurile islands. In Manchuria, Japanese forces, despite being numerous, could not cope with the very strong Soviet tank forces. Japan had little experience at tank warfare in open terrain. The Soviet Union had just finished destroying the German tank armies, which had been the best in the world, until the Russians beat them. And the best Japanese forces had been withdrawn from Manchuria for action in the Philippines and the Home Islands.

1945年8月にソビエト連邦軍は日本に攻撃を開始しました。ソビエト軍は早速に千島列島、樺太、(サハリン)と満州をとりました。満州では、日本軍は数多くいても、ソビエト軍の強い戦車軍との戦いは出来ません。日本はこの時までに、大平野での戦車部隊戦の経験が有りませんでした。ソビエト軍は、ヨーロッパでドイツ戦車軍に勝ったばかりです。第二次世界大戦では、始めはドイツの戦車部隊は世界一でした。ソビエト軍は戦車部隊作戦をよく学びました。それと、フィリピン列島と日本列島で戦う為に、満州から数多くのいい師団は移動させられていました。

I do think the Atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki did shock the Japanese government, but they were not the primary reason for surrender. The primary reason was the entry of the Soviet Union into the war and the quick destruction of Japanese forces. Most Japanese troops in the Japanese Home Islands were concentrated in Kyushu and the Kanto plain. The Soviets would have had an easy time to invade Hokkaido.

広島と長崎に落とされた原爆は、その当時日本政府にショックを与えましたが、主要な降伏の理由ではなかった、と思います。主な理由は、ソビエト連邦との戦争に戦い 、ソビエトと戦っている日本軍が突然滅びる事でした。日本列島に居た日本軍は、ほとんど南九州と関東平野に集中していました。ソビエトは、北海道に侵略する事は簡単でした。

So why did America use the atomic bombs? Well, because they existed. America first began the construction of Atomic weapons out of fear that Hitler would make them. As the war went on, it was discovered that Germany was not really trying hard to build an atomic weapon, the research was very basic. However the American program was continued. The fact is, once a governmental program is begun, it is rarely canceled. By the middle of 1945, America had three atomic weapons. One was tested in the US in July 1945, and then two were dropped on Hiroshima and Nagasaki.

どうして、アメリカは原爆を利用しましたか?やはり、持っていましたから。第二次世界大戦の始まりに、アメリカ政府はドイツのヒトラー政権が原爆を造る恐れが有りました。それで、アメリカは自分達で原爆開発を始めました。戦争中で、だんだんアメリカはドイツの研究がそんなに一生懸命ではないと分かりましたが、それでもアメリカの原爆創造研究は進みました。正直に言うと、有る政治活動を始めると、ほとんど中止に出来ません 。1945年夏までに、アメリカは原爆3個を造りました。一つは1945年7月にアメリカの砂漠でテストとして使われ、 あとの二つは広島と長崎に落とされました。

In fact, the entire air war against Japan was not necessary. When war began, there were two arguments on how to proceed. General Mac Arthur, of the US Army, argued for an advance through New Guinea to the Philippines. Admiral Nimitz of the Navy wanted to attack Japanese island bases in the central Pacific, and isolate Japan from resources in Southeast Asia. Both plans had political backers, so both were done. But it was the Navy’s plan that was correct. Frankly, the Army was not very necessary in the Pacific war, it was a Naval conflict.

正直に言うと、軍事的にアメリカ陸軍空軍が日本に行った空襲作戦は必要有りませんでした。アメリカと日本が戦争を始めた時に、アメリカ側から進み方に対して二つの意見が有りました。陸軍マッカーサー将軍の作戦は、ニューギニア島経由フィリピン列島まで進む事でした。海軍ニミッツ将軍計画は、中央太平洋日本島基地に上陸して、東南アシア資源地と日本列島のつながり線を切ります。両方の作戦は、アメリカ国内で強い政治家のバックがいましたが、結局両方の計画を進みました。しかし、海軍の作戦は正しかったです。太平洋戦争ではアメリカ陸軍はそんなに必要なく、基本的に海軍合戦でした。

The entire US Army air campaign that fire bombed Japanese cities was also not necessary. United States Navy submarines had sunk most of Japan’s merchant ships by 1944, so Japanese industry was mostly non functional by 1945. Japanese cities were bombed because America had the forces to do so, as German cities had been bombed. By the way, American and British air forces also failed to destroy German industry. Production of aircraft in Germany peaked in 1944, despite the bombing.


アメリカ陸軍空軍がほとんどの日本列島の大都市に焼夷弾空襲、これも必要有りませんでした。1944年までに、アメリカ海軍の潜水艦は日本貨物船の8割を沈没させましたが、1945年で日本列島の産業はほとんど不可能でした。アメリカはその爆撃機の部隊を持っていましたから、利用しました。ドイツの大都市も同じでした。ところで、英米空軍がドイツ大都市に行った空襲は、ドイツ産業に影響が有りませんでした。ドイツ軍用機産業のピークは、1944年でした。これも、英米空軍空襲のピークでした。

I am not trying to say here that Americans are bad people. Far from it, in general, Americans are a very kind and generous people. However, when people build a weapons system, there will be strong pressure to use it. And here is where all people of the world must be careful.

私は、アメリカ人が悪い国民と言っていません。アメリカ人は、寛大な、優しい人々です。しかし、人間は武器を造ると、それを利用する圧力が自然に出ます。これが、世界の人々が、注意をするべき事です。


In one way it really was a good war for America. A lot of US troops were killed. Yet no country bombed American cities, no country invaded the United States. I have written that the Soviet Union won the war. Yet 25 million Soviets died, and the most productive industrial and agricultural areas of the Soviet Union were devastated. For a long time after the war, the American economy dominated the world. That is now changing, and this too is difficult for Americans to understand.

有る考えで、アメリカにとっていい戦争でした。アメリカ兵は、いっぱい死にました。しかし、アメリカ国内は侵略されませんでした。アメリカの大都市は、空襲されませんでした。私はソビエト連邦は第二次世界大戦を勝ったと書いています。それでも、ソビエト連邦国民25、000,000人が死にましたし、ソビエト連邦の一番いい産業地と農産地は戦場に成りまして滅びました。第二次世界大戦後何十年間は、アメリカ経済は世界一でした。現在それもだんだん変わっていますが、この変化もアメリカ人には理解しにくいです。

It is my feeling that Japan and America came to war by accident, basically over the question of who would control China. Well neither country does. Wars are terrible things, and really do not solve anything.
However, both of our countries have been good friends for the last 63 years, and I hope that it will continue.

私の気持ちで、アメリカと日本の戦争は、お互いに間違いでした。基本的な問題は、どちらの国が中国をコントロール出来たかです。やはり、どちらも出来ませんでした。戦争は恐ろしい事で、どんな問題でも解決に成りません。しかし、現在、アメリカと日本は63年間とても友好な関係が有ります。永遠に続いてほしいです。

http://home.att.net/~sallyann4/invasion2.html