Wednesday, January 7, 2009

爆笑問題太田総理と田母神氏 Mr. Tamogami on the Bakushiomondai TV show

On December 26th, I saw a special broadcast of Bakusho Mondai, Ohta Sori. Mr. Tamogami was featured as a guest. I have also appeared on that show, as a wedding Pastor, on December 21st, 2007. The topic was, “Should Christmas dates be banned?” I voted yes.

2008年12月26日、テレビで爆笑問題「太田総理」の特別番組を見ました。田母神氏は、ゲストとして出演しました。私も、パネリストとして、その番組に出た事が有ります。2007年12月21日放送で、 結婚式牧師として、その時のテーマは“クリスマスのデートを禁止します”。私は賛成でした。

On November 13, 2008, I posted my analysis about how America did pressure Japan to attack the US and European colonial powers in South East Asia.

2008年11月13日に、このブログで、太平洋戦争時に、アメリカがヨーロッパの東南アジア植民地に、日本の南進がアメリカの圧力でされた事の分析をポストしました。

I think Mr. Tamogami is making statements about World War Two out of a sense of frustration.

But first, let me bring up two big mistakes that he makes in his essay.


私の考えでは、田母神氏は挫折の気持ちで、その第二次世界大戦についてお話しています。しかし、始めに、彼の論文の二つの大きな間違いを教えましょう。

One, there is no evidence that The Comintern, or International Communism, manipulated Japan into war. And Chiang Kai Shek did not have a plan to lure Japan into war. The incident at the Marco Polo bridge was an accidental collision.

最初に、コミンテルンそれとも国際共産主義運動が日本南進攻撃を秘密計画でされた事について、証拠が有りません。蒋介石も日本の中国に侵略する誘惑的な計画が有りませんでした。盧溝橋事件は偶然でした。

Two, however more importantly, Mr. Tamogami says that Japanese troops did nothing wrong in China. This is simply not true. Japanese troops did many bad things in China.

しかし、もっと大切な事は、田母神氏が日本軍は中国で悪い事をしていませんでした。これは本当では有りません。日本軍はけっこう悪い事をやりました。

And many foreigners use such statements, like what Mr. Tamogami is saying, to attack Japan. These foreigners say that Japan has not learned a lesson, that Japan still wants war. They ignore apologies given by former Prime Minister Murayama, and instead concentrate on statements like what Mr. Tamogami is making.

多くの外国人はこの様な発言、田母神氏の発言の様な、日本に非難する為に利用します。これらの外国人の話しで、日本は学んでいません、また戦争をしたい国です。村山元総理大臣の謝罪を無視して、 替わりに、田母神氏の様な発言に集中します。

The truth is, Japanese conduct in China was no different than any other country fighting a guerrilla war. Nanking was an exceptional event, and I do believe that well over 100,000 Chinese people were killed by the Japanese army. But the Japanese Imperial Army itself was shocked by this event, and took steps to see that it did not happen again.

真実は、中国で日本帝国軍隊活動が、他国のゲリラ戦活動と違い有りませんでした。南京事件は特別でしたが、私の考えで100,000人の中国人が日本軍に殺されました。しかし、帝国陸軍司令部はこの事件でショックに成って、この様な事件を再び起こらない様に活動しました。

And there were no further incidents like Nanking. The thing is, the war in China was basically a guerrilla war. And guerrilla wars are the most terrible kind. Guerrillas do not wear uniforms. Any woman or child could be an enemy. So is natural that eventually troops will treat every person in the country like an enemy, and kill many people.

実は、南京みたいな事件を繰り返ししませんでした。正直に言うと、日中戦争は基本的にゲリラ戦争でした。ゲリラ戦争は最も恐ろしいです。ゲリラは軍の制服を着ません。どんな女性も子供も敵かも知れません。それで、だんだん軍隊はどんな人でも敵と思って、数多くの人を殺します。

There is no such thing as a kinder gentler war. And wars change the hearts of men. You can have people enter a war for idealistic reasons, to protect their Nations. But in war, it is inevitable that one will do evil, and that a person will be changed by the experience.

優しい、親切な戦争は有りません。それと、戦争で、人間の心は変わります。理想的な理由で、例えば国を守るために、人が戦争を始めるかも知れません。戦争で、人は悪をする事が自然です。その経験で、人の心が変わります。

Now in America, we are again going through this experience. During the Bush Administration, America has invaded two countries, Iraq and Afghanistan. Americans have killed and tortured many people, for no reason.

現在アメリカ人はこの問題を行っています。ブッシュ政権でアメリカは二つの国に、イラクとアフガニスタンに侵略しました。アメリカ人は、理由無しでいっぱいの人を拷問と殺しをしました。

But Americans ignore this. In the American media, you will find no discussion about how many Iraqi’s have died because of America’s war. My estimate, and that of British media, is well over one million Iraqi’s dead, 2.5 million refugees in neighboring countries, and 2.5 million internal refugees. And their lives are pitiful.

しかし、アメリカ人はこの事を無視しています。アメリカのマスコミに、このアメリカが始めた 戦争で、イラク人それともアフガン人死亡数議論が有りません。私と英国のマスコミの概算は、イラクで百万人以上死亡、隣国に2.5百万人亡命者、イラク国内で2.5百万人亡命者です。哀れな生活をしています。

But if I were a journalist in America, and if I wrote such things, I would certainly be forced to quit my job. Americans in general refuse very strongly to face the truth of what America has done.

私がアメリカ国内でマスコミのジャーナリストでしたら、そう言う事を書きましたら、絶対仕事を辞めさせられます。ほとんどのアメリカ人は強気にアメリカの行った事を無視しています。

The American media makes excuses. Torture or bombing is explained away by saying that “there must be a good reason.” If the leader of some other country did what America is still doing, there would be outrage. But when Americans do it, excuses are made.

アメリカのマスコミは弁解しています。拷問でも空襲でも“いい理由が有ったでしょう”で説明されています。他国のリーダーがこのアメリカが現在でも行っている活動をしましたら、アメリカ人が怒ります。しかし、アメリカ人は自分でする時に、弁解します。

However, why do I say that I think Mr. Tamogami is frustrated? Well, to get to his position as commander of the Japanese air force, I am assuming that he has had much contact with American diplomatic and military personnel. Virtually all Americans believe that World War Two was a correct war for America, and that America gave Japan and Germany the gift of Democracy.

何故、私は田母神氏が挫折をしていると書いていますか?やはり、航空幕僚長に成るために、アメリカ人の外交官と軍人とよく縁が有ったでしょう。ほとんどのアメリカ人は、アメリカについて第二次世界大戦は正しい戦争と信じています。それと、アメリカから日本とドイツに民主主義の贈り物を与えたと信じています。

This is not at true. However, if you meet Americans, they will talk about this always. They feel that Japan owes some moral debt to America. I do not believe that this is true in any way. It was a horrible and awful war.

これは、真実では有りません。しかし、アメリカ人と出会ったら、 よくこの話をします。アメリカ人は日本が何かアメリカに恩が有ると思っています。私は全然この事を信じません。ひどい、恐ろしい、戦争でした。

The present Bush administration has been particularly obnoxious; President Bush has made public statements that the Iraq war would go well because America installed Democracy in Japan and Germany. That is fantasy, and it might be amusing except that so many have died for America’s fantasy.


現在のブッシュ政権は、特にこの事について不愉快です。ブッシュ大統領はよく、昔アメリカがドイツと日本に民主主義を与えたから、イラク戦争も上手く成るでしょう。これは空想ですが、人によってはこの話を笑うかも知れません。しかし、この空想で数多くの人は死んでいます。

The Bush administration has put a lot of pressure on Japan to send troops to the Middle East in support of America’s wars.

ブッシュ政権が日本に中近東へ自衛隊を出し、アメリカ戦争を支持する為に、 強い圧力を賭けました。

And Americans have always failed to see the truth of World War Two. American Army Air Force General Curtis Le May was the architect of the fire bombing of Japanese cities, and the dropping of two atom bombs on Japan. Yet on December 7th 1964 the Japanese government awarded him a medal, The Grand Cordon of the Order of the Rising Sun.

アメリカ人は第二次世界大戦の本当の事を知りません。日本に空襲と原爆を指令したのは当時アメリカ陸軍航空隊カーチスルメイ大将でした。しかし、1964年12月7日に日本政府は 勲一等旭日大綬章を与えました。


General Le May killed over a million Japanese people; there was no military purpose to the bombing of Japan. Yet Japan was forced to thank him for that.

ルメイ大将は百万人以上の日本人を殺しました。その空襲は、軍事的な理由は有りませんでした。しかし、日本政府は彼に感謝するとさせられました。

This is one part of the Japanese American relationship that is still very unhealthy. I think it is time for Americans to consider our actions more deeply, and to learn the truth of history. And I also think Americans should give up the concept that America is the single one exceptional nation in this world, and understand that America is one of a family of nations.

アメリカと日本の関係で、この事はまだ不健康です。私は、そろそろアメリカ人は現在の活動をもっと深く考えるべき、それと、歴史の真実を勉強するべきと思います。それと、アメリカ人はアメリカが世界で一つだけの素晴らしい国の考えを捨てるべきです。だんだんアメリカは色々な国々の家族の 一つの 国になる事の理解を始める方がいいと思います。



Marco Polo bridgeは英語で盧溝橋の事です。


No comments: