Saturday, November 21, 2009

Military Science 軍事科学 The future of Japanese Diplomacy 日本外交の将来

But would there really be a war?

しかし、どこかの国は本当に日本に攻めますか?

Now let's talk a little about war. Would some nation truly attack Japan? I will say something clearly. Wars are begun for profit. A nation attacks another in order to gain something. Of course, war is also a risk. The target nation has it's own forces. One cannot always be sure of the outcome. In warfare, there is what I call the rule of three. In general, it means the attacking force must have three times the number of defenders in order to be sure to win. This is assuming that we are on flat open terrain, weapons and training levels in both forces are equal. However, if the defender is in difficult terrain, such as a town, mountain, or behind a river, we need many more attackers to be sure of winning, something like five to one.

これから戦争の理論を説明します。どこかの国は、本当に日本に攻撃しますか?一つの事を私がはっきり言います。戦争は、利益の為に始まります。何かを取るか貰うかで国が戦争します。勿論、戦争は損害の危険性が有ります。標的な国は自分達の軍隊が有ります。戦争が始まって、結果ははっきり分かりません。戦争をすると、私は”3のルール”と呼んでいる基準が有ります。このルールと言う意味は、だいたい、戦場で勝つ為に守る軍の数より攻撃軍は3倍の数は必要です。これは平な地形で、両軍は訓練と武器は平等なレベルで有る場合です。しかし、守る軍は複雑な地形で戦っている場合、例えば山、街、それとも川の背後に、攻める軍はもっと数が必要です、5対1位必要です。

Japan is an island nation, and amphibious warfare is one of the most difficult of all. To successfully invade Japan, a nation would need something like ten to one as many troops.

日本は島国ですから、上陸作戦は最も難しいです。日本列島の侵略を成功する為に、多分10対1の兵士の数は必要です。

But there is another factor involved here. A force invading Japan would have to cross the ocean, they must first destroy the Japanese Navy and Air Force to be successful. Also, remember that an attacking force will be operating far from their home bases, while Japanese defenders are close to their bases. This means that damaged Japanese ships and aircraft will tend to be recovered and repaired, while the enemy will lose them.

しかし、もう一つの要因が有ります。日本に侵略する為に、どこかの国の軍は海を渡らなければなりません。その海上移動が成功に成る為に、その前に日本海上自衛隊と航空自衛隊を完璧に絶滅しなければなりません。それと、攻撃軍は自分の軍基地から長距離で戦いますし、日本を守る自衛隊は基地の近くで戦います。この意味は、敵軍は戦闘損傷した軍機と軍艦はほとんど失いますが、日本自衛隊の軍機と軍艦はほとんど何とか日本基地に戻って、修理して、再び戦場へ戻ります。

There is no force on the planet today that can invade Japan. In World War II, by 1942, both Japan and America had seriously damaged each other's Naval carrier forces. America could build more ships more quickly than Japan could, and that is the reason that America won. The only reason. Only in the Philippines and New Guinea could the US Army successfully fight against the Imperial Japanese Army. And that was overwhelming force. Even on the island of Okinawa, the US Army gave up and had to be replaced by Marines. Most of the island fighting in the Pacific was done by US Marines.

現在、日本に成功的侵略を出来る軍隊は有りません。太平洋戦争で
1942年までに、アメリカと日本は両方の航空母艦の艦隊を戦闘損傷それとも沈没されました。しかし、アメリカは日本より新しい軍艦と軍機を造る力が有りましたから、その理由で、アメリカが勝ちました。アメリカの勝利はその理由だけです。ピィリピン諸島とニューギニア島だけで、帝国陸軍に成功が出来ました。アメリカはそこで圧倒的に武力が有って勝ちました。沖縄の戦いで、アメリカ陸軍は日本帝国陸軍と戦いを諦めまして、アメリカ海兵隊と交代しました。太平洋戦争で、アメリカ側の戦いはほとんど海兵隊が行いました。

My point here is that Japanese make excellent soldiers. Many of my Japanese friends tell me that we need Americans to protect Japan, because Japan is too weak to do it ourselves.

ここで、私が書きたいポイントは、日本人は立派な兵士に成ります。私の日本人友達から、”日本人は弱くて、防衛の為にアメリカ人が必要です。”

This is not true at all. In my paragraphs above I have tried to show this. The truth is, an American military presence is no longer necessary for the defense of Japan. They can go home now.

これは全然違います。私はこの上記節で日本の本当の力を教えるつもりです。正直に言うと、日本を守る為にアメリカ軍はもう必要有りません。アメリカへ帰って大丈夫です。

But why are US troops still here? there is only one reason, power projection for American interests across the world. The Middle Eastern wars are a prime example. However, these Middle Eastern wars do not serve Japanese interests. What few terrorists exist can easily be handled by police forces. Also, these wars do not serve any American interest. It seems as if the US military is on autopilot.

それに、どうしてアメリカ軍はまだ日本に居ますか?理由は一つです。アメリカ軍は、世界中で戦力展開です。しかし、この中近東戦争は日本の利益に成っていません。テロリストは数人しか居ません、警察の仕事です。アメリカもこの戦争で利益に成っていません。やはり、アメリカ軍隊は自動操縦みたいです。

In the Middle East, the US military has been defeated. The US military just refuses to understand this. It is high time to find a new basis for the Japanese/American relationship other than military power.

中近東では、アメリカ軍はもう負けています。アメリカはこの真実を理解したくないです。現在までに、アメリカと日本の関係は軍事協力でした。これから新しい関係を創らなければなりません。

私のこの前のポストにコメントが来ました。その読者の恐れは、アメリカ軍が撤退しましたら、中国はすぐに尖閣諸島に侵略します。私は心配有りません。

If China invades the Senkaku's the costs will outweigh any benefit. Also, Japanese forces alone are powerful enough to defeat a Chinese invasion. China has much more to gain in cooperation with Japan on a technological level, rather than invade some territory.

もし中国は尖閣諸島に攻撃をしましたら、そのコストは利益より大きいです。日本自衛隊だけでその攻撃に勝ちます。これから日中関係で、攻撃より中国は日本と協力で利益が高く成ります。


The future of Japanese Diplomacy.

日本外交の将来。

I see Japanese Diplomacy having four directions in the future. These are America, Russia, China, and the southern direction.

私の想像で、将来の日本外交は四方面が有るでしょう。この四方面は、アメリカ、ロシア、中国と南方です。

America: America is a very complex issue. There are almost no Americans who realize the depth of problems facing the nation. America is fighting wars very far their homeland in the Middle East. To the Americans, they feel it natural that Japanese participate in such wars. But wars in the Middle East have no benefit for Japan, in fact they are dangerous.

アメリカ:アメリカはとても複雑な問題です。現在のアメリカの問題を理解しているアメリカ人はほとんど居ません。アメリカは中近東で本国から長距離の戦争中です。アメリカ人の考えで、日本自衛隊も協力して一緒にその戦場への参加はあたりまえです。しかし、中近東戦争は日本に利益が有りませんし、やはり危険です。

At home, America is facing a complete collapse of it's internal transport system. Virtually all American transport is based on oil, and oil is quickly running out. Americans place their faith in discovering new sources of oil, or the invention of new technology. The fact is there is no technology that can revamp the US transport system in time. And there are no more big new oil fields. It would take 20 years to replace all cars in America. At best, before transport collapse in the US there is some 5 years from now from lack of oil. What this will mean it will become impossible to travel inside the US, and food will not come to the cities. People will stave.

本国で、アメリカは国内運送システムはまもなく崩壊でしょう。アメリカの運送システムはすべて石油を利用していますので、石油はもう消えています。アメリカ人は新しい油田をどこかで発見しますか、それか新しい技術は開発されるでしょう。真実はアメリカの運送システムを急に作り直す技術は有りません。それと大きい新しい油田は有りません。アメリカに有る車を全部新しい車に取りかえる事は20年かかります。しかし、石油減らしでアメリカ運送システム崩壊は後5年位でしょう。この結果は、アメリカ国内で物でも人でも運送出来なく成って、食料は大都市まで運べません。アメリカ国民は餓死します。

American agriculture is based on single crops, one type of corn or wheat, one type of cow or pig. These are raised on massive corporate farms. However, the climate is changing very rapidly, and these crops and animals will not survive. Drought is becoming more serious every year, and deserts will increase greatly across the American continent. What Americans do not realize is that the American Plains States are naturally semi desert. Now they are the breadbasket of America, but the water comes from underground aquifers. It is not being replaced , it is almost gone.

アメリカの農業産業は単作経営です。トウモロコシ、それとも麦の一つの種、牛でも豚でも一つの種しか有りません。これは、強大な企業農業で育っています。しかし、気候は温暖化で急に変化しています。毎年干ばつは厳しく成っています。これから、アメリカ大陸で砂漠は広く成ります。アメリカ人は分かっていませんけれど、アメリカ大平原諸州は自然的に砂漠に近い地区です。現在この地区はアメリカの穀倉地帯ですが、利用されている水が帯水層から取っています。その低下水の水は消えています。

Japan can help by building high speed Bullet Trains, but because of the stupidity of American financial institutions, America cannot pay for them. They would have to be owned and operated by Japanese companies.

日本はアメリカで新幹線を創れば助かりますけれど、アメリカの金融企業の馬鹿な失敗で、アメリカはその新幹線の支払いは出来ません。やっぱり日本の企業は直接金融を経営しなければ成りません。

America is facing Civil War. The Christian Fundamentalist movement in America wants to change America into a Theocracy. Basically, they would forbid all books except the Bible, all music except Christian music, all education except Christian. And these are not the types of Christian churches that have existed in America until now, these churches are to be destroyed. People who do not convert to their type of Christianity are to be expelled or killed. these people have heavy influence in the US government and the military. In the recent US Presidential election, the candidacy of Sarah Palin was an expression of this movement. They represent some 40% of Americans, with some 25% having such extreme views as I have written here.

アメリカは内乱の可能性が有ります。原理主義キリスト教の運動は、アメリカを新政国家に切り替えするつもりが有ります。基本的に、彼達の創りたいアメリカでは、聖書以外の本は禁止に成って、キリスト教音楽以外の音楽は禁止、原理主義キリスト教以外の教育は禁止にします。原理主義キリスト教以外の宗派の教会は崩壊します。原理主義キリスト教に改宗しない人々は集団国外追放それとも死刑にします。最近のアメリカ大統領選挙で、サラペイリンさんの立候補はこの原理主義キリスト教運動からでした。アメリカの人口の4割は原理主義信者で、私が上記に書いた極端な考え方を持っている原理主義信者は、アメリカの人口2.5割です。

Russia: I believe that Russia is a natural partner of Japan. Climate Change means that Siberia will be much more accessible. They will need Japanese technology. Yet half the population of Siberia is Chinese. Japan would be a natural ally to develop Siberia and provide a balance to China.

ロシア:ロシアは日本の自然的なパートナーです。温暖化で、シベリアの資源はもっと取りやすく成ります。日本の技術も必要でしょう。しかし、シベリアの人口は半分中国人です。中国に対してバランスをとる為に、日本は自然同盟国でもいいでしょう。

China is also a natural partner to Japan. We have deep history together. Yet China is also facing the prospect of internal Civil War, the impoverished interior versus the rich coasts. Also, China is facing deep problems because of Climate Change. The difference between China and America is that the Chinese realize this, they are working to solve these problems. I am not naive about how China feels towards Japan, they feel a natural relationship is China the elder brother, Japan is the younger brother. I feel it is more like China is the body, Japan is the head.

中国も日本の自然的なパートナーです。日本と中国はお互いに深い歴史が有ります。しかし、中国も内乱の可能性は有りますし、貧しい国内対お金持ち海岸地区です。それと、温暖化で中国は色々な厳しい問題が出ています。中国とアメリカの違いは、中国人はこの問題を理解していますし、解決を見つける為に努力しています。私は中国人は自分の国をお兄さんで、日本は弟の様に考えていると分かっています。私の考え方は、中国は身体、日本は頭です。

The Southern direction.

南方
I think the southern direction will be a line from Japan to Taiwan, the Philippines, Indonesia, Vietnam, Malaysia, Thailand, Australia and India. This line will provide another balance.

南の国の外交で、もう一つのバランスに成ります。この線は台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、タイ、インドネシア、オーストラリアとインドです。

Since the end of WWII, Japanese foreign policy has been American centric. I think we will now see an evolution to Japan as a nation at the center of these four lines.

終戦から、日本の外交は基本的にアメリカ向きでした。これから、日本はこの四つの外交線の中央の国として漸進的変化するでしょう。


2 comments:

said...

>私のこの前のポストにコメントが来ました。その読者の恐れは、アメリカ軍が撤退しましたら、中国はすぐに尖閣諸島に侵略します。私は心配有りません。

私は「すぐに」とは書きませんでした。また、中国が来る「可能性」に言及しましたが、必ず来るとは書いていません。どのようにして可能性を低めるかということが問題なのです。

>利益の為に始まります。何かを取るか貰うかで国が戦争します。

もちろん利益は考えるでしょう。しかし、それを判断するのは人間です。判断を間違わないと誰が言えますか?太平洋戦争前、日本では総力戦研究所という部署がアメリカと戦争になった場合の日本の敗北を予測していました。そこでは長期戦になること、さらにソ連の参戦さえ予測されていました。しかし、日本はアメリカとの戦争に突入しました。

>もし中国は尖閣諸島に攻撃をしましたら、そのコストは利益より大きいです。日本自衛隊だけでその攻撃に勝ちます。これから日中関係で、攻撃より中国は日本と協力で利益が高く成ります。

当初の衝突で自衛隊が勝っても、それで紛争が終結することはないでしょう(現在の[友愛]民主党は反撃するかどうかすら怪しいですが)。私は、ロシアは日本の北方領土から撤退し日本との経済関係を強化したほうが利益があると思いますが、ロシアそれをしません。その理由の一つはロシアの国民感情でしょう。国民感情といえば、ブッシュがアフガニスタンを空爆した後のワシントン・ポスト紙とABCテレビの世論調査では、アメリカ国民の94%が空爆を支持したという結果がでたそうですが、アメリカ人はアフガン空爆によって何か利益を得たのですか?ブッシュには支持率upという利益があったでしょうが、アメリカの庶民は報復感情を満たす以外に物質的利益があって空爆を支持したのですか?

私は1989年に中国に滞在していましたが、天安門事件の後、中国共産党はその正当性を謳うために愛国教育を強め、日本に対する憎しみを子供に植え付けました。その教育を受けた中国人(現在30歳前後)が、あと10~20年で中国社会の中核を占めるようになるのです。1000kcalのパンと250kcalのケーキ、どちらかを選べと言われたら、私は飢えた状況でなければケーキをとるでしょう。甘いものが好きなので。10~20年後、今以上に発展した中国は日本からパンを得ることを選ぶでしょうか。

said...

(続き)

>私は中国人は自分の国をお兄さんで、日本は弟の様に考えていると分かっています。

いいえ、中国人にあるのは、過去に様々な文化を日本に伝えたという優越感と、近代において日本に侵略されたという屈辱です(もちろん実際はもう少し複雑です。日本のアニメが好きな中国人もいますし)。中国は、つい10年前まで香港をイギリスに(忌まわしいアヘン戦争の結果として)支配されていたのにイギリスに謝罪を求めることはないですが、南京(日本軍による30万人虐殺は誇張されていると私は考えますが)については博物館までつくって子供達に憎しみを植え付けています。これは兄の弟に対する寛容ある態度とはかけ離れています。まあ、聖徳太子が1400年前に中国(唐)に対して対等であることを宣言したことを誇りとする日本人としては、兄と弟などいう関係に喩えられることさえお断りですが(儒教的観念では兄が上、弟が下です)。

結論を書きます。

中国が判断を間違わないような状況を作らなければなりません。日本vs中国という構図では、(軍事力の比較は関係なく)中国人に過去の報復という誘惑を与える余地があります。したがって、日米vs中、あるいは米vs中という構図に見せる必要があります。そのためには沖縄に米軍がいるほうがいいのです。中国が台湾の近海にミサイルを撃ち込んだとき、アメリカは艦隊を台湾に向かわせました。日本とアメリカの同盟は、米軍が日本に駐留しているほうが見えやすいのです。

(いっそのこと米軍は尖閣諸島に移転してもらえないか)

ついでに言うと、私個人としては、アメリカ軍に日本から撤退していただき、自衛隊を日本軍に改組し軍備を拡張・増強すると同時に、日本政府がWW2以前のように国益に貪欲になって欲しいと思っています。こういう日本人が増える事をアメリカ政府は歓迎するでしょうか?アメリカ政府は、シャンパンの栓として米軍を日本に駐留させる事はアメリカの「利益」に適うと考えるのではないでしょうか?そうだとすれば、アメリカ政府の考える利益と、アメリカを中国に対するsecurity guardとして駐留させる日本政府の利益は一致していると言えます。