Monday, November 9, 2009

隣の国々は日本に対して危険性が有りません。Neighboring countries are not dangerous to Japan.

On November 6th, 2009, I appeared as a panelist on NTV's Bakusho Mondai, Ota Sori show. The manifest was "We should not pay one more yen for American forces in Japan! We should have them all leave!".

2009年11月6日、私は日本テレビ「太田光の私が総理大臣になったら。。。秘書田中」に出演しました。今回のマニフェストは、“アメリカに今後1円も払いません!米軍には出て行ってもらいます!” 内容は、将来に日本防衛の為に日本でアメリカ軍基地は必要かどうか?です。

I appeared as a former US Marine, and my position on this subject is, AGREE. Let me explain further.

私は元米軍海兵隊として出演しました。この話題で、私の意見は米軍基地は要りません。マニフェストに賛成でした。これから説明します。

The present structure of US forces in Japan is set up primarily to fight the Cold War. Yet the Soviet Union collapsed in 1991. Since that time, America did not reduce it's military presence outside the United States, in fact the American government has expanded to cover every area on the planet. America has some 753 military bases outside the United States.

現在の在日米軍基地は冷戦を戦う形に成っています。しかし、ソ連連邦は1991年に消えました。その時からアメリカは軍を減らしでは無く、軍の居る場所を増やしています。実際、地球のすべてをカバーしています。アメリカ国外で軍基地は753くらい有ります。

When I first came to Japan in 1974, there were some 100,000 US troops in Japan. At present, the number is about 47,000. However, while the number of troops has decreased, the size of American bases has not. In the period that I have been in Japan, America has returned very little territory to Japan.

1974年に私が初めて日本に来た時に、在日米兵は100,000人でした。現在の数は約47,000です。しかし、在日米兵の数を減らしても、米軍の基地は減らしていません。私は35年間日本で住んでいる期間に、米軍は日本にほとんど軍基地の所を返していません。

Is there a military threat to Japan?

日本に軍事的な脅迫は有りますか?

At present, not so much. Shall we look at a little history? At the end of World War II, Soviet fighting against Japanese Imperial forces went on until about mid September 1945, despite the Japanese surrender on August 15. Southern Sakhalin, Karafuto, and the Kuriles were overrun. A Soviet invasion force bound for Hokkaido at this time turned back.

あまり有りません。ちょっと歴史を考えましょう。日本帝国軍とソ連軍の戦いは、日本が8月15日降伏でも、9月の中旬まで続いていました。南樺太と千島列島はとられました。北海道へ向いたソ連侵略の部隊はソ連に戻りました。

In 1950 the North Koreans invaded South Korea, and the present day Jieitai was formed.

1950年で、朝鮮は韓国に侵略しましたので、現在の自衛隊を創りました。

As the Soviet Union possessed very little in amphibious warfare capability, once Japanese military forces were reconstituted, the threat of a invasion of Japan disappeared. During the Cold War, the military threat to Japan was primarily Naval blockade by Communist submarines. I only say submarines, because in a general war, Communist surface naval forces would have had a very short life against joint American/Japanese defense.

ソ連連邦は上陸作戦の可能性は有りませんでしたから、日本自衛隊は創設された時から日本に侵略される危険性は消えました。冷戦の時に、日本のメイン軍事脅迫は、共産主義国の潜水艦海上封鎖でした。私は潜水艦だけと書いている理由は、戦争が有りましたら日本/アメリカ海軍がすぐその他の共産主義国軍艦を沈没させました。

In 1991, the Soviet Union collapsed, and the military threat to Japan disappeared. Today, Russia has some 17 submarines in Asian waters, but only 4 Akula class. The Akula's are good boats, and could be scary. However Japan has some 20 submarines of excellent quality. And Japan has an excellent surface Navy. If a war happened now, Japan could hunt those subs down. They would probably sink some ships, but we would get them.

1991年ソ連連邦は崩壊しましたので、日本への軍事脅迫は消えました。現在、太平洋艦隊ロシアの潜水艦数は17隻です。その中では、4隻だけはアクラ型です。アクラ型は品質がいい潜水艦ですけれど、ちょっと怖いです。しかし、日本は20隻の品質が素晴らし潜水艦が有ります。その他の海上自衛隊艦は品質が素晴らしい軍艦です。もし、ロシアと戦争が有りましたら、日本がそのアクラ型を追跡して捕まえります。アクラ型は何隻もの日本貨物船を沈没させるけれど、そのうちに自分達が沈没です。

The Chinese Navy does have some 57 submarines, but their quality is poor compared to Japan. We would sink them. Also, they have to pass through a chain of island nations to reach the open Pacific. In any case, Chinese forces are primarily orientated towards the Spratly islands.

中国は57隻の潜水艦を持っていますが、品質は低いです。もし日本海上自衛隊と戦いに成りましたら、すぐ沈没されます。それと、中国海軍は太平洋へ進行する為に、島国の鎖を通過する必要が有ります。とにかく、中国海軍は基本的に南シナ海のスプラトリー諸島へ向かっています。


North Korea has some 21 submarines, but they are old and of poor quality. My idea is that due to the decrepit North Korean economy, most of their submarines probably cannot sail because of mechanical difficulties.

朝鮮の潜水艦は21隻ですが、全部は古くて品質は悪いです。私の考えで、朝鮮の経済状態はとても悪くて、ほとんどの朝鮮潜水艦は機械的な問題で動かないでしょう。

On the Bakushou Mondai show. Kevin Klone did bring up the issue of North Korean missiles. I am not very impressed with North Korean missiles. They are of very poor quality. And I do not believe that North Korea has a nuclear weapon, I believe their so called tests were simply a massive amount of conventional explosive laced with nuclear materials. Even if they did have a nuclear weapon, they do not have the technical ability to miniaturize it an put it on a missile.

「太田総理」の番組で、ケビンクローンさんは朝鮮のミサイルの事を話しました。私は朝鮮ミサイルについて強い印象に成っていません。品質はひどいです。それと、朝鮮が核兵器を開発出来た事を信じていません。私の考えは、その核兵器のテストは放射能を入れた普通の爆発物でした。もし、核兵器が有りましたとしても、ミサイルに乗せる様な小型化の技術の手法は有りません。

In any case, the best defense against a missile attack is deterrence. Japan can easily buy a few hundred cruise missiles from America. If America does not want to sell we can buy them from Russia. We don't need a nuclear weapon for deterrence against North Korea. A few hundred precise weapons like cruise missiles would do.

とにかく、一番いいミサイルにたいしての防衛は、抑止です。日本はアメリカから数百本の巡航ミサイルを買ったらいいでしょう。もし、アメリカがその巡航ミサイルを売りたくなかったら、ロシアから買ってもいいです。朝鮮にたいして抑止の為に、核兵器は必要有りません。数百本の正確な巡航ミサイルで十分です。

Kevin did mention the large North Korean army, but their equipment is terrible, their soldiers are so malnourished that their average size is of a Japanese or South Korean 14 year old. If they invaded South Korea, they could not penetrate more than 3 kilometers. They have no Naval vessels or aircraft that can function long enough to reach Japan.

ケビンさんは朝鮮軍の兵士の数を言いましたけれど、朝鮮軍の武器は整備されていませんし、朝鮮軍の普通の兵士は栄養不良ですから、大人の兵士は日本か韓国の14歳の子供と同じ身長です。韓国に侵略しましたら、3キロ位しか進めません。日本まで行ける軍艦、それとも軍機は有りません。
In this first installment, I have explained how neighboring countries are not dangerous to Japan. In the next part, I will explain the difficulty of invading Japan.

この1回分で、私は隣の国々は軍事的に日本に危険性は無いと説明しています。次回に私は日本に侵略する難しい点を説明します。


1 comment:

said...

"North Korea"は「朝鮮」ではなく、北朝鮮と訳したほうが良いと思います。

ロシア、中国、北朝鮮が日本本土に対して侵攻することは無いと思いますが、アメリカ軍が日本から撤退すれば中国が尖閣諸島(あるいは日本の領海)を侵略する可能性はあると思います。

中国がスプラトリー諸島に侵入し始めたのは、アメリカ軍がフィリピンから撤退した後ではないですか?

中国がパラセル諸島(Paracel Islands)に侵入し始めたのはアメリカ軍がベトナムから撤退した後ではないですか?

私の認識に間違いが無ければ、アメリカが撤退した後の軍事的空白を埋める形で中国が侵入するというのが、中国の拡張主義における一つのパターンと言えます。

仮にアメリカ撤退後に日本が自衛隊を本格的な軍隊に格上げしていても、中国が尖閣諸島問題で武力行使する可能性は、アメリカ軍が沖縄に駐留している場合よりはるかに高くなるでしょう。

なぜなら中国が日本を相手に戦闘状態に入ることへの「ためらい」は、アメリカを相手にするときの1/100に過ぎないと思われるからです。