Friday, August 30, 2013

The Takajin TV show 「たかじんのそこまで言って委員会」の出演


About 10 days ago , I appeared on the show, "Takajin no sokomade iuteiinkai".  You can find it on youtube, but since I was on the show, out of courtesy, I cannot post a youtube link on my blog.

10日位前、読売テレビの”たかじんのそこまで言って委員会”に出演しました。ユーチューブに有るけれど、出演者ですから、私は自分のブログにリンクを出来ません。

Basically it was a comment on The Tokyo War Crimes trails.  The panel voted on various issues.

基本的に、東京裁判についての話でした。パネル(出演者)は色々な問題について投票しました。

My vote on the Tokyo War Crime trials was, all defendants innocent.  Why?  The trials were conducted in a spirit of revenge.  The Pacific war was a very racial war, and America and Britain wanted to punish Japan.

私は東京裁判について、被告全員は無罪と投票しました。何故か、その東京裁判は復讐の為に行いました。太平洋戦争は民族的な戦争でしたので、アメリカと英国は日本に罰する気持ちが有りました。

The truth is, Japan's fight in The Pacific War provided an inspiration for many colonized people to revolt.  Within a few decades after the war, all European countries had lost or given up their colonies.

真実は、太平洋戦争の日本の戦いは色々な植民地にされた人々に革命のインスピレーションに成りました。戦後の数10年間ですべてのヨーロッパの国々が自分の植民地を失いました。

Except America, which has tried to take the role of colonial power.  That is what TPP is about, Domination of the world for American profit.

アメリカはその例外です。戦後で、アメリカは世界でその植民地保有国の役をするよう努力しています。TPPの意味は、アメリカが世界を支配すると言う意味です。理由は、ただアメリカの利益の為です。

But the A class Japanese defendants were tried for starting aggressive war.  Well, what about George Bush?  He had no reason to invade Iraq.  Iraq was no threat to America.

しかし、クラスAの被告は攻撃的な戦争を始める事で審理されました。それでは、アメリカのブッシュ大統領の場合はどうですか?イラクに侵入の理由が有りませんでした。イラクはアメリカにたいして危険性が有りませんでした。

America put extreme pressure on Japan to force Japan into war.  Japan had only two choices, fight, or face total national collapse.

大東亜戦争の前に、アメリカが日本に戦争を始める為に、厳しい圧力をかけました。日本の選択は、二つだけでした。戦うか、それとも完璧に崩壊するか。

America refused to negotiate to prevent war.  So I cannot see Tojo Hideki as a criminal in any way.

アメリカは戦争を止める為の交渉を拒否しました。それでは、私の意見で、東條英機氏は全然犯罪者では有りません。

Also, after the was in various trials in South East Asia, American and Great Britain tried and executed 1,100 Imperial Army and Navy personnel for water boarding Allied prisoners.

戦後、アメリカと英国は東南アジアで色々な裁判で1,100人の帝国陸海軍員を裁判で連合軍捕虜にウォーターボーディングを行ったから審理と死刑しました。

The Bush administration approved water boarding if it is done by US personnel.  So will an American administration apologize for those post WWII executions?  I doubt so.

しかし、アメリカのブッシュ政権がアメリカ人がウォーターボーディングを他人に行う事を認めました。それでは、将来のアメリカ大統領政権が日本に謝罪しますか?しないでしょう。

http://en.wikipedia.org/wiki/Enhanced_interrogation_techniques

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

The second vote was about Hiroshima and Nagasaki.  My vote was that America was guilty of a war crime.  The entire strategic bombing campaign against Japan angers me.  It's only purpose was to kill Japanese civilians.

番組の2番目の投票は、広島と長崎の原爆投下の事でした。私の投票は、アメリカが戦争犯罪で有罪でした。大東亜戦争のアメリカの戦略的な空襲作戦で怒っています。目標は、ただ普通の日本人を殺す事でした。

It had no military significance at all, and this was known at the time.  American submarines sunk so many Japanese merchant ships, 80%, that raw materials ceased to flow into Japan.  This destroyed Japanese industry, not bombing.

軍事的に意味が有りませんでした。アメリカのリーダー達は当時この事を分かりました。アメリカ海軍の潜水艦作戦で、日本の貨物船を8割沈没させました。資源が日本に入らない様に成りました。空襲では無く、この海軍作戦で日本の産業が崩壊されました。

This was well thought out and acted upon by America.  The architect of the bombing campaign, General Curtis Le May, is an American national shame.

これはアメリカの計画でした。その空襲作戦の計画者、カーチス・ルメイ将軍はアメリカの恥です。

Yet Americans still continue bombing.  As I write, there is a threat to bomb Syria.  It will have no military effect, but will kill a lot of people.

しかし、アメリカ人が現在でも空襲作戦を続けています。私はこの投稿を書きながら、シリアに空襲する脅かしが有ります。軍事的に影響は有りませんけれど、いっぱいの普通の人を殺します。

The Obama administration keeps up the drone bombing, 98% of the people they kill have nothing to do with guerrilla groups.

オバマ政権はブッシュ政権の無人飛行機空襲作戦を続けています。この作戦でアメリカが殺している人の中で、98%はゲリラ集団に関係が有りません。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2013/04/boston-terror-bombing-and-collective.html

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2010/08/were-american-air-attacks-on-japan.html

It is obscene.

不愉快な事です。

The other two votes were on the Senkaku islands and Takeshima.  Of course I voted that they are Japanese territory, there is indisputable proof of this.

番組で、その後の二つの投票は尖閣諸島と竹島は日本の領土かどうかでした。勿論、確実の証拠が有りますから、日本領土と投票しました。

And now here is an interesting picture, created by Americans.

それでは、アメリカ人が作ったの面白いイメージを紹介します。



It is how Americans see themselves. A nice, prosperous family.

上の写真は、アメリカ人の自分のイメージです。豊かな生活の家族です。

How the Middle East, Asia, Europe, and Africa see Americans.  A tank is threatening people.

次は、中近東、アジア、ヨーロッパとアフリカのアメリカ人のイメージです。怖い戦車が人々に脅かしをしています。

And the last picture is what Americans actually do, kill people with drones.

それでは、最後の写真はアメリカ人が実際に行う事です。無人飛行機で人を殺します。



1 comment:

Unknown said...

マックスさん

動画拝見しました。お疲れ様でした。
番組的には物分かり良すぎたかもしれませんが、マックスさんの日ごろのご意見をしゅこうされたのでよかったと思います。
本当はもう少し少人数で深い話を伺いたかったんですが、バラエティ番組では仕方がないですね。