Tuesday, January 7, 2014

安倍総理大臣靖国神社参拝について Prime Minister Abe’s visit to Yasukuni shrine


Prime Minister Abe finally visited Yasukuni shrine on December 26th.  People expected South Korea and China to scream.  But many Japanese were surprised by the American reaction.

安倍総理大臣はやっと2013年12月26日に靖国神社へ参拝しました。まあ、普通の日本人の考えで、中国と韓国は叫ぶでしょう。しかし、アメリカの反動で数多くの日本人が驚きました。

Well I was not surprised.  Americans have always distrusted Japan.  America is a country that is about dominance.  Americans feel that they must always dominate other countries.

私は驚きませんでした。昔からアメリカ人は日本を信用していません。アメリカと言う国は他国を支配する国です。アメリカ人は他国を支配する気持ちが心の中に有ります。

After the Meiji revolution, Japan built up a strong military to protect itself from predatory colonial European powers.

明治維新後、略奪的なヨーロッパの国々から守るために日本は強い軍隊を作りました。

At first, Americans admired the spirit of Japan.  But gradually, Americans began to see Japan as a rival nation for the control of China.

始めに、アメリカ人は大和魂を魅力的に考えました。しかし、だんだん、中国支配として日本がライバル国と考えました。

Americans have always dreamt of China, and the reason is basic.  China’s great population.  The facts are, prior to WWII, Japanese trade with America was 4 times greater than China.  And unlike Chinese, Japanese have always been interested in American culture.

昔から、アメリカ人は中国の夢を持っています。その理由は簡単です。中国は、人口が多いです。真実は、大東亜戦争前に、米中貿易より日米貿易は4倍でした。それと、中国人と違い、日本人は昔からアメリカの文化に興味が深く有りました。

But before the war, many Americans felt that Japan must be destroyed.  President Roosevelt and his government deliberately provoked Japan into launching an attack against America.  The ships at Pearl Harbor were all old, sacrificial pawns.

しかし、大東亜戦争の前に、数多くのアメリカ人は日本を崩壊しなければ成らないと言う気持ちが有りました。ルーズベルト政権はわざと日本にアメリカへ攻撃するように扇動しました。真珠湾に有った米軍艦は捨て駒でした。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2008/11/concerning-essay-written-by-former.html

In this blog, I have long discussed American Exceptionalism.  Americans very deeply believe that they are the greatest nation in the world.  It is like a religion.  Personally, I have never felt America to be the world’s greatest nation.  I feel that it used to be one of about 15 decent countries in the world.  But it is not safe to say that in America.  In any case, modern America, for the average American, is now a third world country.

このブログで、アメリカ例外と言う考えについて何回も書きました。アメリカ人は自分たちが世界一の国と非常に深く信じています。宗教みたいです。個人的に、私はアメリカが世界一の国ではなく、世界のおよそ15の適切な国の1つと思いました。しかし、その意見はアメリカで安全と言えません。とにかく、現在のアメリカは普通のアメリカ人に、第三世界の国です。

So when Japan attacked Pearl Harbor, to Americans, It was a sacrilege, an attack against God.  When I was a child in America, I never saw anything particularly evil about the Pearl Harbor attack.

それで、アメリカ人の考えで、日本が真珠湾に攻撃した時に、神聖冒涜と見えました。私はアメリカの子供時代から、真珠湾攻撃を特に邪悪と思いませんでした。

The Japanese Imperial Navy attacked the American Navy.  That happens in wars.  But I quickly learned to keep quiet about such beliefs.  When I told my father that according to my studies, the US government provoked the attack, he beat me.

日本帝国海軍がアメリカ海軍に攻撃しました。しかし、アメリカでそう言う信念を言ってはいけないと言う事をすぐ気がつきました。自分のお父さんに、自分の勉強でアメリカが真珠攻撃を扇動したと言う真実が有ったのを言った時に、彼から殴れました。

To Americans, they cannot imagine that the US government would do such a thing.  The truth is, they do.

アメリカ人は米政府がそう言う事、自分の国民を犠牲にする事が出来ると想像出来ません。真実は、アメリカ政府はそうします。

Also, more recently, American society was rent by protests about the Vietnam war.  Many Americans protested the Vietnam war.  And Americans who supported the war were shocked by the protests.

それと、最近、アメリカ社会がベトナム戦争抗議で混乱に成りました。数多くのアメリカ人は戦争反対の抗議に参加しました。その戦争を支持したアメリカ人はその抗議でショックでした。

However WWII remained the good war.  When talking about WWII, Americans would say that Nazi Germany and Japan were absolute evil.  So then, in American minds, America is absolute good for winning that war.

しかし、アメリカ人の考えで、第二次世界大戦は良い戦争でした。その戦争について話す時に、ナチスドイツと日本帝国は最悪と語ります。それで、アメリカ人の考えで、その戦争を勝ったから、アメリカは最優秀な国です。

Americans are convinced that deep in our hearts, Japan is an evil nation, and it is only American influence and power that stops Japan from attacking all countries in Asia again.

アメリカ人は心深くで、日本は悪の国と信じています。彼達の考えで、アメリカの影響と力がなければ、日本はすぐ再びアジアの国々を攻撃します。

They absolutely refuse to consider American provocations against Japan, and European colonization of Asia as causes of war.  They are convinced that Prime minister Abe’s visit is a sign of Japanese moves towards war.

アメリカ人は自分たちの日本にたいして扇動し、ヨーロッパのアジア植民地を戦争原因として考える事を拒否しています。安倍総理大臣の靖国神社参拝は日本が攻撃的な戦争の始まりのしるしと深く信じています。

Yet the Americans talk about how Japan should send troops overseas in partnership with American troops.  Many influential Americans want Japan to destroy Yasukuni, and use Chidorgafuchi as a memorial.

でも、アメリカ人は日本兵をアメリカ兵と一緒に海外派遣してほしいです。影響が有るアメリカ人の希望で日本は靖国神社を潰して、千鳥ヶ淵を戦争記念碑として利用します。

Americans are afraid of Japan being independent of America.  They can never think of Japan as an equal country.  Their policy is schizophrenic.  Also, Americans will instinctively try to destroy Japan’s history and culture.  Since America is a country without long history, they are afraid of countries with history.  This is why they think Chidorgafuchi should replace Yasukuni shrine, because Chidorigafuchi is new.

アメリカ人は日本がアメリカから独立する事を恐れています。日本は平等的な国として考える事が不可能です。アメリカ政策は精神分裂病です。本能的に、アメリカ人は日本の歴史と文化を潰したいです。アメリカ人は長い歴史が有る国を怖いです。その理由で、アメリカ人の考えで千鳥ヶ淵が靖国神社を代わった方がいいです。何故か、千鳥ヶ淵は新しいです。

Recently, interesting books are coming out in America.  Robert Stinnett in “Day of Deceit” details how American electronic Naval Intelligence tracked the Japanese fleet as it moved toward Hawaii to attack Pearl Harbor.

最近、アメリカで面白い本が出版されています。ロバート・スティネットさんの“真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々Day of Deceit”で、ハワイ向きの日本機動部隊の動きをアメリカ海軍情報部電子部が追跡した事を説明します。

So the Pearl Harbor attack was really not a surprise.

それで、真珠湾攻撃は驚きでは有りませんでした。

http://www.amazon.co.jp/Day-Of-Deceit-Truth-Harbor/dp/0743201299

http://www.amazon.co.jp/真珠湾の真実-―-ルーズベルト欺瞞の日々-ロバート・B・スティネット/dp/4163575308/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1389118073&sr=1-1&keywords=ロバート・スティネット

In “Embracing Defeat”, John Dower provides a detailed explanation of how the Tokyo War Crimes trials were terribly flawed, and not at all justice.

ジョン・ダワーさんの“敗北を抱きしめてEmbracing Defeat”で、東京裁判の間違いを細かく書いています。やはり、全然正義では有りませんでした。

Yet so many Americans will turn a blind eye to all this.  During the Bush administration after 9/11, a Bush administration lawyer, John Yoo, ruled that US government personnel could legally use water boarding on terror suspects.

しかし、数多くのアメリカ人はこう言う真実を無視しています。ブッシュ政権の弁護士、ジョン・ユさん、アメリカ政府員がテロ容疑者にウォーターボーディング(拷問の一種・水責め)を行う事が法律で大丈夫と言う判断をしました。

In an interview, a reporter asked him that since after The Pacific War America had prosecuted Japanese military personnel for water boarding, how could he justify Americans doing the same thing.

インタビューで、記者が大東亜戦争後アメリカが日本帝国軍人を起訴したから、どうしてアメリカ人が同じように拷問する事を許しますか?

His reply was, when Americans do it, it is more humane.

彼の返事は、アメリカ人が行う場合、もっと人道的です。

http://www.cbsnews.com/news/ten-years-after-9-11-john-yoo-defends-his-legacy-legality-of-waterboarding/

Not only were Japanese Imperial Army and Navy personnel prosecuted, to my knowledge some 1,100 Japanese were executed for water boarding Allied POW’s.  Personally, I would think that the Japanese families of those people executed would now have just cause to sue the US government for wrongful death.

私が知っている限りで、帝国陸海の兵士は只起訴ではなく、1,100人が連合兵士のウォーターボーディングの為に死刑されました。私の考えで、その死刑された日本兵の家族が不法死亡請求でアメリカ政府に告訴権利が有るでしょう。

When Japanese do it, it is a crime, when Americans do it, it is OK?

日本人が行う場合は犯罪ですが、アメリカ人が行う場合で大丈夫ですか?

This would be an interesting court case.  However, in todays’s social and political climate in America, it might be impossible to get such a case to court.

これは面白い裁判事例に成るでしょう。しかし、現在のアメリカの政治と社会的な環境で、難しいかも知れません。

And lastly, the Obama administration is the most anti Japanese administration that I have seen.  When President Obama was rude to Prime Minister Hatoyama at a State Dinner, some of my conservative Japanese friends said of course, PM Hatoyama was strange.

最後に、私の知っている限りで、オバマ政権は最近のアメリカの歴史で一番反日の政権です。有る時の国々のリーダーたちの食事会で、オバマ大統領は鳩山総理大臣にとても失礼でした。何人かの私の保守派の友達は、”勿論!鳩山総理は日本の恥でした!”と言いました。

However, President Obama has also been rude to Prime Minister Abe.  When a leader is rude to another leader, it is not an insult to a person, it is an insult to a nation.

しかし、オバマ大統領は安倍総理大臣も失礼な事をしました。国のリーダーは他国のリーダーに失礼な事をする場合、これはそのリーダーに個人的な失礼ではなく、これはその国、その国民に失礼です。

For all his compromises on Henoko and TPP, Prime Minister Abe still gets criticized for visiting Yasukuni.  Americans have always dreamed of China, and now their economic situation is near collapse.

安倍総理大臣は辺野古とTPPをアメリカの要求通りに妥協しても、アメリカから靖国参拝に批判が出ました。アメリカ人は昔から中国は夢として大切にしています。現在のアメリカの経済状態がひどく成っています。

So they don’t want Japan disturbing China.  The Chinese understand this very well, and are using the issue to create troubles between Japan and America.

それで、アメリカ人は日本が中国に迷惑をかけてほしくないです。中国がこの問題を利用して、日米関係でトラブルを作っています。

America’s economic and climate troubles such as drought are so great that the existence of America is in danger.

アメリカの経済と環境問題は大変で、アメリカの存在は危険です。

For Japan, we should begin to think of a way to live in the future by ourselves.

日本はこれから自分たちの将来の道を考えるべきです。

And one more thing for my American readers:  Is there not a Protocol Officer at the US Embassy?  Somebody should have advised Ambassador Kennedy on proper attire and manners when visiting the Emperor.

私のアメリカ人読者の為に、アメリカ大使館で儀典官がいませんでした?ケネディ大使の天皇陛下訪問(就任式)の時に、誰かが大使に正しい服装と行儀について教えた方がいいです。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/51cbaa1d9ff24a62b2186f36a5332f48

And as for Yasukuni visits, I am there every August 15th, and December 8th, to pay my respects to the members of the Imperial Japanese forces.

靖国参拝について、私は毎年8月15日と12月8日で参拝しています。


3 comments:

Hiroshi Tanimoto said...

MiceffMax さん、
このBlog を有り難う御座います。
私はMax さんと反対のもうすぐ41年在米の日本人(日本国籍は放棄できません)ですが、米国の経済、環境問題について意見の相違はありますが、あとは殆ど同意見です。
アメリカで特にいけないのは(アメリカの活力は世界でも特筆されるべきものであるとはおもうものの) American Exceptionalism だとおもいます。これをどう訳したらいいのか良く判りませんが、歴史を顧みれば、何処の国でもこういう時期はあるものですし、現在のアメリカに世界で最優秀の人たちが集まるのも事実ですが、この先どうなるかは誰にも予測できません(ついでですが、中国#1は絶対にあり得ません)。
心配なのは、アメリカが落ち目になった時に、American Exceptionalism が悪い政治家、トップ0.1%に悪用されるからです。特に、アメリカのミドルとそれ以下の階層の人々は「昔の日本」に比べ、智的に劣り、加えて外の世界への興味さえしないので、非常に危険です。
その時の為にも、今日本政府がしなくてなならぬことがたくさんあります。一つは正しい歴史(勝者によって書かれたもののみではなく)のアメリカ国内でのPR。 次は、アメリカ国会へのロビー活動(日本はそれに十分な予算だ出せるはずです)。
そして、憲法9条改憲のあとの、安保条約に加えての出来る限りの独自防衛努力です。
私は日本での学生の時から核装備論に賛成です。核戦争にアメリカが巻き込まれれば、何百万人のアメリカ国民が死にます。それまでしてアメリカは日本という他国を守ってくれるでしょうか? 私は他国にそこまで期待するのは、間違っているとおもうのです。 最終的には自国の防衛は自国民でやるのです。 又、そこまでして出来るだけの努力と覚悟がない国に、誰が、特にアメリカが、真の同盟国と見なして呉れましょうか? 日本がやることは、自国の長期的利益の確保です。 これはアメリカが日本にTPP を押し付けようとしていることとなんら違う点はありません。 自国の利益を犠牲にしてまでも、大国(定義づけは難しいものの)に従うK国のような負け犬のような国は誰からも尊敬されないだけでなく、いざ必要となった助けさえも期待で来ません。
明治は多くの先覚者を排出しました。 また、世は人を生むともいわれます。 日本がこれから多くの有能な指導者を生むことを期待しています。 It's about the time のようにおもわれるのです。
Max さん、日本の為に、以後も是非お力を貸して下さい!

Max von Schuler-Kobayashi said...

Tanimotoさん、

コメントを有り難うございました。私はAmerican Exceptionalismを伊藤 貫氏の言葉を使います。それは”アメリカ例外です。

http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E6%BB%85%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%88%E3%80%81%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E3%81%9B%E3%82%88-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%BC%8A%E8%97%A4-%E8%B2%AB/dp/4166608525

Max von Schuler-Kobayashi said...

伊藤 貫氏の本は”自滅するアメリカ帝国”です。