Sunday, March 30, 2014

クリミア Crimea


A few weeks ago, Russia annexed the Crimea.  Right away, America and Western news media labeled this as an aggressive move by Russian President Vladimir Putin.

数週間前に、ロシアはクリミアを併合しました。早速、アメリカと西洋のマスコミがロシアウラジーミル・プーチン大統領が攻撃的行為を行っていると報道しました。

A plebiscite was held in the Crimea, which was denounced by President Obama.

クリミアで国民投票が有って、アメリカ・オバマ大統領がその投票を非難しました。

However, things are not always so easily defined.  It turns out that Ukrainian members of the Ukrainian Parliament took advantage of the chaos to remove the Russian language’s status as an official language.

しかし、国と国の活動はそんなに簡単に決められません。ウクライナの議会でエスニックウクライナの議員が社会の混乱を利用して、公用語としてロシア語の地位を追い出したことが、わかります。

In other former Soviet republics, this has always led to discrimination and harassment of Russian people.

元ソ連共和国の中で、こう言う活動が有ったら、次の行為はエスニックロシア人に差別と虐めが来ます。

https://www.commondreams.org/view/2014/03/04-0

Let us look at a few maps.

ちょっと地図を見ましょう。



As we can see, a large portion of The Ukraine speaks Russian as their native language.

この上記の地図を見ると、ウクライナの広い地域で数多くの人の母国語はロシア語です。



Looking at the Crimea itself, we can see that most people there are actually Russians.

クリミアの地図を見ると、その人口はほとんどロシア人と分かります。

When the Soviet Union collapsed in 1991, Then President Bush promised Mikhail Gorbachev that NATO would not be expanded eastward.

1991年のソ連崩壊で、当時アメリカのブッシュ大統領がミハイル・ゴルバチョフ氏にNATO(北大西洋条約機構)はドイツより東へ拡大をしないと約束しました。

But what happened?

しかし、どう成りました?


This is a map of NATO in the Cold War era.

上記は、冷戦時代のNATOの地図です。



This is a map of NATO presently.  As we can see, America broke it’s promise, and expanded eastwards.

上記は、現在のNATOの地図です。アメリカはその約束を破って、東へ拡大した事をよく分かります。

Some people might say that America is protecting the freedom of Eastern European people.  But now their problems have become NATO’s problems.

有る人の話で、アメリカは東ヨーロッパの小さい国々の自由を守っていると言うかも知れません。しかし、現在にそのそんなに小さい国々のトラブルはNATOの問題に成っています。

And Russia has enough nuclear weapons to destroy America in 30 minutes.

それと、ロシアの持っている核兵器で、アメリカを30分で絶滅に出来ます。

When Americans criticize Russia for being an evil nation, I have much sympathy.  It sounds just the same as Americans criticizing the Japanese Yasukuni shrine.  The words are the same.

アメリカ人がロシアを悪の国として非難する時に、私には多くの同情が有ります。アメリカ人が日本の靖国神社を非難しているのと同じ様に聞きます。言葉が同じです。

Americans say “Russia is a country that cannot be trusted.  Japanese people who have pride in Imperial Japan cannot be trusted.”

”ロシアは信用出来ない国です。日本帝国時代に誇りを持っている日本人を信用出来ません”、アメリカ人がこう言います。

Well, in any case, the American President is trapped in such a situation as this.  If he does not make some aggressive comment to Russia, he will be accused by American political opponents as being weak.

とにかく、こう言う問題が有る時に、アメリカの大統領が罠に入っています。もし、ロシアが悪と言わない場合、アメリカの政敵が大統領に弱虫として攻撃します。

I have always admired the Russian people for their forbearance with America breaking it’s promise.

このNATOの東への拡大でアメリカが約束を破った事を、私はロシア人の寛容を魅力的に考えています。

But I think there is some business aspect to this problem.  Americans have always been upset about Russian Natural Gas exports to Europe.  America wants to supply the gas themselves, and say that Shale Gas deposits in the US will give them that ability.

しかし、この問題についてビジネスの面が有るかも知れません。アメリカ人は前からロシアのヨーロッパへの天然ガスの輸出の事に怒っています。アメリカ人は自分でヨーロッパにガスを売りたい、アメリカ人の話でシェールガスで可能と言います。

Is this true?  Not at all.

これは本当ですか?全然違います。

America does not have the infrastructure, special ships, pipelines and terminals, to export Natural Gas.

アメリカは天然ガスを輸出する為に、必要な船、パイプライン、ターミナルは有りません。

http://www.theburningplatform.com/tag/jim-kunstler/

American gas Natural Gas production is actually in decline.

真実は、アメリカ天然ガスの生産は堕落しています。

http://auntieimperial.tumblr.com/post/79171880877

And two years ago, drought forced some gas fracking operations in Pennsylvania to cease operations.

2年前に、ペンシルベニア州でいくつかの天然ガスのフラッキング活動は干ばつで中止されました。

http://www.accuweather.com/en/weather-news/drought-suspends-pennsylvania-fracking-operations/64244

This is a very bad sign, as the North American continent is in the middle of a shift to a desert climate.

これは悪い印です。アメリカ大陸が急に深い砂漠に変身中です。

The best course for Japan in this problem is to do nothing.  Yes, America is the most important country for Japan today.  However, very soon, that most important country will be Russia.  We should remember that.

この問題で、日本はどうしたら良いですか?何もしない方が良いです。まあ、現在、日本の為にアメリカが大切な国です。しかし、近い将来に、その最も大切な国はロシアに成ります。その真実を覚えた方が良いです。


5 comments:

Jalair Dagvadorj said...

はじめまして、いつも興味深く読ませていただいています。

今私が一番気になっているのは日米でも日韓でも日中関係でもない、移民問題です。
日本政府が人口減少の問題解決策として移民を毎年20万人受け入れると検討しています。
ネット上ではもちろん大騒ぎで、TPPや道州制さらに移民とくれば完全に日本をグローバル政策で解体するつもりじゃないかと現政府に対する疑惑が広がっています。

よければTPPにつづいて日本の移民問題について小林さんの見解をまたブログで書いてもらえると嬉しいです。

Max von Schuler-Kobayashi said...

日本で外国人を雇用する計画について、投稿を準備中です!

Jalair Dagvadorj said...

ありがとうございます。楽しみにしています。

外国人受け入れの話について、他に何人か有名なテキサス親父さんも含めて外国人の評論家さんにもメールを送ってみたのですが、返事をいただいたのは小林さんだけです。興味を持っていただいただけでも、とても嬉しいです。

厚生労働省が出生率を情報操作しているという指摘が東北大学から出ています。


(外国人受け入れの理由作りのため?)
http://gachi-sinpu.seesaa.net/article/390504529.html

「実際は大部分の県で上昇または横ばい」東北大が指摘
https://www.youtube.com/watch?v=MMgKR4iwddM

外国人受け入れについて、私も勉強不足な部分も多く、日本人ですので、どうしても知識が偏ってしまってしまいます。
小林さんのような、日本と、移民大国アメリカ、両方の事情に詳しい方の評論はとても貴重で、参考になります。

お忙しい中、お返事をいただき、本当にありがとうございます。失礼致します。

even aasen said...

not sure if people will understand, but this is pure propaganda. America love japan.

Max von Schuler-Kobayashi said...

Mr. Assen, very unfortunately, half of Americans are still fighting WWII in their hearts and hate and fear Japan. But Americans really don't love ANY other country. They spend to much time loving themselves.