Thursday, August 27, 2015

日本の夏;外国人から謝罪要求の季節です。 Summer in Japan, the season of apology demands


I am sick and tired of apologies being constantly demand of Japan.  Every summer, we go through a media circus of American commentators asking if Japan “Has learned it’s lesson”.

私は、絶えず戦争謝罪要求に疲れました。毎年夏に、アメリカのマスコミのコメンテーターが、日本は”戦争で悪かった”勉強になっているか大騒ぎしています。

Americans should stop assuming the role of teacher, Life in America is not all that fantastic, and Americans should reflect upon what they have done in war.

この問題で、アメリカ人が先生の立場を辞めるべきです。現在のアメリカで普通の人の生活はそんなによくないし、アメリカ人が自分達は戦争でどう言う事を行ったのを考えるべきです。

Despite it ’s proven ineffectiveness as a military tactic, Americans still use bombing to achieve policy goals.  Today, it is drone warfare.

戦争の戦略として有効に成らない事の証拠が有っても、アメリカ人が今でも空襲作戦をしています。現在、無人飛行機の攻撃です。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2010/08/were-american-air-attacks-on-japan.html

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2011/05/death-of-osama-bin-laden.html

The truth, is Japan was not at all exceptionally horrible in WWII.  But every year American commentators demand more apologies.

真実は、大東亜戦争で日本はそんなにひどくなかったが、毎年アメリカ人コメンテーターが日本から謝罪を要求します。

No, no more.  In my books, I detail the truth of WWII.

謝罪、もう辞めましょう。私の書いた本で、大東亜戦争の真実を細かく書いています。




To be honest, I have written these books for Japanese people.  I seriously doubt if I can convince many Americans to understand the truth about Japan and WWII.

正直に言うと、この本は日本人の為に書いています。アメリカ人に日本と大東亜戦争の真実を納得できる事が無理でしょう。

So what should we do when in conversation with Americans?  What do we do when they say Japan was so terrible in WWII?

それで、アメリカ人と会話する時に、どうしたらいいですか?そのアメリカ人が日本が残酷、ひどい国でしたと言ったら、どうしたらいいですか?

We change the subject.  We should tell them truly how much Japanese people love America.  And always have, even before the war.

話を変えた方がいいです。日本人がアメリカを好きな真実を教えた方がいいです。戦前でも、日本人がアメリカを好きでした。

The truth is, America provoked the war out of a mistaken belief that China would be America’s friend.  Americans feared Japan then, and still do now.

真実は、戦前でアメリカが中国と仲良く出来るとの間違いの信念で、日本に戦争を始める事を扇動してしまった。当時に、アメリカ人は日本にたいして恐怖な気持ちが有って、現在もそうです。

But we must convince them of Japan’s love for America.

でも、アメリカ人に日本人の好きな気持ちを納得してもらわなければ成りません。

And also, we must tell them the truth about Korea.  Some of the greatest problems about WWII in the modern age are created by Koreans.

それと、韓国人についての真実を教えなければ成りません。現在の大東亜戦争問題は韓国人が作っています。

One thing that will surprise Americans is the Korean culture boom that was until recently popular in Japan.  To the world, Koreans portray Japanese people as being inhuman monsters.

一つ、アメリカ人が驚く話は、最近まで日本で人気な韓流ブームの事です。世界中で、韓国人が日本人が残酷で、人間ではない怪獣な国民の姿を描いています。

The fact that until recently, Korean pop music, movie stars, food, language study and general culture was very popular in Japan will cast doubt upon what the Koreans claim.

もし私たちは世界中の人々に最近までKーポップ、映画スター、食べ物、韓国語勉強、韓国文化勉強が日本で人気なブームが有った真実を教えたら、世界中の人々はだんだん韓国人の告発を疑います。

The Koreans have made a religion out of attacking Japan.  I wonder who funded this musical about the Comfort Women, when Korea is in such a bad state economically.  This advertisement below is on Times Square in New York City, it cannot be cheap.

日本に攻撃する事は、韓国で宗教に成っています。下記の写真で、ニューヨーク市で広告されている慰安婦のテーマのミュージカルです。誰が資金を供給しているでしょう?韓国の経済状態がひどいです。このニューヨーク市のタイムズスクエアで広告を出す事は安くないでしょう。

Also, we are going to have to tell people that Korean hatred of Japan is really becoming an insanity.

それと、世界の人々に韓国人の日本にたいしての嫌悪感は 精神的異常と言う事を教えるべきです。


To create the sign in the photo above from the 2002 World Cup took at least several hundred people to create.  No other country does this.  No other country is this rude, this full of hate.

上記の写真は、2002年ワールドカップで行った人文字を作る為に少なくても数百人が必要だったでしょう。世界中の他の国の国民はこの行為はしません。こう言うな失礼な、嫌悪感を持っている国民は世界中にいません。

We should tell people about the vandalism that Koreans do at Japanese shrines and temples.

世界中の人々に、日本国内の神社やお寺で、韓国人が行っている破壊行為を教えるべきです。

And Koreans insult many other people in the world, including Americans.

それと、アメリカ人も含めて、韓国人は色々な国民に失礼です。


I wonder, what did Israel ever do to the Koreans?

イスラエルは、韓国に何か悪い事をしたでしょうか?

And last August, while so many people in the West were worried about Prime Minister Abe’s speech, the Koreans did this:

今年の8月でアメリカのコメンテーターは安部総理大臣のスピーチを心配しながら、韓国人が下記の抗議を行いました。


Just what does the protest pictured above mean?

はっきりに言うと、上記の写真の抗議はどう言う意味ですか?

I am not really sure, but it is bizarre.

私はよく分からないけれど、奇怪な事です。

And we should tell people that one more apology to Korea would not help.  Japan has made endless apologies, and paid much money.

それと、世界の人々に、日本が韓国にもう一つの謝罪する事が意味有りません。日本は数多くの謝罪をして、いっぱいのお金を援助しています。

The truth of the issue is that Koreans always considered Japan to be an inferior country.

この問題の真実は、韓国人、コリアンと言う国民は昔から日本が下位の国と考えています。

And they are humiliated that the truth of the matter is the annexation period to Japan was the best time in Korean society ever.

それで、日本の併合時代は、韓国、コリアの国の一番素晴らしい時代で屈辱の気持ちを持っています。

The population doubled in 40 years, public health was improved, education for the masses including women was established, railroads and industry were built.

40年間で人口が倍に成り、国民の健康状態はとてもよく成り、国民、女性を含めての教育システムはコリアの歴史で初めて日本が作り、鉄道、工場なども日本が作りました。

The list of Japanese beneficial accomplishments in Korea is long.  In the war, they were loyal Japanese citizens of the Empire.  It was after the war that they decided to create a fictional fantasy of victimhood.  It fooled the Americans.

日本が数多くの素晴らしい活動で当時朝鮮半島をよくしました。大東亜戦争で、忠実な日本人でした。戦後から、コリアンの人たちが自分たちが犠牲者の空想的な話を作りました。アメリカ人はこれで騙されました。

Telling the truth about them will pretty much destroy the reputation of Korea.   But it was their choice to go to various countries around the world, defaming Japan with false stories of the Japanese annexation period.

世界中の人々にコリアの真実を教えるとやはりコリアの評判を潰します。しかし、コリアの人達が世界中を回って、日本併合時代の嘘な話をばらまいてる事を自分たちから始めました。

It is too bad, but they have provoked us.

残念ですが、彼達は私達に扇動しました。


And we should not be afraid of telling Americans the truth.  Never be afraid of truth.

それと、アメリカ人に真実を言う事を恐れないで下さい。真実を言う事は正しいです。

And no more apologies.  If foreigners demand them, just say no, and ignore them.

謝罪は、もう終わりです。もし外国人から謝罪要求が有ったら、拒否して、それからその人を無視しましょう。

America needs Japan as friend.  They need us more than we need them.  And we should be confident about the abilities of Japanese people in all areas of endeavor, including the military.

アメリカは日本の友人が必要です。私たちはアメリカが必要より、アメリカに日本が必要です。どんな活動でも、軍事関係も含めて、日本人は自分に自信を持っていいです。

2 comments:

Max von Schuler-Kobayashi said...

Goodbye Mr. Laduron, of Arizona.

Masa said...

戦前の日本人がアメリカが好きだったことについて同感です。
実はアメリカはまた同じことを繰り返しています。
それはイランについてです。イランの人々はおそらく中東で一番アメリカが好きなのかもしれません。
しかし人質問題以来、アメリカはイランを「悪魔化」してきました。そして本質的に反米的であるサウジアラビアを同盟国として扱ってきたのです。
戦前の日本と中国の関係にとても似ています。
オバマ政権はイランと核合意に達しました。私はこの合意がうまくいって欲しいと願っています。
しかし、アメリカの中にはこの合意に執拗に反対する人がかなりいます。
もしアメリカがイランと戦争することになったら先の大戦と同じ結果をもたらすでしょう。
アメリカはまた「敵を間違える」のかもしれません。