Friday, October 2, 2015

ダイバーシティ(多様性)の暴虐 The Tyranny of Diversity


This blog post is a continuation of my post;

この投稿は、下記の投稿の続きです。

アメリカ:ポリティカル・コレクトの地獄

America, a politically correct hell

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2015/08/america-politically-correct-hell.html

Recently, there have been calls to have Philippine maids in Japan.  This is supposed to free Japanese women so that they can participate more in the workplace.  The Philippine maids will raise Japanese children.

最近、日本でフィリピンメードを使うべきと言う話が有ります。話は、そうすれば、日本人女性が自由に仕事を出来る様に成ります。フィリピンメードはその日本人の女性の子供を育てます。

In general, it seems that American leaders are pressuring Japanese leaders to accept a lot more foreigners.

基本的に、アメリカのリーダーたちが、日本のリーダーたちにもっと外国人を日本に入れる圧力をかけているみたいです。

There are even some Japanese political leaders saying that “foreigner friendly” zones should be established in Japan.  In such places, there would be no visa qualifications for foreigners to enter, they can do any job, people would speak English.

それと、有る政治家の提案で、日本で”外国人有利地域”を作るべきと言っています。そう言う所で、外国人が日本に入国の為のビザは必要ない、どんな仕事でも可能、その地域の皆様は英語を使います。

Coming from America, I am amazed to hear such proposals.  I think there are two reasons that Americans pressure Japan in this way.

私はアメリカ生まれで、こう言う提案を聞くと驚きます。やはり、アメリカの圧力の理由が二つです。

One is that Americans think of their own society as a model for the world.  If every country would be like America, there would be world peace.  Americans truly believe this.

一つは、アメリカ人の考えでは、世界中のどんな国の人たちでもアメリカ社会を真似するべきです。もし、世界の全部の国はアメリカと同じような社会でしたら、世界平和に成ります。アメリカ人はこの考えを強く信じています。

The other reason is that Americans instinctively fear the racial purity of Japan.  They wish to dilute the Japanese race.

もう一つの理由は、アメリカ人は直感的に日本の国民の純粋の形を怖いです。日本国民の国体を薄めたいです。

I do not think that Americans are consciously aware of this, but this is what they do.

アメリカ人はこの事を意識的に認識していないでしょうが、その為に努力しています。

There is a great catch word in America these days, diversity.  It means many different kinds of people living together.  Well how has it worked out in America?

アメリカでは、最近、話題の言葉が有って、それは、ダイバーシティです。その意味は、数多くの民族が一緒に生活する事です。まあ、アメリカではこのダイバーシティの考えはどう成っていますか?

Not very well.  People search for problems, and try to fix them with quotas.  Japan is being caught up in this.

あまり良くないです。人が問題を探して、定数で直す試みをします。こう言う考え方は、日本で始まっています。

The picture below is interesting.  I sense fear in the faces of the two white people.

下記の写真は面白いです。やはり、白人の二人は恐怖の気持ちでしょう。

Why are they afraid?  Jesse Jackson, a rights activist, is there saying that Silicon valley companies mostly employ White men.  Here are his charts.

何故恐怖ですか?ジェシー・ジャクソンさん、人権権利活動者は、シリコンバレーの会社は白人男性しか雇っていません。下記は、彼が利用したチャートです。

Well, I can believe this is true.  The White people in the photo are company employees, they are afraid of being attacked.

やはりこれを信じます。写真の白人は会社員です。攻撃される事を怖いです。

How would they be attacked?  Well, there could be comments on social media such as Facebook, that the company is not diverse.  There could be demonstrations outside the company.

どう言う風に攻撃される?ネットでコメントが出て、例えば、フェイスブック、そのコメントで、その会社がダイバーシティがないと文句を言います。会社の外で、デモが有るかも知れません。

It could cause a loss of business, and the destruction of the company.  The thing is, there is a lot of prejudice in American society.  White Americans are oblivious to this.  White Americans, as a whole have never accepted Black people, or Asian people as being equal.

ビジネスを失って、会社が潰れる可能性が有ります。はっきりに言うと、アメリカの社会で民族差別は多いです。アメリカの白人はこの事を全然気づかないです。基本的に、アメリカの白人は黒人でも東洋人でも平等な人間として認めません。

Right now, America is teetering into Race War.  Take a look at these pictures.

現在のアメリカは民族戦争近いでしょう。下記の写真を見て下さい。

Those were pictures of the race riots in Baltimore, in April of 2015.
The pictures below are of recent riots in Ferguson Missouri.

2015年の4月のボルチモアの黒人暴動です。下記の写真は、ミズーリ州ファーガソン市の暴動です。


To make things worse in Ferguson Missouri, a group of primarily White militia called the oath keepers are getting involved.

ファーガソン市で、白人民兵組織兵士の”宣誓キーパー”と集団が参加しています。

While they claim to want to protect business against Black rioters, they also claim to protect Black people against the police.

彼達の話では、黒人暴動者から白人の店を守る、デモ黒人を警察から守ると言っています。


Oath keepers on the streets in Ferguson Missouri

ミズーリ州ファーガソン市の街の中の宣誓キーパーたちです。

http://gawker.com/whose-side-are-the-oath-keepers-in-ferguson-on-1723917237

There are  many such militia groups in America.  They are primarily White, and basically intend to protect the White race.

アメリカでは、こう言う民兵組織兵士の集団は多いです。ほとんど白人で、白人民族を守る目標が有ります。

Here is a list of militia groups in America.

下記は、アメリカの民兵組織兵士集団のリストです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Militia_organizations_in_the_United_States

There are also many groups of Black people calling for Race War.

民族戦争を始めたい黒人組織もたくさんいます。

A radical Black Panther leader who wants to kill White people.

白人を殺したい急進的なブラックパンサー党のリーダーです。

http://washingtonweeklynews.com/new-black-panther-leader-hunt-down-and-kill-white-people/

http://www.zerohedge.com/news/2015-08-04/louis-farrakhan-urges-black-community-rise-and-kill-those-who-kill-us

http://toprightnews.com/black-men-shout-death-to-all-you-crackers-to-whites-on-the-street-media-silent/

I think America is heading for serious internal warfare.

アメリカは内乱へ向かっているでしょう。

People in America try to fix things with quotas.  That is why Mr. Jackson is targeting Silicon valley.  But in this case, it is a serous mistake.  The idea of quotas assumes that all people are equal, that a perfect society would have the racial and gender mix in all areas, the same as the general population.

アメリカ人は定数で社会の直そうとします。それで、ジャクソンさんはシリコンバレーの会社を狙っています。しかし、この場合にこれは大きな間違いです。定数と考えで、すべての人間が平等の事を仮定している、完璧な社会で民族と性別のミックスは社会のどんな所でも人口の中に有ります。

But in the case of Silicon valley, there is an extreme shortage of scientists and engineers.  I have written of this before.

しかし、シリコンバレーの会社で科学者と技術者はとても不足です。以前、私はこのブログでこの問題について書いていました。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2012/06/part-2-why-are-americans-so-ineptpart-2.html

I think that if the engineers and scientists existed in America, Silicon valley companies would gladly hire them.  The problem is, intelligent Americans do not study science or engineering.  The go into careers in finance or become lawyers, simply to make a lot of money.

もしアメリカでは、この科学者と技術者がいたら、シリコンバレーの会社は喜んで雇うでしょう。問題は、頭がいいアメリカ人は科学、技術学を勉強しません。金融、それとも弁護士のキャリアを選びます。何故か、ギャラがいいですから。

But what I think will eventually happen is, that due to pressure by social groups, laws will be created, these laws will push quotas, forcing Silicon valley companies to accept non qualified people as engineers.  Then their product quality will decline, and America as a nation will take another giant step towards collapse.

しかし、だんだんこうなるでしょう。色々な社会活動グループの圧力で、法律が作られ、この法律は定数哲学を進めて、シリコンバレーの会社は資格がない人を雇わせるように成ります。それで、その会社の製品や活動は下がって、アメリカは国として崩壊の状態までに向かいます。

And America is too full of too many selfish groups demanding rights.  A society needs standards to function.

アメリカは自分の権利を要求しているわがままのグループが多過ぎです。社会が機能する為に、基準が必要です。

Facebook has 51 gender identities.

フェスブックの性別のアイデンティティーの数は51です。

http://www.thedailybeast.com/articles/2014/02/15/the-complete-glossary-of-facebook-s-51-gender-options.html

This is ridiculous.  There have always been Gay people.  And there have always been people who were a bit of both straight and Gay.  So what?

これは、ばかばかしいです。人類の中で、ゲイの人はいつもいました。それと、ストレートとゲイのミックスの人もいました。問題は何ですか?

This effort to force diversity in Japan is another case of America attempting to force it’s culture upon Japan.  It has not worked in America.  In America it has only led to social disorder.

日本にこう言うダイバーシティを強制的に押し付ける試みは、アメリカが自分たちの文化を日本に押し付けるケースです。でも、アメリカでダメでした。アメリカでは、結果は社会の混乱だけです。

http://www.japantoday.com/category/business/view/thinking-differently-japan-works-to-escape-the-galapagos-effect?utm_campaign=jt_newsletter&utm_medium=email&utm_source=jt_newsletter_2015-09-08_AM

Japan should not listen to such foreigners.  Japan is a unique country.  It’s uniqueness is the source of it’s beauty.

日本人はそう言う外国人を相手しない方がいいです。日本は特別な珍しい国です。この珍しい事は、日本の美しい所の原点です。

I am not at all against foreigners coming to Japan.  I myself was born in a foreign country.  But foreigners who receive status from the Japanese government to stay, should be required to speak, read, and write Japanese.  They should have an understanding of Japanese culture and customs.

私は外国人は日本に入国反対では有りません。私自身は外国生まれです。しかし、日本政府から日本永住許可を受けている外国人に、日本語を話すだけではなく、読み書きも必要とするべきでしょう。日本の文化と習慣を理解するべきでしょう。

I think there should be an examination to grant permanent alien resident status.

日本政府が永住許可の試験が必要と思います。

We can take a few such foreign people.  But taking in large amounts of refuges, or creating foreigner friendly zones, is a mistake.  They will never assimilate.  They will preserve their own language and customs inside Japan.  They will be basically unemployable.

そう言う外国人を数人日本社会に入れる事が可能です。でも、数多くの難民、それとも日本国内で外国人有利地域を作る事は間違いです。この人たちは日本に同化しません。日本国内で自分たちの言葉、自分たちの習慣を守ります。基本的に日本で雇う事が不可能に成ります。

They will demand special rights.

彼達は特別権利を要求します。

And the areas they reside in will become centers of crime and prostitution.

彼達が住んでいる地域では犯罪、売春行為などの街に成ります。

In the very near future, in about two years, due to climate change we will not have enough food to feed Japanese people.  If you read any of my blog entries about American drought, you will know that America itself is about to collapse.

近い将来に、後2年位、温暖化で日本国民を食べさせる食料は有りません。私のこのブログでアメリカの干ばつの投稿を読めば、アメリカは崩壊近い状態で分かります。

We should stop worrying about foreigners, and instead see to the needs of Japanese people, and preserve Japanese culture.

これより、外国人を考えるではなく、日本人に必要の事を与えて、日本文化を守る事は大切です。






No comments: