Saturday, March 18, 2017

第2次朝鮮戦争 A second Korean war


The United States and South Korea are now conducting massive war-games over increased tension with North Korea.  There are articles with talk of killing the North Korean leadership.

北朝鮮で緊張感が高まりながら、アメリカと韓国は、現在、巨大な共同軍事訓練中です。あるマスコミの記事で、アメリカの北朝鮮リーダーシップを殺される機能を書いています。

https://newsline.com/u-s-special-operations-units-join-major-south-korean-war-games/

Here are some articles I have written how such a war might go, and how it would affect Japan.

以前に、私は現在の朝鮮戦争に成ったら、どう成る可能性を書いています。

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2010/05/second-korean-war.html

http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2010/06/second-korean-war-and-its-possible.html




Friday, March 17, 2017

『アメリカ白人の闇』が待望の電子化!


拙著『アメリカ白人の闇』が待望の電子化! 次の電子書店にて好評配信中!!
         ☆☆☆☆☆ 
ブックウォーカー、楽天kobo、iBookstore、BookLive!、BOOKSMART、GALAPAGOS STORE 
※キンドル、ひかりTVブックでは24日から配信予定です。

https://bookwalker.jp/deabf52cba-3bb3-46e0-9bd3-6496fda45f82/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%99%BD%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%97%87/



「アメリカ白人の闇」(桜の花出版)も書店で発売しています!

http://www.sakuranohana.jp/books/9784434228704/

あらすじ・内容

『アメリカ人の本音』の著者、マックス・フォン・シュラー氏が、誰がトランプ氏を支持したのか、明快に解説
予想を裏切って、ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ大統領に選出されてから早1カ月。
アメリカを良く知る人々はなぜ、選挙結果を読み間違ったのか。
『アメリカ人の本音』の著者、マックス・フォン・シュラー氏が、誰がトランプ氏を支持したのか、明快に解説している。それは、絶対優位が崩れ去り、自分たちの知る良きアメリカが失われていくことに危機感を抱いたアメリカ白人層だった。マイノリティを守る名目で国家を破壊していく偽善者の白人左翼、自分たちと違う者は徹底排除するキリスト教原理主義者の白人右翼、いまだ虐げられていると恨む黒人コミュニティ…。
アメリカ社会の奥底に渦巻く憎悪と我欲が、一触即発でアメリカを内戦へと引きずり込むと著者は言う。
本書を読むと、日本人がアメリカに対して抱いている自由の国、すべての人にチャンスがある国というイメージはガラガラと崩れ去るだろう。
意外なことに、日米関係は、クリントン氏が大統領になるより良かったという著者。ただし、日本側も変わることが要求される。日本はどうあるべきか。日米両国をよく知る著者からの提言!



Friday, February 24, 2017

『「太平洋戦争」アメリカに嵌められた日本』が、ワック文庫で、2月27日に発売されます!


『「太平洋戦争」アメリカに嵌められた日本』が、ワック文庫で、2月27日に発売されます!

2015年7月に単行本で発売になり、少し加筆しました。日本語のみです。


http://web-wac.co.jp/book/bunko/1200

日本人の持っている米国観、米国人の持っている日本観、そこには日米双方が理解しあえていない、お互いの認識に大きなずれがある。

日本における知米派の持つ米国観が、根底から覆る程の衝撃的な米国人の本音が書かれた一冊。

現在までの日米関係を、自身の体験も踏まえながら書かれていることで、日本人自身が自虐的な側面を見直して、これからの日本の行く末について、そして真の友人としての日米関係を改めて考えさせるものに仕上がっている。

日米関係史の研究者には今までとは異なる視点が得られる一冊となるでしょう。




Thursday, January 26, 2017

~ シンポジウム ~不可解な国アメリカ★2月10日(金)★


~ シンポジウム ~
不可解な国アメリカ

★2月10日(金)★
★19:00~ (18:30開場)
★スカイホール 文京シビックセンター26階
★参加費1000円
  事前予約不要
 どなたでもご参加頂けますので、どうぞお気軽にお越しください。

http://www.hiizurutokorokara.com

https://www.facebook.com/events/1814132792190619/



◎歴史研究者
マックス・フォン・シュラー・小林

◎日出処から代表
内野 弘道 氏

Wednesday, January 18, 2017

日本の2017年、まずアメリカを考えましょう。 Japan looks at 2017, first America


Donald Trump won the election.  Civil War in America has been postponed for about 6 months.

トランプ氏が選挙に当選しました。アメリカの内乱は半年ぐらい伸ばしました。

Left wing Americans seem welded to identity politics.  They feel that to make a just society, the same number of women, gay people, or minority recoups must be politicians, regardless of qualifications.  That is why people of the Left keep talking about how Donald Trump insults immigrants, or women.

アメリカの左派は、「アイデンティティ政治」を諦めないみたいです。その意味は、左派の気持ちで、正義的な社会を作る為に、普通の人口と同じパーセンテージのゲイ、女性、少数派の人を、能力がなくても、政治家にするべきと思っています。それで、アメリカ左派が、永遠に、トランプ大統領が、女性、移民に失礼な事を言っていると告発しています。

I do not care about his women stories.  As far as immigrants, illegals are criminals, just that.  Americans, especially the Left, play word games with words like “undocumented aliens”.  A person who does not have legal status is a criminal, no matter what the circumstances.

トランプ大統領の女性問題の話を気にしません。移民の話で、違反の人は犯罪者です。アメリカ人、特に、左派は言葉ゲームを行っています。例えば、違反移民は「書類ない移民」と言う新しい言葉を作っています。でも、どこかの国に住める基準以外で住んでいる人は犯罪者です。

The American Left has become too wrapped up in this identity politics concept, and they have failed the nation.  American White women are the most pampered people in the world.  Black people should work harder themselves, White people are really not going to help them.

アメリカの左派は、この「アイデンティティ政治」政策を入れ過ぎて、国の希望を潰しました。アメリカの白人女性は、世界一甘やかされた人です。黒人がもっと努力をするべきです。アメリカ白人は黒人を本当に助けるわけないです。

When students rioted across America after Trump’s victory, the Japanese media missed the main story.  They reported that the riots meant Trump is a terrible person.  No.  What it means is that the American Left threw a childish temper tantrum.  Actually, the students collapsed into non functioning people.

トランプ氏が当選した時に、アメリカ全土で学生たちが暴動して、日本のマスコミがメインストーリーを見つめませんでした。日本のマスコミが、暴動の意味は、トランプ氏がひどい人と言う事が有りました。違います。本当の意味は、アメリカの左派が子供ぽいかんしゃく発作を行いました。実に、アメリカの学生たちが、勉強、仕事、生活などを出来ない、機能を果たさない人たちに崩壊に成りました。

At the University of Pennsylvania, students were offered puppies and kittens to help them in their distress at Trump’s victory.  The University of Michigan Law school had a workshop where students could color and blow bubbles.

ペンシルベニア州立大学で、学生達がトランプ氏の当選のストレス解消の為に、ペッティングを出来る子犬、子猫を用意しました。ミシガン州大学法学部で生徒たちがクレヨンで色を塗れるように線画が描かれた絵本とシャボン玉を準備しました。

https://www.youtube.com/watch?v=X9-5fYFjrbs

University students are supposed to be preparing for adult life.  If they cannot deal with their favored candidate losing an election, how can they deal with adult life?

大学生が大人生活の為に準備しているはずです。もし、好きな候補者の落選を我慢出来ない、大人生活をどうしますか?

The answer here is many Americans no longer can deal with adult life, and are non functional.

やはり、現在、数多くのアメリカ人は大人生活を出来ない、不機能です。

Such spoiled people in America are called snowflakes.  That is because they are so delicate.

アメリカでは、こう言う甘い人は、雪片{雪のかけら}と呼ばれています。何故か、とても虚弱です。

And in this election the Left has missed out on everything important, like disappearing food supplies due to climate change.

それと、アメリカの左派はこの選挙でアメリカの左派が大切の事、例えば温暖化で消えている食料を無視しました。

Actually, Donald Trump has said some good things.  For example he has said he wants to build more Arleigh Burke class destroyers and modify existing Ticonderoga class cruisers for the Navy.

実に、トランプ氏はいい事を言っています。例えば、海軍の為にアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦をもっと造りたい、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦を現代化にしたいと言っています。

https://www.navytimes.com/articles/donald-trumps-navy-bigger-fleet-more-sailors-350-ships

This makes sense, as the new stealth destroyers are useless.  6 out of 7 ships cannot move because of design problems.

アメリカ海軍のステルスズムウォルト級ミサイル駆逐艦は、不機能です。設計問題で今の7隻の中で6隻が動きません。

http://www.nationalreview.com/article/440402/united-states-navy-littoral-combat-ships-cheaper-frigate-designs

President Trump is also very critical about the F-35.  Well rightly so.  It is an awful design, an aircraft that can barely fly.

トランプ大統領は、F-35軍機にとても批判的です。これは正しいです。その軍機の設計がひどく、飛ぶのはぎりぎりです。

http://www.defensenews.com/articles/trump-tells-twitter-he-wants-a-super-hornet-with-f-35-capabilities

http://sploid.gizmodo.com/the-designer-of-the-f-16-explains-why-the-f-35-is-such-1591828468

Some people in Japan who believe everything that Americans say will be surprised.  The truth is, the Osprey, the F-35, stealth warships are very badly designed, they are just to make money for their manufacturing corporations.  Whether these weapons can actually be used in combat or not is not a factor for the corporations that make them.

アメリカ人のどんな話でも信じる人が驚くでしょう。真実は、オスプレイ、F-35、ステルス軍艦の設計が本当に悪く、製造会社の利益の為に造る事だけです。その会社が本当に戦場で使えるかどうかの事を考えていません。

Japanese people will be surprised.  Are American corporations so terrible, that they don’t care?

日本人が驚くでしょう。アメリカの企業は本当にそんなに恐ろしいですか、全然自分の製品が使えるかどうか気にしませんか?

Yes they are.  They only care about profit.  And that is why TPP is so dangerous.  Or was, until President Trump decided to cancel it.  It was designed to take all financial assets from Japan and transfer them to a few extremely wealthy Americans.

そうです。利益しか考えないです。それで、TPPはとても危険です。トランプ大統領はTPPを中止した事が良かったです。TPPの意味は、日本の財産をすべて数人の超金持ちアメリカ人に移す事です。

The American concept of business is for a few people to take everything.  Unlike Japanese, Americans feel no obligation for workers, or anyone else.

アメリカ人のビジネスの考えは、数人がすべての財産をとります。日本人と違って、労働者、その他の人の幸福を考えません。

I found this article on the net.

ネットで、この記事を見つけました。

http://www.thevintagenews.com/2016/11/10/trust-us-stump-houses-were-a-thing-2/

When White people first moved into the American Pacific Northwest, they found many giant trees.  Logging companies cut them, and immigrants worked for the logging companies as lumberjacks.

白人が初めてアメリカの太平洋岸北西部に入りました、巨大な木がいっぱい有りました。材木会社がその木を切って、木こりとして移民が働きました。

But the logging companies did not provide any material fro the workers to build houses to live in.  So the workers cut houses out of tree stumps.

しかし、その木こりが家を造る為の材木をもらえなかったです。それで、労働者が巨大な木の根本の部分に住まいを造りました。





If the companies had provided materials, it would mean less profit.  They simply did not care how their workers lived.  This is basic American thinking.

その会社が木材をあげれば、利益が減ります。労働者達はどう言う生活をした事を気にしませんでした。これは、アメリカ人の基本の考え方です。

And Americans look down on people who are poorer than them.  A few years ago the Occupy Wall street movement appeared to protest the wealth gap in America, which is destroying people’s lives.

アメリカ人は自分より貧しい人を軽蔑しています。数年前、’ウォール街を占拠せよ’運動が人々の人生を潰されているアメリカの格差を抗議する為に現れました。

In a protest in New York City, the protesters got into Wall street.  this video shows American rich investors laughing at them.

あるニューヨーク市の抗議で、抗議者がウォール街に侵入出来ました。下記のビデオで、アメリカの金持ちの投資者達が抗議者に笑っています。

https://www.youtube.com/watch?v=2PiXDTK_CBY

By the way, that is how the American establishment thinks of Japan.  They think of us as funny people, less intelligent because Japan wanted to enter TPP.  With it’s ISD, Investor State Dispute structure, they would have always ruled in favor of America.  Eventually the Japanese economy would have been destroyed, and all Japanese have become impoverished.

ところで、アメリカのエリートが日本を同じように考えています。彼達の考えで日本人が変な人、知識がない、何故か日本がTPPに参加したい気持ちが有ったから。TPPが現実に成ったら、ISD投資家対国家の紛争解決はいつもアメリカ有利の解決をしました。そのうち、日本経済が崩壊されて、日本人全員が貧しい人に成るでしょう。

It seems that Toyota corporation in particular believes that TPP would have been a good thing, they will try to persuade President Trump to put it into effect.

トヨタ自動車株式会社は特にTPP がいい事と信じているみたいで、トランプ大統領にTPP を行うように説得努力中です。

https://www.japantoday.com/category/politics/view/japan-seeks-way-out-of-trumps-bad-books-on-trade?utm_campaign=jt_newsletter&utm_medium=email&utm_source=jt_newsletter_2017-01-13_PM

Toyota Corporation does not understand two things.  One, President Trump has a very short window of time, where he must show great progress in increasing jobs inside America, and that American people will directly benefit.

トヨタ自動車は二つの事を分かっていません。一つ、トランプ大統領は時間が有りません。すぐにアメリカ国内で仕事を増やしていて、アメリカ国民が直接利益が出る事をしなければ成りません。

He must then be anti Globalist, since Globalism has hurt American people.  They are ready to revolt, and if they do not perceive tangible benefits soon there will be Civil War and violent revolt in America.

彼は反グローバルズムをしなければ成りません。何故かグローバルズムでアメリカ国民が損害に成っています。もう革命をするところです。すぐ実体的な利益がないと、内乱して、暴力的な革命がアメリカで行われます。

Then you can forget any kind of business in America.

それで、日本企業のアメリカビジネスが無理です。

The second thing Toyota should understand is that American car companies would attack them in some other way, lawsuits, or maybe faked data that would show Toyota cars to be unsafe.

もう一つのトヨタ自動車が理解していない事は、アメリカの車の製造社が別の方法で攻撃します。訴訟、それともトヨタの車が安全ではない偽造情報を利用するかも知れません。

Americans think of business in the same way they think of war.

アメリカ人はビジネスと戦争を同じように考えます。

When the Mongols attempted to invade Japan in 1274 and 1281, they were destroyed by divine winds which sank their fleets.

1274年と1281年に、モンゴルの侵略試みは「神風」で崩壊されました。



By destroying TPP, we can think of Donald Trump as being a modern day “Divine Wind” that saved Japan.

TPPを潰して、トランプ大統領が現代の「神風」のように日本を救いました。

Since I depend on medication, and the Japanese National Health care system to survive, I am grateful.  If TPP had become reality under Hillary Clinton as President, within a few years the Japanese National Health care system would have been destroyed and replaced by American insurance companies.

私は、現在、日本の国民健康保険と薬物治療を生きる為に頼っています。トランプ大統領に感謝が有ります。もしヒラリー・クリントンさんが大統領に成っていたら、 TPPが現実に成って、数年経ってから日本の国民健康保険が崩壊されて、代わりにアメリカの保険会社が日本の医療市場を支配しています。

Since 700,000 people go bankrupt each year because of health costs in America, we can see how that would effect Japan.

毎年アメリカで700,000人が医療コストで破産に成ります。アメリカの保険会社が日本医療市場を支配すると、ひどい影響に成ると分かります。

And when many Americans get sick, they commit suicide so that their families will not become bankrupt.

数多くのアメリカ人が病気に成る場合、家族が破産に成らないように自殺します。

American corporate greed has destroyed the American Middle Class, and created a Revolutionary Situation in America.  But Americans themselves have intensified this by creating such things as tyrannical political correctness.

アメリカの企業の欲張りがアメリカの中級クラスを崩壊させて、アメリカ国内で革命状態を作りました。アメリカ人も自分自身が圧政的なポリティカル・コレクトネスで問題を強めています。

And the Democratic Party, by retreating in fantasies of Russian hacking, has sought to distract us from the fact that the Democratic Primary election was the most corrupt ever.

アメリカ民主党はロシアのハッキングしている空想で、民主党予備選挙がアメリカの歴史の中で最も不正の史実をそらしています。

Well, Clinton was the American corporate pet, the American corporate world wanted to her to win by any means possible.

クリントンさんはアメリカ企業のペットですので、アメリカの企業はどんな方法でも彼女を勝ってほしかったです。

The US media has become a total failure.  In the past, the US media had such great men as Edward Murrow, portrayed in the movie “Good Night, and Good Luck”.

アメリカのマスコミは完璧に失敗でした。昔、アメリカが偉いマスコミで、エドワード・R・マロー氏のようなジャーナリストがいました。「グッドナイト&グッドラック」の映画に描写してます。

https://en.wikipedia.org/wiki/Good_Night,_and_Good_Luck

I remember Walter Cronkite.  When he showed his anger about the Vietnam war on the evening television news, all of America believed  him.  He had a great effect on ending American involvement in that war.

ウォルター・クロンカイト氏を覚えています。彼は夕方のニュース番組でベトナム戦争について怒りを見せて、アメリカ人がすべて彼を信じました。彼はアメリカがその戦争を諦める事に大きな影響が有りました。

Now, the American mass media has degenerated into a propaganda machine.  They completely obeyed orders, merely insulting Donald Trump and cheering Hillary Clinton.  They did no analysis or real reporting whatsoever.

現在、アメリカのマスコミは只のプロパガンダ機関に堕落しています。選挙の報道を企業の命令通りにしたので、トランプ氏に侮辱とクリントンさんに応援しかしませんでした。研究と本当の報道は、全然しませんでした。

This will become a serious problem in the Trump Presidency.

トランプ政権で大きな問題に成るでしょう。

And the Japanese media, without doing any research on present day America, just followed the lead of the American media.

日本のマスコミは現在のアメリカを研究しないで、只アメリカのマスコミの報道をコピーしました。

The Revolutionary situation is still there.  President Trump has only a very short time to show that he can create prosperity for Americans, or America will explode.

アメリカの革命状態はまだ有ります。トランプ大統領は短い期間でアメリカ人の豊かな生活を作れないとアメリカが爆発します。

I think the big lesson from American corporate mistakes, that President Trump will attempt to correct is this.  The stability of the State depends on the prosperity of the populace.  Destroy that prosperity, and you destroy the State.

トランプ大統領がこれから直すつもりのアメリカ企業失敗の勉強は、これです。国の安定性は国民の繁栄に頼っています。繁栄を潰すと、国も潰します。

To be honest, I think President Trump has only a small possibility of success, as America’s problems are so great, and there is so little time.

正直に言うと、トランプの成功の可能性は少ないです。アメリカがいっぱいの問題が有って、時間も有りません。

I explain all this things in my book, The Dark Side of American White People.

私はこの問題を自分の本、「アメリカ白人の闇」で説明しています。



Friday, January 13, 2017

第19回勉強会「日米関係の哲学〜覚悟を決める時」(2017年1月25日(水))


第19回勉強会が決定しました。

日時:2017年1月25日(水)(開場18時45分)
   19時−20時50分

会場:東京ウィメンズプラザ 1階 視聴覚室A
   (最寄り駅:地下鉄:表参道駅)

http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx

オバマ政権との日米関係からトランプ政権との日米関係に変わることで、どれ程大きく違うことがおこると予想されるか、日本ではなかなか情報が出てこない米国社会の現実をふまえ、ハワイにおける日米首脳会談から見えること等、違う2名の知日米国人が、米国人の見方で、現実的に見通しを語ります。

現在の日本にとっては、天皇陛下の生前退位や皇位継承についてと、解決しなければならない最も大切な問題がありますが、国際関係を見ると、米国の方向性に大きく影響を受ける、同盟国という以上に米国の忠実なペットの様な日本。 これも大きな問題です。

トランプ氏が大統領就任初日にTPP離脱と言っていること、これだけは実行していただきたいところですが、米国だのみでぬくぬくしてきた日本人は覚悟を決める時がきたでしょう。

今回からは講義+αとして参加者の皆様との意見交換を重視した形で進める会とさせていただきますので、テーマに沿ったものや聴講していて疑問に思うこと等、どんどん質問を投げかけてください。

事前登録でどなたでも参加出来ます。

一緒に学び議論しましょう。 誇りある日本のために。

受付:18:45
開始:19:00
会場:東京ウイメンズプラザ  1階 視聴覚室A
会費:1,000円
講師:Max Von Schuler-小林 / Avery Morrow

講師略歴:
エイヴリ・モロー
アメリカ人。
カールトン大学宗教学部学士
 聖ジョン大学東洋古典講座修士
東京大学大学院宗教学研究室在学中
研究内容:日本の伝統・国学・神道の神秘主義
著書 「The Sacred Science of Ancient Japan」

 マックス・フォン・シュラー小林(元海兵隊・歴史研究家)
ドイツ系アメリカ人。
1974年岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。
退役後、国際キリスト教大学、警備会社、役者として日本で活動。
現在は結婚式牧師、「日出処から」代表講師。
著書 「アメリカ人の本音」(桜の花出版) 「太平洋戦争 アメリカに嵌められた日本」(ワック)「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」(ハート出版)「アメリカ白人の闇」(桜の花出版)

facebookのサイト:https://www.facebook.com/events/1817036311917478/

お申込み: http://www.hiizurutokorokara.com/contact.html

終了後、近所の居酒屋で「オフレコの会」をやりますので 、
ぜひそちらにもご参加ください。
「オフレコの会」は、参加者頭割り(前回は3000円)。

Wednesday, December 21, 2016

「マックスさん新刊発売記念セット」(20%OFF!)


私の新刊『アメリカ白人の闇』と、ずばり切れ味よい『アメリカ人の本音』、二冊セットで、今なら20%OFF!! (^o^) (^o^) 桜の花出版ネットストアで、送料無料です。

以前お知らせ致しました、アメリカ人著者だからこそ語れる、アメリカの今が怖いほどよく分かる最新刊と、アメリカ人のこれまた怖いほどの本音がわかる日英二か国語本。この二冊で、今のトランプ現象とアメリカ人が、非常によく理解できます!!

日本ではいまだ評価の別れるトランプ氏ですが、トランプ氏が大統領になっていなかったら、アメリカは大変な事態に陥っていた。大変な事態とは…!?
さらに、日本にとっても、トランプ大統領で良かった、と。その理由とは!?

「マックスさん新刊発売記念セット」この機会を是非お見逃しなく!

http://www.sakuranohana.jp/store/set/48/228704198359/