Wednesday, January 16, 2019

Madness: The seeds of war Part II 狂気:戦争の種 パートII South Korea: The road to war with Japan 韓国:日本と戦争への道を歩みます。

Part I of this series, on the road to American internal war,  appears here:

このシリーズのパートI、アメリカ国内戦争への道を歩むは、ここです。

http://tokyomaxtalks.blogspot.com/2018/12/madness-seeds-of-war-part-i-i.html

Madness:  The seeds of war  Part II

狂気:戦争の種 パートII

South Korea:  The road to war with Japan

韓国:日本と戦争への道を歩みます。

In South Korea, President Moon Jae In has gone insane.  He is destroying the defenses of Seoul.

韓国では文在寅大統領は気が狂っています、ソウルの防衛要塞を破壊されています。


An anti tank obstacle north of Seoul being destroyed

ソウルの北に有る対戦車の障害が破壊されています。

Here is a very good site that translates articles about Korea from Korean into English.

下記のサイトが、韓国国内記事とニュースを英語に訳しています。良い情報です。

https://eastasiaresearch.org/

This link is very interesting.  It describes how President Moon wishes to withdraw the 7th mechanized Corps from north of Seoul, and the 2nd Marine division from the Han river estuary.  This would leave no forces north of Seoul, it would be an hour and a half drive for the North Korean Army.

下記のリンクは面白いです。文在寅大統領がソウルの北から第7機械化兵団と漢江河口から第2海兵隊師団を撤退する希望が有ると説明しています。この行為はソウルより軍部隊をすべて無くする、北朝鮮軍がソウルまで一時間半の運転で入ります。

https://eastasiaresearch.org/2018/08/18/seoul-vulnerable-the-abandonment-of-the-dmz-and-the-destruction-of-south-koreas-military-capability/

Perhaps that is his intent.  Have the North Korean Army arrive in Seoul, and announce reunification.  This is guaranteed to provoke massive chaos in South Korea, and immense wave of Korean refugees to Japan, and civil war in the Korean peninsula.

それは彼の計画かも知れません。北朝鮮軍がソウルに到着して、再統一を宣言します。こう言う行為が韓国国内で大混乱、日本へ数多くの難民が行きます。朝鮮半島で内乱起きます。

Also, he has gutted the Domestic Counter Intelligence by attacking the Defense Security Command and the National Intelligence Service.  He has reassigned many of their officers without putting in replacements.

それと、国内防諜のはらわたを抜かれました。国軍機務司令部と大韓民国国家情報院に攻撃しています。その両方の機関の士官を別の仕事へ出して、後継者を入れていません。

These organizations track and find North Korean spies inside the South.

この機関が韓国国内北朝鮮の工作員を探して追跡します。

President Moon seems very determined to push for a fast reunification for his own egotistical purposes.  The nations are entirely different, yet he is in a hurry.

文在寅大統領が自分の自負心の為に急な再統一を決然的に努力をしているでしょう。両国がとても違いますが、彼は急いでいます。

The reunification of Germany was very difficult, and almost did not succeed.

ドイツの再統一の成功は、ギリギリでした。

The differences between the Koreas are simply too immense to reunify quickly.

コリアの両国に違いが有り過ぎ、急な再統一が無理です。


The two Koreas at night.  This photo illustrates the difference between the two nations.

夜の両方のコリアです。この写真で両国の違いを例証しています。

To distract people from the problems of reunification, war against Japan is very probable.  Many South Korean Leftists, including President Moon, believe in fictional fantasy that reunification will create some Great Korean Empire.

再統一の問題から国民を転ずる為に、日本と戦争する可能性が高いです。数多くの左派の韓国人、文在寅大統領を含むて、再統一で大コリア帝国を出来ると言う空想的なファンタシーを信じています。

Leftists have long fabricated the history of the Japanese annexation period, and relations with Japan in general.  Hating Japan has become a national obsession.  Hatred of Japan is already being used to distract people from the Korean Left wing plans to reunify the countries.

長い間、左派が日本・朝鮮併合時代と日本交流の歴史をでっち上げました。日本にたいして嫌悪感を持つ事が国民の妄想に成っています。現在に、国民の注目を再統一計画から転ずる為に日本の嫌悪感を利用されています。

They are very deluded.  It will bring war, and destroy South Korea as a modern nation.

彼達はとても勘違いしています。これで戦争に成り、韓国が現在国として破壊します。

In December of 2018, South Korea has begun the initial stages of war against Japan.  The Japanese corporation Nippon Steel & Sumitomo Metal has been ordered to pay compensation by a Korean court for Koreans who worked there in WWII.  A South Korean warship locked on it’s fire control radar to a Japanese reconnaissance plane in the Japanese Economic Zone.

2018年韓国が日本と戦争する最初の段階を行いました。新日鐵住金、日本の企業が韓国の裁判で大東亜戦争時代で働いた韓国人に賠償を払う命令をされました。韓国の軍艦が日本EEZで日本海上自衛隊偵察機に対空ミサイルのターゲットレーダーをロックオン(照射)しました。

The whole problem of labor redress is not about pay.  It is about the fact that ethnic Koreans worked for Japanese companies in WWII.  Well, the nation was at war, everyone had to work.  The ethnic Korean workers were paid normal wages.

この労働矯正の問題点は給料で有りません。大東亜戦争エスニックコリアンの人が日本の会社で働いたことです。まあ、国は戦争中で、皆働きました。エスニックコリアンの人が普通の給料を貰いました。

This lawsuit is about humiliation, and it shows the worst of Korean Leftist thinking.  At the time of annexation to Japan, there were no Korean companies.  None.  But the present Korean Left says it was humiliating for Koreans to work for Japanese back then.  Well, first of all, it was one country back then.

この訴訟の 理由は屈辱です。これで韓国の左派のひどい考え方が分かります。日本と併合時代に当時朝鮮の会社が一つも有りませんでした。ゼロでした。しかし、現在の韓国の左派の話で、エスニックコリアンの人が日本の会社で働くことが屈辱と言いてます。まず、当時は同じ国でした。

In Japan, Mitsui and Sumitomo both date from the Edo era, Sumitomo from 1615.  But there simply were no such Korean commercial enterprises.  This is another case of extreme Korean jealousy, and desire for revenge against Japan.

日本では、三井、住友が江戸時代から始まり、住友は1615年からです。そう言う朝鮮の企業は有りません。この話は韓国の超ヤキモチ感、日本に復讐をしたい気持ちです。

But these are extremely hostile acts.  It will now become impossible for any Japanese company to do business in Korea.  The Korean side says they will begin confiscation of Nippon Steel & Sumitomo Metal assets, including corporate held stocks.  This freezing of assets, or confiscation, only happens when countries are about to go to war.

しかし、これはとても適性行為です。これより、どんな日本企業でも韓国で商売が不可能に成ります。韓国側で新日鐵住金の財産を 没収します。企業持ちの株も含めています。こう言う没収、それとも資産の凍結のことを国が戦争の時しか行いません。

The radar lock on of a Japanese reconnaissance aircraft by a Korean warship inside the Japanese EEZ was an extreme provocation.  It means we will kill you, and there is no way it could have happened by mistake.

日本EEZ内の日本海上自衛隊偵察機に対空ミサイルのターゲットレーダーをロックオンがひどい挑発です。この意味は、貴方を殺す、間違いで有るわけないです。

And the Korean ship refused to answer communications by the Japanese aircraft.  This is also extremely arrogant and dangerous.

それと、韓国の軍艦が日本機のラジオ連絡の返事を拒否しました。これは傲慢てき、危険な活動です。

After a week of confused and contradictory answers as to what had happened, the Korean side settled on “Japan was bad!”.  They said that the Japanese aircraft “buzzed” the ship.  No.  It is clear in the video that Japanese plane was flying at a reasonable distance.

この事件はどう言う事について、一週間のごちゃごちゃ、矛盾な返事してから、韓国側がやっと”日本が悪い!”の解決しました。韓国側から日本の偵察機が韓国軍艦の上にすれすれに飛んだと言いました。違います。ビデオで日本機が合理的な距離で飛んでいる事をはっきり見えます。



This photo shows what buzzing a ship means.  It is a Russian Su-24 flying low over a US warship in the Black Sea.  The Koreans prepared their own video, in 8 languages, to send around the world.

この写真が、軍機が軍艦の上にすれすれ飛ぶの事例です。ロシアのSu-24が黒海でアメリカの軍艦の上低い飛行をしています。韓国人が8ヵ国語でビデオを準備して、世界の国々に送りました。

But the world is pretty aghast at Korean actions on this issue, such fire control radar lock on is simply not done.  Just what was that South Korean warship really doing with a North Korean vessel?   There are other mysterious flights from the South to the North via Africa.

しかし、世界の国々が韓国の行為で仰天しています。対空ミサイルのターゲットレーダーをロックオンがとんでもないです。それと、その韓国の軍艦、北朝鮮の漁船がどう言う活動中でしたか?他に、アフリカ経由韓国から北朝鮮の謎な飛行が有ります。

https://eastasiaresearch.org/2018/11/24/is-south-korea-running-a-courier-service-for-north-korea/

There are people in Japan trying to down play both of these actions, in order to preserve peace.  I am very sorry, it is too late.  We have now passed beyond peace.  The South Korean Left does not desire peace, but desires subjugation of Japan.

平和を守る為に、日本では、両方のこの問題を軽視する人が居ます。ごめんなさい、遅いです。平和を出来る状態も超えました。韓国の左派の希望は平和ではなく、日本の従属です。



The above poster shows a popular radio announcer on KBS, Korean National radio, a few years ago.  His meaning is obvious, Korean should conquer Japan.  And to my knowledge, the Japanese government made no protest about this poster.

上記のポスター数年前のKBS(韓国のNHK)ラジオ番組の人気アナウンサーを示しています。意味が明らかで、韓国が日本を征服するべきです。私は知っているかぎりで、このポスターに日本政府抗議していません。

Well if war, what is likely?  I see two possibilities.  The invasion of Tsushima, or the invasion of Kyushu.  Japanese people might expect America to protect us, but remember, Americans do not know history.

まあ戦争が可能でしたら、どこで?可能性の所が二つでしょう。対馬の侵略、それとも九州の侵略です。何人の日本人がアメリカは守ってくれると思うけれど、しかし、真実はアメリカ人が歴史を完璧に知りません。

In 1974, two American NATO allies, Greece and Turkey, went to war in the island of Cyprus.  America was in a dilemma, it had treaty obligations to both countries.  In the end, the island was partitioned and remains so to this day.

1974年に、二つのNATO同盟国、ギリシャとトルコが、キプロス島の問題で戦争をしました。アメリカは窮地でした、両国に条約の義務が有りました。それで、キプロス島は分裂され、現在までにその分裂が残っています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Turkish_invasion_of_Cyprus

In the case of a Tsushima invasion, I think President Trump would try to get Japan and Korea to negotiate.  Koreans will claim that from ancient times Tsushima was Korean, they already do so.  That of course is not true.

対馬の侵略の場合、トランプ大統領が日本と韓国両国に交渉をするように努力と思います。韓国人が昔から対馬は朝鮮領土と主張するでしょう、現在にもそうしています。勿論、それは嘘です。

However President Trump is in the middle of a battle for his political life.  He will have little knowledge of Japanese or Korean history, or the history of Tsushima.  Once negotiations begin, Japan has lost Tsushima to Korea forever.  In such a case, we must continue fighting no matter what America says.  Remember, America will put it’s own interests first.

しかし、トランプ大統領は自分の政治生命の戦中です。日本と韓国の歴史、対馬の歴史を知れません。交渉を始まると、日本が永遠に対馬を失っています。その場合、アメリカが何を言うっても、戦いを続く必要です。覚えて下さい、アメリカはいつも自分の利益が第一です。

I do not think an invasion of Kyushu probable for a couple of years.  It will be after unification of the North and South, and once President Trump is removed from office.  And an American Left wing government will not help Japan.

九州の侵略は数年間に成らないでしょう。北朝鮮と韓国が再統一してから、トランプ大統領が弾劾されてから、可能性が高く成るでしょう。アメリカの左派政権は日本をヘルプしません。

What should Japan do?  We must not be weak, we must be firm.  If Nippon Steel & Sumitomo Metal has it’s assets confiscated, do the same for Korean firms here.  As for the fire control radar lock on incident, until the Korean ship captain is punished, all Korean vessels are to be refused right of passage through the Japanese EEZ.  Korean vessels wishing to enter Japanese ports should wait at designated points just outside the EEZ, and be escorted in by Japanese Naval or Coast Guard vessels.

これから、日本はどうしたらいいですか?弱い立場ではなく、しっかりしないとダメです。もし新日鐵住金の財産を 没収されたら、日本に有る韓国企業に同じ事します。対空ミサイルのターゲットレーダーをロックオンにたいして、韓国軍艦の船長が罰をされるまでに、韓国の軍艦、貨物船が日本EEZ、排他的経済水域、通過禁止です。日本の港に入港したい韓国貨物船がEEZの外で決まっている所で待って、日本海上保安庁それとも海上自衛隊のエスコートで入港します。

Believe me, international opinion would support Japan on this.  This is an idea, an example, but such strong action must be taken.  No more apologies, no more appeasement.

この問題で世界の国々が日本に支持します。これは提案、事例ですが、強くしないとダメです。謝罪、宥和政策はダメです。

Too many Japanese think that by always apologizing, paying money even when we are not wrong, makes a problem go away.  It does not.  It makes the problem increase.  The only way to stop the Koreans from attacking Japan is to be firm now.

いつも謝罪する、日本が悪くないでもお金を払う事で問題が消えると考える日本人が多過ぎです。こう言う行為で問題が増えます。韓国人、朝鮮人の日本に攻撃を阻止する方法は一つしかない、現在に強い立場をする事です。

The only way forward with Korea is to stand firm with the truth.  Appeasement will only empower the crazed Leftists who now rule South Korea, and will encourage them to commit greater acts of outrage against Japan.

これより韓国と交流する方法は真実的な強い立場を行うしかないです。宥和政策で現在韓国を支配している愚かな左派の権限を強くするだけです。それで、日本にもっとひどい行為を行うように励まします。

Eventually, it will escalate until Japanese people are killed in some violent incident.  Then, the Japanese people who promoted appeasement and apology will be responsible for those deaths.

だんだん事件がエスカレートして、そのうちに何かの暴力な事件で日本人が死にます。それで、謝罪、宥和政策を促進した日本人がその死者の責任を持っています。

Japan did great things by introducing modern civilization to Korea in the annexation period, we must continue by a stick and carrot relationship.  In a world that was then full of brutal colonization, Japan’s policy was unique.  No more apologies or appeasement.

当時朝鮮に現代文明を紹介する事で、これより飴とムチの交流をするべきです。当時残酷な植民地支配時代日本の政策が唯一でした。謝罪と宥和政策はダメです。

There are many sane South Koreans who wish to take back their country from insanity.

精神異常政策から取り戻ししたい正気な韓国人が沢山居ます。

https://eastasiaresearch.org/2018/10/28/declaration-of-320-patriotic-leaders-to-oust-moon-jae-in-and-to-defend-the-nation-republic-of-korea-%eb%ac%b8%ec%9e%ac%ec%9d%b8-%ed%87%b4%ec%a7%84-%eb%b0%8f-%ea%b5%ad%ea%b0%80%ec%88%98%ed%98%b8/

It is the duty of the Japanese Nation to help these people return their country to a sane peaceful course.

この人達を韓国政策を正気、平和的のコースに戻るように、日本国民が手伝いをする事が義務です。

But this cannot be done by apologizing for crimes Japan did not commit.  And this is the only way to keep the respect of the international community.

しかし、これは日本が行ってない犯罪を謝罪する事で出来ません。この日本の強いコースだけで世界の国々の尊敬を守るしか有りません。

If South Koreans continue on the path of quick reunification, anti Japanese activity and persecution of Koreans who tell the truth about the annexation, self genocide will result.

韓国人が急に統一の道を続くと、反日活動が増え、併合時代の真実を言う韓国人の迫害を増えて、自虐殺に成ります。

You will go insane like the Khmer Rouge.  In a frenzy to create a new pure state, they killed all educated people, all doctors, engineers, teachers, administrators, artists, business people.  Mass famine was the result.  Instead of screaming how Japan needs to relearn history, Koreans should study the history of Cambodia from 1975 to 1978.  That is Korea’s future.

クメールルージュのように精神異常状態に成ります。純粋な新しい国を創るの逆上で、教育された人、医者、技術者、先生、経営者、芸術家、ビジネスマンをすべて殺しました。その結果は大飢饉でした。韓国人が、日本人が歴史を学び直しを叫ぶではなく、韓国人が1975年から1978年のカンボジアの歴史を勉強した方がいいです。それは韓国の将来です。

Anti Japanese activity is certain to increase.  All foreigners resident in South Korea should plan on leaving very soon, this movement will be very nationalistic and dangerous to foreigners.

反日活動がこれより増えます。韓国に住んでいる外国人がすぐ撤退計画するべきです。この運動がとても国粋的、外国人に危険です。

This includes all Japanese people who do not have an essential reason to be in Korea.  They will be useful as hostages for the Leftist Korean government.  Or later on as slaves.  And Americans should leave also.  The Korean Left hates Americans very much.  The reason is that in the Korean war, America accepted an armistice dividing Korea, instead of pushing for a unified Korea.

これは必須的な韓国にいる理由の日本人をすべて含めています。左派韓国政府に人質で利用される可能性が有り、その後奴隷に成る可能性が有ります。韓国の左派がアメリカ人にたいしてとても嫌悪感が持っています。何故か、朝鮮戦争でアメリカが朝鮮半島を分けて停戦状態、朝鮮半島の統一ではなく、を認めました。

That would have led to nuclear war.  Sometimes, accepting a half solution is the best course.

当時統一政策が世界核兵器戦争に成りました。時々、半解決を認める事はベストコースです。


Wednesday, December 26, 2018

Does South Korea intend to start a war with Japan? 韓国が日本と戦争する積りですか?


On December 20th, 2018, a South Korean warship locked an anti aircraft missile targeting radar on a Japanese Naval patrol plane.

2018年12月20日、韓国の軍艦が日本海上自衛隊偵察機に対空ミサイルのターゲットレーダーをロックオン(照射)しました。

This is an extremely dangerous and provocative act.  There are only two possibilities.  One, the crew of the South Korean warship went rogue, and did this by themselves.  Two, the South Korean government ordered this.

これは、とても危険で挑発行動です。可能性は二つだけです。一つ目、韓国の乗組員が不良に成って、自分勝手に行動しました。二つ目、韓国政府の命令でした。

I have met many South Koreans who were military, their professionalism impressed me.  So no, I don’t think a crew suddenly went rogue.

数多くの韓国軍人に会った事が有ります。彼たちのプロの意識で強い影響を与えました。それで、乗組員が突然不良に成ったと思っていません。

There are several steps involved in initiating a missile lock on, they must be ordered by a senior officer, normally the captain or executive officer of the vessel.

ミサイルロックオンをする為に、いくつかの段階が有り、上の士官しか命令を出来ません。普通に、船長か副船長です。

Training of this nature, live fire exercises, is conducted in ones own territorial waters.  It is pre announced and other vessels and aircraft are warned away.

こう言う訓練、実弾軍事演習は自分たちの領海のみで行います。飛行機、船がそう言う所に来ないように、演習前から発表します。

If the South Korean ship was truly looking for a North Korean vessel in distress, why not inform the Japanese Coast Guard?

韓国軍艦が本当に北朝鮮の遭難船を探している場合、何故日本海上保安庁に連絡をしなかったか?

And that this incident occurred deep in Japan’s Exclusive Economic Zone, makes it very provocative.

この事件が日本の排他的経済水域に有ったから、とても挑発的です。

The location of the incident

事件の場所

So it was deliberate.  Why?  It is my belief that the Moon Jae In administration is testing the military and political response of Japan.

それで、意図的でした。何故?私の考えは文在寅政権は実験を行っていて、日本政府と自衛隊の反動を研究しています。

I believe this was done in preparation for some bigger event in the near future.  All Japanese people should be on alert and prepared now for hostile action.

私の考えでは、近い将来にもっと大きい事件の為に、この行為は準備です。日本全国民がこれより警戒して、敵対行為に準備した方がいいです。


Friday, December 21, 2018

Madness: The seeds of war Part I 狂気:戦争の種 パートI


It is now the end of the year 2018.  The world is sliding into chaos, due to the greed of human beings.  And this is not about President Trump.

2018年の年末です。人間の横張りで、世界が混乱へ向かっています。この投稿は、トランプ大統領の話では有りません。

I will now write about the situation of three countries, The United States of America, South Korea, and Japan.

これから、3ヵ国の状態について書きます、アメリカ合衆国、韓国と日本。

The United States:

アメリカ合衆国:

With the election of a Democratic majority in Congress, chaos is guaranteed in 2019.  Many Democratic politicians are preparing to impeach President Trump.  One Congressman is hoping President Trump will go to prison.

連邦議会で中間選挙の民主党の勝利で、2019年に絶対混乱に成ります。数多くの民主党政治家がトランプ大統領を弾劾する準備をしています。一人の議員がトランプ大統領は刑務所で懲役になると望んでいます。

https://www.breitbart.com/video/2018/12/09/schiff-trump-may-face-real-prospect-of-jail-time/

Many Americans, and the number is rapidly increasing, no longer see traditional politics as a vehicle for change.  They are looking to violence to effect change.

数多くのアメリカ人の為に、その数がだんだん増えていて、普通の政治活動で変化を行うと考えていません。変化を行う為に、暴力を利用しています。

At the urging of Democrat politicians like Maxine Waters, Republican politicians are increasingly being confronted by leftist mobs in restaurants and other public places.

民主党の政治家、例えば、マクシーン・ウォーターズ議員の勧めで、レストラン、他の公共の場で、共和党の政治家がだんだん左派の群衆で直面されています。

https://www.axios.com/mitch-mcconnell-republicans-lawmakers-protestors-restaurants-60acd3d8-34ee-49ad-ada3-436315143608.html

They are also conducting mob harassment of Right wing officials at home.

右派の官僚を自宅で、群衆的ないやがらせも行っています。

https://mashable.com/article/protestors-kirstjen-nielsen-house-crying-audio/#_16vRwL5nOqc

https://www.thegatewaypundit.com/2018/07/antifa-website-publishes-home-address-of-pittsburgh-judge-masked-leftists-invade-his-suburban-neighborhood-scaring-children/


The vandalized home of a Pittsburgh judge.  Blue lives murder refers to Blue (police uniforms are basically blue) clothed police killing Black people.

ピッツバーグ裁判官の破壊された家です。 Blue lives murder の意味は、青(警察官の制服は基本的に青)制服の警官が黒人を殺しています。



Anitfa demonstrating in the judge’s neighborhood.

裁判官の近所で反ファシズム運動がデモを行っています。

The Antifa came to The home of Tucker Carlson, a popular Fox News announcer at night.  They broke his front door trying to get in the house.  They shouted many threats.

反ファシズム運動が、夜中にタッカー・カールソンさん、人気のFOXニュースアナウンサーの家に来ました。自宅に侵入試みで、扉にひびを付けました。脅かしも叫んでいました。

https://www.breitbart.com/politics/2018/11/08/watch-knock-knock-tucker-leftists-protest-tucker-carlson-at-his-home/

https://www.zerohedge.com/news/2018-11-07/we-will-fight-antifa-mob-targets-tucker-carlsons-home-chanting-threats

There is a new word in the English language, doxxing.  It refers to openly publishing the home addresses of officials on the internet.  This is so Left wing activists can go harass them at home, or work.

英語で新しい単語が有って、”ドキシング”です。この意味は、官僚の仕事場、自宅の住所などネットで出して、それで左派活動者が仕事場、自宅の住所にいやがらせを出来る為です。

https://spectator.org/antifa-doxxes-1600-ice-agents/

In Portland Oregon, The Left wing city government orders police to stand down and let Antifa control traffic and physically beat motorists who do not obey them.

オレゴン州のポートランド市で左派政府が、反ファシズム運動が交通整理をして、従わない運転手をたたきながら、警察官を非番にする命令を出します。

https://www.zerohedge.com/news/2018-10-08/video-shows-antifa-directing-portland-traffic-attacking-drivers-dont-obey

Seattle police also side with the Antifa.

シアトル市警察も反ファシズムを守ります。

https://www.zerohedge.com/news/2018-12-03/why-have-seattles-police-become-enforcers-antifa

Republicans in the Pacific Northwest no longer trust police to provide security at events, instead they use militia forces.

アメリカの太平洋岸北西部で、共和党員がイベントの公安の為に警察も信用していません。代わりに民兵組織を利用します。民兵組織は国の軍、警察ではなく、右派の普通市民のゲリラ団体です。

https://www.portlandmercury.com/blogtown/2017/06/30/19130461/multnomah-county-republicans-formally-allow-militia-groups-to-run-security

Simple harassment is no longer enough for Left wing groups, they are now openly planning assassinations of right wing politicians and people they don’t like on the net.  They include the target’s families in the kill list.

反ファシズム運動、左派の団体に、簡単ないやがらせの活動も足りません。ネットで公然的に右派政治家、その他の嫌いな人の暗殺を計画しています。殺す積りの人のリストで、目標の人の家族も含めています。

https://www.naturalnews.com/2018-09-30-mike-adams-warns-senators-supreme-court-unhinged-left-kill-teams-home-invasions.html

https://campusinsanity.com/2018-10-02-deranged-leftists-escalate-calls-for-violence-gop-senators.html


Twitter posts concerning Left wing assassination squads

左派暗殺班がツイッターで暗殺活動計画を書いています。

The tactics described in forming kill teams and the weaponry of 4 to 5 people are very sophisticated.  They describe how to operate in small cells that can be combined.  This is traditional guerrilla warfare technique.

4~5人を使う暗殺チームで書いている作戦はとても精巧です。他のチームで繋がりが可能の小さなチームで行う方法を話しています。これは、伝統的なゲリラ作戦です。

https://www.naturalnews.com/2018-09-28-civil-war-alert-leftists-openly-plot-mass-executions-of-conservatives-senators.html

I read James Kunstler every week.  He describes the present American Left and Right as not political movements, but as opposing religions.  He includes an excellent article by Andrew Sullivan.  Mr Sullivan’s article is a little long, but he gets to the religious question in the second half.

毎週ジェームス・ハワード・クンスラーさんのブログを読んでいます。彼は現在のアメリカの左派、右派は政治活動ではなく、競争中の宗教運動で説明します。リンクに、アンドリュー・サリバンさんの素晴らしい記事を入れています。サリバンさんの記事はちょっと長いけれど、2番目の半分で宗教の政治問題について書いています。

http://kunstler.com/clusterfuck-nation/sleepwalkers-awoke/

http://nymag.com/intelligencer/2018/12/andrew-sullivan-americas-new-religions.html?utm_source=tw

I agree with this assessment.  People are set in their beliefs, any amount of logical arguing will have no effect.  There can only be one way forward now in America, and that is the road of violence.

私はこの判断と同意します。人々の信念が決まっています。どんな論理的な討論が有っても、影響に成りません。これより先のアメリカで、道が一つです、それは暴力の将来です。

This link shows a group on the funding platform Patreon, “The Red Guards of Austin” which is calling for war inside the United States.  They are saying that any Rightist or Republican must be killed.  There has long been a strong Leftist presence in Austin Texas.

下記のリンクで、パトレオンで出ているグループです。”オースティン市の紅衛兵”、アメリカで国内戦争を開始しましょうの事を言っています。彼達の宣言で、どんな右派の人、共和党員を殺すべきと言ってます。何年前から、テキサス州のオースティン市で左派が多いです。

https://www.breitbart.com/tech/2018/12/18/more-violent-extremism-unearthed-on-funding-platform-patreon/



Photos of Left wingers in Austin Texas

テキサス州オースティン市の左派の人の写真です。

In 2019, violence will greatly increase.  The Democratic party will make every effort to impeach President Trump, and Vice President Pence.  If they succeed, Nancy Pelosi, who is likely be the next Speaker of the House, will become President.

2019年に暴力はとても増えるでしょう。民主党は一生懸命にトランプ大統領とペンス副大統領を弾劾する試みをします。成功に成れば、ナンシー・ペロシ議員、多分次の議長が大統領に成ります。

If the Democrats do not succeed in removing President Trump and Vice President Pence, we see increasing governmental paralysis and chaos.  There will be more violence as Leftists turn to assassination as a political tool.

民主党はトランプ大統領とペンス副大統領を弾劾試みを成功に成れなくても、米政府の混乱と沈滞が増えるでしょう。左派が暗殺を政治の道具に使うと、暴力が増えます。

If they succeed in destroying the President, then the Right is likely to respond with all out civil war.  The military will split, the majority of combat soldiers joining the Right.  The Left, and the urban population of America will be slaughtered.

大統領が破滅に成れば、右派が完璧に内乱で反動をするでしょう。連邦軍隊が分裂に成って、ほとんどの戦闘兵が右派と合併します。左派、大都市圏の人達は大虐殺に成ります。

It is time for Japanese people to start thinking of America as being in a war zone.  So do not go as a tourist.  Do not go there to study.  If a person is being sent by company, do not go there with family.  It is much easier to evacuate a single man rather than a man with a wife and children.

これより、日本人がアメリカを戦争ゾーンとして考えた方がいいです。観光者として行かない方がいいです。勉強の為に行かない方がいいです。会社が人をアメリカへ派遣の場合、単身赴任の方がいいです。家族がいない場合、一人の男性が緊急の場合もっと避難しやすいです。

At this point, America seems rather normal.  However, things can turn bad very quickly.  We have seen in the photos above Antifa demonstrating in a judge’s neighborhood.  They can go very quickly to the judgement that anyone living in that neighborhood is a criminal oppressor, and that would include Japanese expatriate people living there.  That would mean kill them.

現在、アメリカが普通の状態に見えます。しかし、状態が急に悪く成る可能性が高いです。上記の写真で、反ファシズム運動が裁判官の近所でデモを行っている事を見ました。彼達が急にその近所で住んでいる人全員が犯罪的な圧迫者に、決める事が可能で、日本人も含めています。その意味は、皆を殺す事です。

A general guerrilla war can break out at anytime.  America can change quickly from the present seemingly normal to a combat zone everywhere.  Airports are very easy to shutdown, and very vulnerable to terrorist attacks.  Then it will be impossible for people to evacuate back to Japan.

総合的なゲリラ戦争は、いつでも開始を可能です。アメリカは現在の普通状態からどこでも戦闘ゾーンを急に変化する事が可能です。空港が簡単に閉鎖を出来ます。テロ攻撃に脆いです。それで、人を日本に避難する事が不可能です。

Recently Gatwick airport in London has been shutdown for some days as unknown persons keep flying small drones over the runways.  It is that easy to shutdown an airport.

最近、ロンドン・ガトウィック空港が数日間閉鎖に成っています。不明な人が、小さいドローンを滑走路の上に飛んでいます。空港の閉鎖がそんなに簡単です。

https://www.zerohedge.com/news/2018-12-20/there-are-bodies-every-seat-thousands-stranded-gatwick-airport-mysterious-drones

The violent Left, such as Anfifa, is insane, their violence is increasing, and it does include normal people besides politicians.

左派、例えば、反ファシズム運動が狂気で、暴力が増えていて、政治家だけではなく、普通の人を含めています。

Of course, it is very difficult to predict the exact level of violence, when and how it will come about.  But it is moving in a more violent direction, and since people have taken a religious aspect to their beliefs, it means no solution, no forgiveness can be possible.  In the American, or Western way, one side must exterminate the other.

勿論どこで、いつ、暴力事件のレベルを予言する事が難しいです。しかし、暴力が増える方に動いていて、それで宗教に成っているから、解決、許しが不可能です。アメリカのやり方、まあ、西洋人のやり方で、どちらか側が反対側を絶滅させる必要です。

Unlike Asian people who have cooperative, non violent religions, in the West, religion means the destruction and slaughter of anyone who is different.

アジア人は違って、協力的、暴力的では無い宗教を有り、西洋で宗教の意味は、違う人の崩壊、虐殺の意味です。

Europe, because of too many migrants, is also very dangerous.  If you want to go to a safe Western country, there is Australia or New Zealand.  If you want an excellent education in a foreign country, go to Russia.

ヨーロッパは移民多過ぎで、とても危険です。安全な西洋の国へ行きたい場合、オーストラリアとニュージーランドが有ります。海外で素晴らしい教育を受けたい場合、ロシアへ行って下さい。

In part II of this blog, I will write about South Korea and Japan

このブログのパートIIで、韓国と日本の状態を書きます。

Saturday, September 29, 2018

第27回勉強会が決定しました。(2018年11月15日(木))


第27回目の勉強会を開催いたします。

日時:2018年11月15日(木)(開場18時30分)
   18時45分−20時50分

会場:東京ウイメンズプラザ  2階 第一会議室AB
   (最寄り駅:地下鉄:表参道駅)

http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx

今回のテーマは、「日英同盟再考―期待と限界:日米、英米関係と米国の仮想敵国計画」。
ヨーロッパから見た日本の安全保障:日英同盟を視座に
米国の衰退と、中国の膨張、未だに日米地位協定すら改定出来ない日本。
一方で、近年わが国と接近しつつあるかつての同盟国である英国。
共に海洋国家であり、一定の共有出来る価値観がある英国。
米国との関係性と、日米同盟に偏った安全保障を、日英関係の強化により厚みのあるものに深化させ、日本のこれからを、改めてどの様に切り開くことが出来るのか、元防衛大学校教授 平間洋一先生をお迎えして語っていただきます。

今回は二部構成となり、第一部では英米関係と米国の各国への仮想敵国計画をMaxが語ります。
二部では上記の通り、平間先生の講義となります。

なお、今回も「初めて参加される方」を同行された場合は、参加費用を「お二人で1000円」とさせていただきます。

事前登録でどなたでも参加出来ます。
一緒に学び議論しましょう。 誇りある日本のために。

18時30分:受付
18時45分~19時15分:第一部 マックス・フォン・シュラー
19時20分~20時40分:第二部 平間洋一先生
20時50分:閉会
会場:東京ウイメンズプラザ  2階 第一会議室AB
会費:1,000円
講師:Max Von Schuler 小林 平間洋一

講師略歴:
マックス・フォン・シュラー小林(元海兵隊・歴史研究家)
ドイツ系アメリカ人。
1974年岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。
退役後、国際キリスト教大学、警備会社、役者として日本で活動。
現在は結婚式牧師、「日出処から」代表講師。
著書
「アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊"」(ハート出版)
「アメリカ人の本音」(桜の花出版)
「太平洋戦争 アメリカに嵌められた日本」(ワック)
「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」(ハート出版)
「アメリカ白人の闇」(桜の花出版)

平間洋一(元海将補・元防衛大学校教授)
1957年防衛大学校卒。
海上自衛隊幹部候補生学校卒。
その後、護衛艦「ちとせ」艦長、第31護衛隊司令、呉地方総監部防衛部長、防衛庁戦史部首席研究員等を経て 89年防衛大学校教授。
元海将補。
法学博士(慶應義塾大学)。
専門は軍事史。現在、軍事史学会顧問、太平洋学会会長、呉市海事歴史科学館諮問委員長。
主な著書に、『第一次世界大戦と日本海軍』『日露戦争が変えた世界史』『日英同盟―同盟の選択と国家の盛衰』、編著に『軍事学入門』『日英交流史1600-2000』他。

お申し込み: http://www.hiizurutokorokara.com/contact.html

facebook: https://www.facebook.com/events/332441404194712/

終了後、近所の居酒屋で「オフレコの会」(毎回3000円程度)をやりますので 、ぜひそちらにもご参加ください。

*横浜での講演会のお知らせ*
2018年10月28日(日)14時からです。
会場:横浜市技能文化会館・802大研修室
詳細はここを ↓
http://tokyomaxtalks.blogspot.com/2018/09/blog-post_20.html


Thursday, September 20, 2018

講演会のお知らせ(2018年10月28日(日))


講演会のお知らせです。

10月28日(日)14時ー16時30分

横浜市技能文化会館・802大研修室
(JR関内駅南口・徒歩5分)
https://gibun.jp/gibun/access/

テーマは、人間社会を崩壊させる『左翼リベラル思想』とマゾヒスティックな日本



講師:Max Von Schuler 小林

講師略歴:
マックス・フォン・シュラー小林(元海兵隊・歴史研究家)
ドイツ系アメリカ人。
1974年岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。
退役後、国際キリスト教大学、警備会社、役者として日本で活動。
現在は結婚式牧師、「日出処から」代表講師。
著書
「アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊"」(ハート出版)
「アメリカ人の本音」(桜の花出版)
「太平洋戦争 アメリカに嵌められた日本」(ワック)
「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」(ハート出版)
「アメリカ白人の闇」(桜の花出版)

主催:新しい歴史教科書をつくる会・神奈川県支部

参加費:1,000円

fb: https://www.facebook.com/events/200429367413514/

予約不要です。
お気軽にご来場下さい。

*次回第27回日出処から勉強会のご案内*
2018年11月15日(木)18時45分を予定しています。

http://www.hiizurutokorokara.com/index.html

Saturday, September 1, 2018

「致知」の40周年記念号に私のインタビュー記事が掲載されました。

「致知」の40周年記念号に私のインタビュー記事が掲載されました。

米国社会の危機的状況と日米関係、日本の選択する道について話をいたしました。

My latest book, "2nd Civil War, The Battle for America" is reviewed in the magazine, Chichi. Sorry, Japanese language only.

https://www.chichi.co.jp/info/chichi/pickup_series/2018/max/



Friday, August 10, 2018

第26回勉強会が決定しました。(2018年8月30日(木))


第26回目の勉強会を開催いたします。

日時:2018年8月30日(木)(開場18時45分)
   19時−20時50分

会場:東京ウイメンズプラザ  1階 視聴覚室A
   (最寄り駅:地下鉄:表参道駅)

http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx

今回のテーマは、「誤魔化しで迫る移民問題」

現政権の、「移民ではなく、外国人労働者」という詭弁を、たいして問題視することなく、やり過ごしている日本社会。
いつの間にか移民を受け入れて、ヨーロッパ諸国の例に明らかなように、期限付きの労働者がやがて移民受け入れの一里塚となることは間違いないでしょう。
近い未来に外国人労働者という名の移民が増える日本社会では、どの様な社会問題が起こることが予想されるか、そしてその様な社会になった時、庶民はどの様に対処することが出来るのか。
当然良い例もあるでしょう。
しかし、日本社会に同調することのない外国人が増える社会では、当然悪い例も多くあるでしょう。
その悪い例の社会を想定した時、その社会を生きるには、自己防衛の感覚も大事になるでしょう。


今回は移民問題とそれに付随するセキュリティ、防犯の重要性について、防犯のプロ栗林寿行氏を講師としてお招きして、これからの日本社会を考える会といたします。

今回のメインテーマとは別に、日米地位協定についての問題点と解消についても引き続き提示し議論します。

なお、今回も「初めて参加される方」を同行された場合は、参加費用を「お二人で1000円」とさせていただきます。

事前登録でどなたでも参加出来ます。
一緒に学び議論しましょう。 誇りある日本のために。

受付:18:45
開始:19:00
会場:東京ウイメンズプラザ  1階 視聴覚室A
会費:1,000円
講師:栗林寿行 / Max Von Schuler 小林

講師略歴:
栗林寿行
地域セキュリティアドバイザー 元日本ガーディアン・エンジェルス理事
1963年7月26日東京都生まれ。駒沢大学法学部卒業。テレビ・舞台などでタレントとして活躍。95年アメリカの犯罪防止ボランティア“ガーディアン・エンジェルス”の日本上陸を知り、メンバーとなる。育成担当部長、東京支部支部長などを経て、2003年理事に就任。その後退任し、現在に至る。
職歴・経歴
1963年 東京都生まれ。駒沢大学法学部卒業。テレビ・舞台などでタレントとして活躍する。
1995年 アメリカの犯罪防止ボランティア“ガーディアン・エンジェルス”の日本上陸を知りメンバーとなる。
1996年 東京支部の設立メンバーの一人。2月11日に正式発足させ、育成担当部長・指導長官となる。
1997年 東京支部支部長に就任。
1998年 東京支部コーディネーターとなる。後に、ニューヨーク国際本部の専従スタッフとして活動。
帰国後、ガーディアン・エンジェルス サムライ塾(マーシャル・アーツチーム)を設立。
2000年 「子どもの安全セミナー」を小学生児童に実施。子どもの危機管理について護身術の指導を交えて具体的に教える。
2003年 第4回日本ガーディアン・エンジェルス総会において理事に就任。
その後退任し、GAで培われた経験を活かし、ボディーガード、地域セキュリティーアドバイザー、VIA護身術クラブインストラクターとして活動中。
現在やまと新聞に「セキュリティこそ我が原点」好評連載中。

マックス・フォン・シュラー小林(元海兵隊・歴史研究家)
ドイツ系アメリカ人。
1974年岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。
退役後、国際キリスト教大学、警備会社、役者として日本で活動。
現在は結婚式牧師、「日出処から」代表講師。
著書
「アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊"」(ハート出版)
「アメリカ人の本音」(桜の花出版)
「太平洋戦争 アメリカに嵌められた日本」(ワック)
「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」(ハート出版)
「アメリカ白人の闇」(桜の花出版)

お申し込み: http://www.hiizurutokorokara.com/contact.html

facebook: https://www.facebook.com/events/1853973891384700/

終了後、近所の居酒屋で「オフレコの会」(毎回3000円程度)をやりますので 、ぜひそちらにもご参加ください。