Wednesday, August 12, 2015

アメリカ:ポリティカル・コレクトの地獄 America, a politically correct hell


Recently, America has gone crazy with political correctness.  Recently, legislators from California have introduced a bill to make a law forbidding the use of the words “husband” and “wife” in marriage ceremonies in the United States.  It is felt that those words insult Gay couples.

最近、アメリカはポリティカル・コレクトネスで気狂いな国に成っています。カリフォルニア州国会議員が、議会でアメリカ中の結婚式で、”夫”と”妻”の単語の利用をアメリカで違反にと法律を提案しています。どうしてか、その言葉がゲイ・カップルに失礼と思っています。
http://www.infowars.com/democrats-introduce-bill-to-ban-husband-and-wife-as-anti-gay-words/


ポリティカル・コレクトネス(英: political correctness、略称:PC)とは、政治的・社会的に公正・公平・中立的で、なおかつ差別・偏見が含まれていない言葉や用語のことで、職業・性別・文化・人種・民族・宗教・ハンディキャップ・年齢・婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現、およびその概念を指します。

The New York Department of Education attempted to ban 50 words from being used in Schools.  These included “Dinosaur” (offending those who do not believe in evolution)  “Divorce” (offending children whose parents have divorced), “Birthday” because Jehovah’s witness people do not celebrate birthdays.

ニューヨーク市立教育局は、最近、学校で50の言葉を利用禁止させる試みをしました。この言葉の中で、”恐竜”(進化論理を信じない子供に失礼)、”離婚”(親が離婚した子供に失礼)、”誕生日”(エホバの証人の信者が誕生日を祝いしないから)が有ります。

https://www.youtube.com/watch?v=9LKETk9TW8w

Japanese culture has become involved.  The museum of fine arts in Boston had an interactive exhibit where people could pose in front of a painting by Claude Monet.  The painting was “La Japonaise”, showing his wife wearing a Japanese Kimono.

日本の文化も問題に成っています。ボストン美術館がモネの作品の前でポーズが出来るインタラクティブ展示を行いました。作品は、“La Japonaise”、モネの奥さんが日本の着物を着ている作品でした。


Protesters felt that it was racist, vile, and imperialistic.

抗議者の意見で、この展示が、差別的、下劣な、帝国主義でした。


A protestor at the Boston museum event

ボストン美術館イベントの抗議者です。

Due to the Facebook protests, the museum cancelled the event.  By the way, the protests were not anti-Japanese, they were protesting what they called “Orientalism” or White people who like Asian culture.  I really don’t understand their point.

フェィスブックでの抗議で、美術館が展示を中止しました。でも、この抗議者は別に反日ではなく、オリエンタリズム、白人がアジアを真似する事を抗議しています。はっきりに言うと、私は抗議者の考えをよく分かりません。

Last June, a white man killed 9 black people at a church in Charleston South Carolina.  This has ignited a firestorm of Politically Correctness attacks, upon the Southern flag and Southern culture.

この前の6月に、有る白人男性がサウスカロライナ州チャールストンの教会で、9人の黒人信者を殺しました。この事件で、アメリカの南部の文化と旧国旗に嵐みたいなポリティカル・コレクトネスな攻撃が始まりました。

Many of the people for whom political correctness is a fashion say that the Confederate flag, of the former Confederate States of America, is a racist symbol, and caused the man to kill those black people in church.

ポリティカル・コレクトネスの事がファッションみたいな考えを持っている人の為に、昔の南北戦争の南の国旗は民族差別のシンボルと言っていて、その昔の国旗は現代の社会でも存在有るから、その白人男性が刺激に成って、9人の黒人を殺しました。

What the media did not print out is that the man who killed those people, his white girl friend dumped him and dated a black man.  This could be a reason for his hate, and guns are easy to get in America.

アメリカのマスコミが無視した真実は、この殺人男性の白人の彼女が彼を振って黒人の男性と付き合いしました。 もしかしたらこの事が彼の黒人嫌悪の原因で、アメリカでは銃が簡単に手に入ります。

But there have been so many attacks on Southern culture, and attempts to ban the Confederate flag.

でも社会の中で、南部文化のポリティカル・コレクトネス攻撃が多い、それと旧南部国旗を利用禁止の試みが有ります。

There are calls to ban the movie “Gone with the Wind”.

映画『風と共に去りぬ』の上映禁止の要求が有ります。

http://nypost.com/2015/06/24/gone-with-the-wind-should-go-the-way-of-the-confederate-flag/

Why, because people fear that this scene, showing Confederate wounded in front of Atlanta station in the battle of Atlanta, might elicit sympathy for the Confederacy.

何故か、その映画の中で、人が南の連合国に同情を誘う可能性のシーンが有ります。このシーンは、アトランタの戦いで、アトランタ駅前広場で、戦場で怪我に成った南部の兵士たちが集まっています。


Now the thing is, very few Americans who are screaming about this really understand the history of the war.

この問題について真実は、現在の南部に騒いでるアメリカ人はアメリカの南北戦争の歴史を分かっていません。

The North did not start the war to free the slaves.  President Lincoln did not make a declaration freeing the slaves until after the battle of Gettysburg, two years after the war started.

一つの真実は、北の連邦政府は黒人奴隷を自由にする為に戦争を始めていません。リンカーン大統領はゲティスバーグ戦いの後で奴隷の自由宣言をした、戦争開始2年経ってからしました。

And yes, the North DID start it.  The South did shoot first, at a fort in Charleston harbor in South Carolina.  Which was in a Southern state.  But the North did forcibly invade the South.

それと、北の方が戦争開始しました。南側がサウスカロライナのチャールストン港に北の砦を最初に撃って、しかし北の方が強制的に南に侵略しました。

At the beginning of the war, there were no free black men in the Northern Army.

戦争の始まりに、北の軍隊に自由な黒人男性がいませんでした。

But there were free black men in the Southern Army.

しかし、南の軍隊に自由な黒人の兵士がいました。


It is my guess that these photos come from Civil War reenactments.

私の推測で、上記の写真は南北戦争戦いの再演から出ています。

https://www.google.co.jp/search?q=Black+Confederates&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0CB4QsARqFQoTCJfQn5WyhscCFUmblAodPc4DWA&biw=1920&bih=874

http://www.theroot.com/articles/history/2015/01/black_confederates_not_a_myth_here_s_why.html

When the Northern Army in it’s first invasions of Southern territory encountered back people, they did not know what to do.  Where these people property, or human beings?

北軍が始め南に侵略して、多数の黒人奴隷が北部へ逃げました。北軍の司令官がどうしたらいいのか分かりませんでした。この奴隷たちは、人の財産か、それとも人間か?

This is still a very controversial problem today.  Of course, slavery was a terrible thing.  But today, Americans who attack the South over this issue, are merely creating more problems, not solutions.

現在でも、この南北戦争は論争的な問題です。勿論、人間を奴隷にする事はひどい事でした。しかし、現在の南部を攻撃しているアメリカ人は解決しようではなく、問題を増やしているです。

I am particularly angry about the desecration of graves of Confederate soldiers.  Confederate flags are to be removed in cemeteries, and forbidden.

私は特に南軍のお墓の神聖冒涜に怒っています。これより、南の国旗を取っては、禁止になります。

http://www.al.com/news/index.ssf/2015/07/ban_confederate_flags_at_feder.html


A Confederate soldiers cemetery.

南軍の墓地です。

Or in the case of some famous soldiers, people want to remove the grave entirely.

それとも、有る有名な南軍の兵士の場合、そのお墓を別の目立たない所へ移動します。

http://www.theamericanmirror.com/impatient-protesters-begin-digging-up-confederate-generals-grave-themselves/

Of course, there are many Southerners who now defend their culture.

勿論、数多くの南の人はこれで自分の文化を守ります。

And most people in the North did not treat black people very well then.  Not now either.  They have no right today to make a claim of righteousness.

それと、当時、北のアメリカ人たちは黒人にあまりいい扱いをしませんでした。現在もそうです。この問題で北の人たちが正義の権利を有りません。

The only institution in American society that large numbers of Black Americans can succeed in is the US military, and government.  In the Corporate World, White people are very reluctant to let Black people in .

アメリカの社会で、数多くの黒人が成功出来るのが、軍隊と政府のみです。企業の世界では、白人があまり黒人を認めません。

Things have gotten so bad, that Race War is a distinct possibility in America.

だんだん白人黒人関係がひどく成って、現在のアメリカが民族同士戦争の状態近いです。

http://thyblackman.com/2015/04/28/an-inevitable-race-war-is-coming/

One of the first goals of people who espoused Political Correctness was to stop prejudice against black people.  Well obviously it has failed.

ポリティカル・コレクトネスの哲学を始めた人たちの目標は、黒人にたいして差別をなくします。まあ、その目標が明らかに失敗です。

Political Correctness has become like a social fashion.

ポリティカル・コレクトネスは社会的なファッションに成っています。

People who disagree with Political Correctness are attacked.  That is why so many scholars in America sign letters saying that Japan was bad with the Comfort Women system.

ポリティカル・コレクトネスの哲学と同意しない人たちが攻撃されます。この理由の為に、数多くのアメリカの学者たちが日本が慰安婦問題で悪い宣言にサインします。

If they do not do so, they are attacked by feminists, and could lose their job.

そうしないと、フェミニストから攻撃されて、仕事を失う可能性が高いです。

An attack goes something like, statements in the press saying, “This person is not politically correct!”.

攻撃はこう言う風です:マスコミで”この人がポリティカル・コレクトではない!”の宣言が出ます。

Then his University for example, would not renew his contract.  His life is destroyed.  That is why the Boston museum cancelled the kimono event.  They were afraid of some kind of attack.

それで、例えば、その人の大学が怖く成って、再び契約をしません。その人が生活出来ません。その為に、ボストン美術館でイベントを中止しました。何とか、攻撃が来るのを恐れました。

If you are a white male in America, you are very vulnerable to attack.

アメリカで、白人男性でしたら、攻撃に脆いです。

And if Americans cannot understand their own Civil War of 150 years ago, how can I explain Japan and WWII to American people?

それと、アメリカ人が150年前の自分達の南北戦争を理解出来ないと、私は70年前の大東亜戦争をどう言う風アメリカ人に説明を出来ますか?

For the record, as far as I know, my ancestors fought on both sides in the American Civil War.  I had found letters in a family heirloom box written by a soldier in the Army of the Potomac, of the North.  My father told me of stories of an ancestor who rode with General J.E.B. Stuart’s calvary of the Army of Northern Virginia, the South.

ちなみに、私は知っている限り、私の先祖がアメリカ南北戦争に両側で戦いました。家宝の箱で、北のポトマックの兵士の手紙を見つけた事が有ります。お父さんから、私たちの先祖一人が南の北バージニアのJ・E・B・スチュアート奇兵隊で戦った話を聞きました。

To be continued, next, the tyranny of diversity.

続く:ダイバーシティの暴虐

No comments: